3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

陸前矢作にて(2019早春の東北一周No.8@いわて)

f:id:minato920:20190423221442j:plain

 

 土埃舞う陸前高田のバスターミナルに、BRTがやって来ました。ここから「支線」に乗り換えて、陸前矢作に向かいます。

 

 

f:id:minato920:20190423221435j:plain

 

 バスは造成地を横切って行きます。新たな建物も見かけますが、まだ何物でもない更地も広がっています。

 そんな中を少し走ると、バスは栃ヶ沢公園というバス停に着きました。どうも見覚えのあるプレハブと、コンビニが並んでいます。以前訪れた時は、確かこの辺りが陸前高田じゃなかっただろうか?気になって調べてみると、そのものズバリではなかったものの、以前確かに陸前高田のバス停がこの辺りにあり、移転後に現在の栃ヶ沢公園停留所が設けられたとのことでした。

 

f:id:minato920:20190423221425j:plain

 

 その後バスは竹駒停留所の手前で少しだけ専用道に入り、また一般道に出たかと思ったら再び専用道に入り、程無く陸前矢作停留所に到着しました。僅かな乗客を降ろすと、バスは折り返しに向けて待機します。

 

f:id:minato920:20190423221430j:plain

 

 陸前矢作停留所は、鉄道駅跡の手前に置かれていて、折り返し用にロータリーとなっています。線路跡は舗装されていて、かつての駅舎に向かう歩道になっています。鉄道時代はここから上鹿折を経て気仙沼に向かっていたのですが、BRTとしてこの区間が復旧するという話は聞きません。

 

f:id:minato920:20190425071321j:plain

 

 駅舎に向かう歩道。両脇のホームは、そのまま放置されています。

f:id:minato920:20190425071302j:plain

 

 盛方面のホーム跡。終端部で舗装もされていないので、大震災前も、この部分はほとんど使われていなかったかも知れません。

 

f:id:minato920:20190425071312j:plain

 

 気仙沼方面のホーム跡には、かつての駅名板が残されていました。

 

f:id:minato920:20190425071418j:plain

 

 もう1つの駅名板は支柱がすっかり錆びてしまい、蔦が絡まっています。いずれこのまま朽ち果てていくか、あるいはその前に撤去されるのか。

 

f:id:minato920:20190425071413j:plain

 

 奥の方には、線路と信号が一部残っています。日本中の様々な地域で見られた廃線跡と、何ら変わらない風景です。

 

f:id:minato920:20190425071403j:plain

 

 駅舎の代わりに置かれているのは、小さな待合所。BRTの乗り場から離れているだけに、どれだけ利用されているのか疑問が湧きましたが、今も手入れはされているようです。

 

f:id:minato920:20190425071408j:plain

 

 駅前広場。BRTの乗り場付近は他の自動車の乗り入れが不可能なので、バスを降りた乗客が送迎の車に乗り換えるとしたら、今もここがその場所になります。

 ……と考えれば、先程の待合所の意味も出てきます。BRT乗り場付近にいたのでは、迎えが来たのかどうか分かりませんし。

 

f:id:minato920:20190425071603j:plain

 

 バスの折り返し時間は10分しかありません。早々にBRT乗り場に引き返します。

 

f:id:minato920:20190425071557j:plain

 

 折り返しのバスが、既に乗り場に来ていました。あまりゆっくりするわけにはいきません。そそくさと停留所へ向かいます。

 

f:id:minato920:20190425071553j:plain

 

 BRTの乗り場は、かつてのホームが途切れたところに置かれています。BRTを上鹿折に延伸するつもりなら、こういう配置はしないことでしょう。

 

f:id:minato920:20190425071307j:plain

 

 待合室の路線図。上鹿折陸前矢作は、すぐにでもつなげられそうに描かれています。

 しかし、ここがつながるのを見ることはなさそうです。

 

 [←前のエントリ]

www.3710920.com

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com