3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

久慈の街から海へ、もぐらんぴあへ(2019早春の東北一周No.13@いわて)

f:id:minato920:20190430123430j:plain

 

 東北の旅折り返しの4日目。朝7時、おそらく防災無線で鳴り響いたあまちゃんのテーマで目覚めました。前日の三陸鉄道乗破に続いて、この日は東日本大震災の被害を乗り越えた水族館、もぐらんぴあへ行くという大事なイベントが控えています。

 

 

 ……という目的とはかけ離れたトップ画像になりました。前日にスーパーに行った時、今日の朝食用に何か飲み物が欲しいと思ったのですが、このツッコミの巧さに負けてしまいました。反射的なものではなくて、サンドウィッチマンの間にマグロというシチュエーションを最大限活かしているのには脱帽するばかりです。

 

f:id:minato920:20190430123420j:plain

 

 ホテルを出て駅に向かいます。途中で見つけた建物、空き店舗になっていたのを利用したもので、今はあまちゃんの展示物を集めた「あまちゃんハウス」になっています。しかし、以前ここは「まちなかもぐらんぴあ」として、大震災で被災した水族館が移設されていました。その後、全国からの支援を得たもぐらんぴあは元の場所に帰り、現在に至っているのです。

 

f:id:minato920:20190430123425j:plain

 

 こちらも気にはなるのですが、まだ営業開始前なので断念。引き続き駅に向かいます。

 

f:id:minato920:20190504192153j:plain

 

 昨日列車を降りた三陸鉄道久慈駅。うに弁当の幟が目を引きます。

 

f:id:minato920:20190430123408j:plain

 

 ただ、今日乗るのはJRの方。こちらもこちらで、ウニをモチーフにしたデザインです。ちなみに、駅舎はJRと三陸鉄道とで分かれていますが、駅のホームや構内は一緒。盛駅や東北の他の駅でもしばしば見かける造りです。

 

f:id:minato920:20190430125139j:plain

 

 ここからはJR八戸線に乗車します。以前は国鉄時代の車両に乗ったのですが、今回は真新しい車両が待ち構えていました。ここで1駅だけJRに乗り、隣の陸中夏井駅に向かいます。

 ところが、この日は前日に続いて結構な風。しかも気温も下がっていて、早春とすら思えない気候です。

 

f:id:minato920:20190430125134j:plain

 

 そして陸中夏井駅に着いてみれば、白いものがちらほらと……認めたくない現実です。とりあえず最低限の写真を撮って、駅舎に入りたいのですが、

 

f:id:minato920:20190430125122j:plain

 

 動転していて撮影失敗……最大限補整をかけてもこれが限度ですorz

 ただ、駅舎が普通の建物っぽくないのはお分かりいただけると思います。これはかつての車掌車の廃車体を利用した「ダルマ駅舎」。今のように貨物列車がコンテナ化される前は、列車に車掌が同行していて、専用の車両も連結されていたのです。

 って、以前増毛に行った時も、こういう駅舎がありましたね。

 

www.3710920.com

www.3710920.com

 

 ダルマ駅舎は北海道のイメージが強かったので、本州で見るのは意外でした。

 さて、もぐらんぴあの最寄駅はこの陸中夏井駅なのですが、あくまで相対的な最寄駅です。ここからもぐらんぴあまでは3キロ以上、歩けば小一時間はかかります。久慈市内からはバスもあるのですが、平日週3日だけでこの日の運転はありません。ちなみに平日3日だけというのに驚いた方、田舎には週1日だけのバスというのもフツーにあるので、別段珍しくもなんともないことです。

 とはいえ、ここから公共交通機関がないことは確かです。下手をすると、日本で一番アクセスに苦労する水族館かも知れません。なのでタクシー会社に電話すると、ものの数分で来てくれました。

 タクシーは駅前から街中を抜け、海沿いに出ていきます。この辺りは工業開発も行われていて、目の前に見えるのは石油タンクが並ぶ埋め立て地です。そんな中で運転士さんと話していると、この辺りではゴールデンウィークでも雪が降ることがあるとのこと。恐れ入りました。

 

f:id:minato920:20190430125116j:plain

 

 タクシーは駅からものの10分もしないうちに、もぐらんぴあへ着きました。実は2年前の夏の旅で訪問するつもりだったのが、台風で断念せざるを得なかっただけに、ついに来たという感慨は、それはそれは強いです。

 

www.moguranpia.com

 

[←前のエントリ] 

www.3710920.com

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com