3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

1日遅れのホーム開幕・高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2021.4.10.)

f:id:minato920:20210411083155j:plain

 

 今週末は待ちに待った高知ファイティングドッグスの本拠地開幕3連戦。愛媛球団の関係者に濃厚接触者が出たために、検査結果待ちで初戦が中止になったものの、無事陰性が確認されて、土日の試合は開催できることになりました。

 

 

f:id:minato920:20210411083208j:plain

 

 いつもなら試合後に選手や監督・コーチがお見送りに出てくるのですが、感染予防のため去年から中止。なので、差し入れがある場合はゲートで預かることになっています。

 

f:id:minato920:20210411083238j:plain

 

 今シーズンからロゴやユニホームを一新したファイティングドッグス。球団気も新しくなりました。

 が、撮りやすいようにはためいてくれません……

 

f:id:minato920:20210411083202j:plain

 

 開幕セレモニー。一昨年までのような演出はなく、代わりに今季から主将を務めるサンフォ・ラシィナの代表挨拶がありました。

 

f:id:minato920:20210411083222j:plain

 

 年々メニューが増えてきた球場下の売店、この日は宿毛豚のフランクフルトを見つけたので買ってみました。

 

f:id:minato920:20210411083216j:plain

 

 さて試合です。高知の先発は山崎勝也。2本のヒットと死球でいきなり2死満塁のピンチを背負うも、最後はセカンドゴロ、無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20210411083232j:plain

 

 その裏、愛媛の先発は萩原。ところがいきなりヒットと四球、さらには捕逸と暴投まで加えて、1点を献上してしまいます。さらに4番吉岡には犠牲フライを許して2失点目。公式記録上は自責点ゼロですが、独り相撲に近い内容です。

 

f:id:minato920:20210411083120j:plain

 

 2回裏、愛媛は早々に萩原を下げ、2番手に宇佐川を送ります。昨年高知から愛媛に移籍した宇佐川です。

 ……って、あれれ、宇佐川って内野手じゃなかったっけ?と思って調べたら、果たしてそうでした。いつのまに転向したのやら。

 

f:id:minato920:20210411083127j:plain

 

 その宇佐川、2回裏は四者凡退で抑えたものの、3回にはヒットと四球に暴投でピンチを招き、またしても4番吉岡、今度は内野ゴロの間に3塁走者濱が生還します。

 高知はこれでヒット2本で3得点。逆に愛媛からすれば、エラーこそついていないものの、頭の痛い展開です。

 

f:id:minato920:20210411083133j:plain

 

 さて、4回表終了後のハイボール・チャレンジ*1ハイボールが半額になったので、売店にやって来ました。

 ロゴ・ユニに合わせてグッズも一新です。他にもパーカーやポロシャツがあって、ちょっと気になっています。

 

f:id:minato920:20210411083141j:plain

 

 そしてふと見ると、新メニューのケバブサンド、ケバブボウルが売ってます!

 実は高知ファイティングドッグスでは、3月に県産品セレクトショップとレストラン・テイクアウトコーナーが揃った複合施設「とさのさと アグリコレット」で、テイクアウト店"DOGS KITCHEN"をオープン。その看板メニューがケバブなのです。

 

kochi-fd.com

 

 球場に来た時にはどこで売っているか分からず、それでフランクフルトを買ったのですが、せっかくですからこちらも食べておきたいところです。

 

f:id:minato920:20210411083149j:plain

 

 今回はサンドにしてみました。次は当然ボウルです。

 

f:id:minato920:20210411084721j:plain

 

 と言っている間に、愛媛の投手が代わっていました。三番手は澤田、三者凡退で嫌な流れをひとまず止めます。

 

f:id:minato920:20210411084819j:plain

 

 すると愛媛は直後の5回表、先頭の漆原と5番の潤米が放ったサードゴロ2つが送球エラーを誘い、この間に1点を返します。

 もっとも、記録上エラーになるのは仕方ないとはいえ、そんなに悪い送球とも思わなかったんですけどね。ボールを止めたり、送球が逸れてもすぐにカバーできるようにしたり、この辺は意識して練習すれば何とかなるような気はします。

 この直後、愛媛は松本がライト前にヒットを放ち、2塁走者潤米がホームを狙いますが、ライト有田のノーバウンドで「ど」の付くストライク、目の覚めるような送球でタッチアウト。高知が良い形で反撃を退けます。

 そしてその裏、高知は連続四球に牽制悪送球、あげくまたしても捕逸で2点を手に入れ、逆に差を広げます。

 ってこういう展開、写真をどこで撮っていいか分からないから困るんですよね。横でスコアをつけている妻が、「こんなんだとスコアシートが汚くなる」とぼやいています。

 

f:id:minato920:20210411084833j:plain

 

 6回、愛媛はまたしても投手交代。今度は新入団の河野翔太が登板します。こちらは6回、7回とそれぞれ3人ずつで抑えます。

 

f:id:minato920:20210411084839j:plain

 

 一方の高知は山崎が7回まで11奪三振に1失点自責ゼロの好投を見せ、続く8回には松下が上がります。

 

f:id:minato920:20210411084847j:plain

 

 ここで愛媛は先頭の潤米が四球を選ぶと、続く松本のタイムリー2塁打で1点を奪います。ところがこれで松下が立ち直り、この後は2奪三振にファウルフライ。逆襲ムードを作らせません。

 

f:id:minato920:20210411084855j:plain

 

 その裏、愛媛の5番手は、こちらも新入団の河本。ところが、ここで高知がようやく攻撃らしい攻撃を示します。

 

f:id:minato920:20210411084740j:plain

 

 先頭の濱がこの日3安打目を放つと、続くサンフォが左中間に放った当たりが転々とする間に、まずは1点。愛媛の外野の打球処理に疑問も感じたのですが、とにもかくにも記録上は文句なしの3塁打です。

 

f:id:minato920:20210411084748j:plain

 

 その後2死となったものの、ここで荻須にも3塁打が出て、ダメ押し点を叩き出しました。

 

f:id:minato920:20210411084755j:plain

 

 そして最終回は守護神平間登場。8回の得点でセーブシチュエーションではなくなったのですが、肩も作ったので投げておこう、ということでしょうか。

 はたしてこの回、先頭打者でサードの送球エラー(記録上はやっぱり、ねぇ……)が出て平間は走者を背負うものの、その後は併殺とファーストゴロで難なく終了!高知が1日遅れのホーム開幕戦をモノにしました。

 

f:id:minato920:20210411084802j:plain

 

 最終スコア。6安打7得点というのもかなりですが、いつの間に6本もヒットを打ってたっけ?と言いたくなる展開でした。

 

f:id:minato920:20210411084810j:plain

 

 ヒーローインタビューは好投の山崎勝に、猛打賞の濱。

 濱は一人でチーム安打の半分を放った上に3得点もとったのですが、そういう活躍がどうにも目立ちづらい試合でした(苦笑)

*1:参加者が高く投げられたボールをキャッチすればハイボールが半額になる企画。たいていキャッチしたことになる