3710920269

「地域」研究者にして大学教員がお届けする「地域」のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

モ国

モンゴル2024年国会総選挙参加政党・同盟について(3)人間党

今回はモンゴルの現国会(第8次国会)で第三勢力唯一の議席を維持している人間党(旧労働国民党)を取り上げます。ただし前回総選挙等に関するエントリと被る内容もあるので、それらもぜひご参考に。

モンゴル2024年国会総選挙参加政党・同盟について(2)民主党(6/17追記)

今回はモンゴルの最大野党、民主党について紹介します。ただし過去のエントリでも一度ならず書いたことがあるので、ここでは2020年総選挙以降の動きを中心に。

モンゴル2024年国会総選挙参加政党・同盟について(1)モンゴル人民党

今回からはモンゴルの2024年国会総選挙に参加する政党・同盟についてご紹介します。初回はモンゴル最古の政党であるモンゴル人民党です。

モンゴル2024年国会総選挙の選挙制度概要

モンゴルで2024年に行われる国会総選挙では中選挙区完全連記制と比例代表制の並立による新たな選挙制度が用いられます。今回はこの制度について解説してみます。

モンゴル2024年国会総選挙、候補者19党2同盟1336人公表(6/13, 17候補者追加登録報道)

2024年6月10日、モンゴル選挙管理委員会が国会総選挙への立候補者として19政党2同盟1336人の候補者名簿を公開しました。同日には選挙活動期間が開始、投票日の28日に向けて、126議席をめぐる選挙戦が繰り広げられます。

ルカシェンコ・ベラルーシ大統領、モンゴル来訪

日本ではまるで注目されていないようですが、ベラルーシのルカシェンコ大統領が2024年6月1日から4日までモンゴルを訪問しました。関連情報まとめです。

『アジア動向年報2024』がwebで公開されました

2023年のアジア諸国・地域の動向をまとめた『アジア動向年報2023』がweb公開されました。当方今回もモンゴル編の執筆を担当させていただいきました。ほどなく印刷体も公刊されるので、しばしお待ちを。

モンゴル2024年国会総選挙、23党2同盟の争いに(5/1タイトル修正および追記)

6月28日に行われるモンゴルの国会総選挙への参加受付が4月26日から28日に行われ、26の政党と2つの同盟が参加を届け出ました(5/1追記:4月30日の選挙管理委員会で3党の届け出が却下され、23党2同盟の届け出が認められました)。

"Mongolian and Northeast Asian Studies" Vol.9に拙稿が掲載されました

"Mongolian and Northeast Asian Studies"(邦名『モンゴルと北東アジア研究』) Vol.9に当方の単著論文「高知大学学術基盤図書館『青木文庫』におけるモンゴルのシルクロード関連文献資料」が掲載されました。

『アジア動向年報1990-1999』(バンドル版)公開。モンゴル編の解説を執筆しました

『アジア動向年報』バンドル版第3弾となる1990-1999年版がインターネット上で無料公開されています。今回もモンゴル編の解説を担当しました。

Баяртай, Урт цагаан(さよなら、オルト・ツァガーン)

モンゴル・ウランバートル中心部の商業施設オルト・ツァガーンの解体工事が始まりました。慣れ親しんだ場所がまたひとつ姿を消していきます。

2023年モンゴル訪問記録(7)(終)ウランバートルで食べたものの話

今年夏秋のモンゴル訪問記録、最後は滞在中に食べたあれやこれやです。

2023年モンゴル訪問記録(6)ウランバートルで見たものと昔の話

今回は研究や調査の合間にウランバートルで見たものをいろいろ書き連ねていきます。その際、かつて私が暮らした頃の写真もご覧いただこうと思います。

2023モンゴル訪問記録(5)2023年豪雨・セルべ川洪水の跡

2023年夏、モンゴルの首都ウランバートルは過去60年に例を見ない豪雨と洪水に見舞われました。今回のモンゴル訪問では、浸水した地域の状況を確認してきました。

2023モンゴル訪問記録(4)ウランバートル・グラフィティ

国際シンポジウムを無事終えて、これからはウランバートル市内の調査に出かけます。結果はいずれ研究成果としてまとめたいのですが、そこからはみ出そうな、市内を歩いて見つけた諸々を、本エントリから紹介していきます。

2023モンゴル訪問記録(3)チンギス村へのエクスカーション

ウランバートル国際シンポジウムの2日目、市内中心部からほど近い「チンギス村」に行きました。7年ぶりの訪問です。

モンゴル2023訪問記録(2)第16回ウランバートル国際シンポジウム

到着翌日の朝になりました。この日は第16回ウランバートル国際シンポジウムで司会と研究報告を行います。準備が十分できている気がまーったくしないのですが、とりあえずいっときます。

モンゴル2023訪問記録(1)2年連続21回目のウランバートルへ

今年もモンゴルに行ってきました。これから訪問記録をぼちぼちと書いていきます。

論文「モンゴル国における地方移住促進―『 Uターン運動』の現状と課題」著者最終稿をウェブ公開しました

"Collaboration"第13巻に掲載された論文「モンゴル国における地方移住促進―『 Uターン運動』の現状と課題」について、このほど許可を得て著者最終稿をセルフアーカイブ(ウェブ公開)しました。

Independent Research Institute of Mongolia訪問を紹介していただきました

先日モンゴルの研究機関IRIM (Independent Research Institute of Mongolia)を訪問したところ、先方よりニュースとして取り上げていただきました。

第16回ウランバートル国際シンポジウム「モンゴルにおけるシルクロード文化遺産」で研究報告を行いました

第16回ウランバートル国際シンポジウム「モンゴルにおけるシルクロード文化遺産」 で研究報告を行いました。久々のモンゴル語報告です。

第20回世界社会学会議で研究報告を行いました(その2)

第20回世界社会学会議で二つ目となる研究報告を、6月27日に行われたセッション293 "Values in Transition and Development: New Findings from the World Values Survey"で行いました。面白いぐらい全身の力が抜けています。

第20回世界社会学会議で研究報告を行いました(その1)

第20回世界社会学会議で6月26日開催のセッション292"Comparative Sociology: Research and Methods."で一つ目の研究報告を行いました。もう一つは本日(27日)に行います。

"Collaboration"第13巻に拙稿が掲載されました

高知大学教育研究部総合科学系地域協働教育学部門の定期刊行物"Collaboration"第13巻の研究論集に拙稿が掲載されました。ただ残念ながら電子版がないので、何とかweb上で公開できないかと思うのですが……

『アジア動向年報2023』が刊行されました

『アジア動向年報』2023年版が公刊されました。今回も当方がモンゴル編を執筆しております。冊子体とオンライン版があるので、ぜひご一読ください。

日本モンゴル学会2023年度春季大会で研究報告を行いました

日本モンゴル学会2023年度春季大会で「モンゴルにおける地方移住促進の現状」という研究報告を行いました。元となる論文は"Collaboration"誌で公刊されます(電子版がないのですが……)。

アエロ・モンゴリア、成田便「欠航」についてモンゴルでも報道される

5月7日のウランバートル・成田便が運行されなかったことでtwitter上で話題となったアエロ・モンゴリア。8日になってFacebook上で関連情報を投稿したとモンゴルで報じられました。

プレブジャブ先生の思い出

学生時代にモンゴル語を教えていただいたE.プレブジャブ博士が急逝されたとの知らせを受け取りました。まだ信じられない思いが消せませんが、心よりご冥福をお祈りいたします。

"Mongolian and Northeast Asian Studies" Vol.8に拙稿が掲載されました

"Mongolian and Northeast Asian Studies" Vol.8 (『モンゴルと北東アジア研究』第8巻)に当方執筆の論文"Develop Like Japan? Analyses of the Mongolian Preference on Their Future Development"が掲載されました。

『アジア動向年報2000-2009』(バンドル版)公開。モンゴル編の解説を執筆しました

アジア諸国・地域の毎年の動向をまとめた『アジア動向年報』、このたび2000年代の10年間を国・地域ごとにまとめたバンドル版が公開されました。モンゴル編は当方が解説を務めさせていただきました。