3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

相手に漬け込む先制も……2019.4.28.高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知

f:id:minato920:20190428175831j:plain

 

 高知にも10連休到来、ファイティングドッグスはホームゲーム5試合を予定しています(うち1試合は安芸での開催)。1試合目は愛媛マンダリンパイレーツとの対戦です。

 

f:id:minato920:20190428175826j:plain

 

 高知先発は山崎。先頭打者は打ち取りましたが、直後の遊ゴロからの送球を宮田が捕球ミス。さらに盗塁とヒットで1死1, 3塁のピンチを迎えます。

 

f:id:minato920:20190428175821j:plain

 

 ここで4番ヘイドーンがセンターに犠牲フライ。愛媛が先制します。

 

f:id:minato920:20190428175816j:plain

 

 その裏、愛媛先発は樽見。こちらも先頭藤原こそ打ち取ったものの、2番日高、3番濱を歩かせてしまいます。

 

f:id:minato920:20190428175810j:plain

 

 ここで4番宮田が放った打球はファーストへの力ないゴロ。ところがヘイドーンがグラブに当てて転がしてしまい、打球は芝生上を転々と広がります(このプレーの記録はヒット)。この球を拾った太田がサードでの補殺を試みますが、送球がはるか上にそれてしまい、この間に走者2人が生還して高知が逆転。さらに宮田はガラ空きになったサードベースに到達します。

 

f:id:minato920:20190428180254j:plain

 

 さらに樽見は直後の安田も歩かせてしまい、ここで河原監督が降板指令。2番手に片山を送ります。

 

f:id:minato920:20190428180249j:plain

 

 その片山は最初の打者長谷川を内野ゴロで抑えますが、この間に宮田がホームに還り、高知が3点目を手に入れました。

 片山はこの後も四球を相次いで出す苦しい展開ですが、高知打線が攻めあぐねます。その間に、愛媛が徐々に反撃を繰り出していきます。

 

f:id:minato920:20190428180242j:plain

 

 4回にはヘイドーンがレフトオーバーのソロアーチ。1点差に詰め寄ります。

 

f:id:minato920:20190428180237j:plain

 

 その後、5回裏には片山に代わって3番手萩原が登板。こちらもほぼ毎回走者を出しながら決定打を打たせません。

 

f:id:minato920:20190428180232j:plain

 

 逃げ切りたい高知は7回に石井を投入。四球と暴投(捕逸ってなかなかつかないんですよね……)を見せながら、その後は抑えて無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20190428180346j:plain

 

 8回には菅原が登板。しかし制球に苦しみます。

 

f:id:minato920:20190428180341j:plain

 

 四球に暴投が2つずつ重なると(ホントに捕逸ってつかないですよね)、3番岡村の内野ゴロ間に走者が還り、ついに同点になってしまいます。

 

f:id:minato920:20190428180335j:plain

 

 そして5番梶に三遊間を破られ、愛媛がついに逆転。

 その裏の高知は代打攻勢に出ますが、見逃しの三振と内野ゴロ、結果につながりません。

 

f:id:minato920:20190428180330j:plain

 

 9回表、高知の4番手は三浦。見るからに軟投派なのですが、生命線となりそうなスローカーブをストライクゾーンに投げきれずに苦しみます。

 

f:id:minato920:20190428180445j:plain

 

 先頭の藤澤を歩かせてから何とか2死までたどり着いたものの、2番太田にタイムリーを許し、ダメ押し点を献上してしまいます。

 

f:id:minato920:20190428180439j:plain

 

 9回裏も高知は代打を相次いで投入しますが、結果として3人でアウト3つとなり試合終了。

 

f:id:minato920:20190428180433j:plain

 

 最終スコア(ヒット数、エラー数は当日の公式記録が正確なので割愛)。四球とバッテリーエラーの多発、守備の拙さに貧打も見せた高知の敗戦です。