3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

思わぬ落とし穴:高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2022.4.17.1/2)

 

 前日の快勝の余韻も冷めやらぬ高知球場、今日は愛媛とのダブルヘッダーです。第1試合は13時30分から、7イニング制で行われます。

 

 

 

 本日のスタメン。両チームとも投手を除けば選手の入替は1人のみ、ただ愛媛と比べると高知の打順入替は限られます。

 

 

 この日は江本総監督が始球式を務めました。ただ、本人は投球には納得していない感じです。

 

 

 高知先発は野里。ドッグスからアルビレックス新潟を経て今季復帰した期待の右腕です。

 

 

 その野里ですが、いきなり連続ヒットを浴びると、3番仁木のセンターフライで2塁走者がタッチアップ。センターのサンフォが好送球で刺しにかかりますが、サード桑原が捕りきれず、バックアップに入った野里もそらしてしまい、かえって1点を与えてしまいます。

 さらには2死3塁の場面で5番伊藤に対し暴投が出て、さらに1点を献上。守備も含めて苦しい立ち上がりです。

 

 

 一方の愛媛の先発は田島。先頭の有田にヒットを許しますが、牽制で引っかけて退けます。

 

 

 ただ高知はサンフォが四球を選ぶと暴投で2塁進塁。ここで4番鳥井がセンター前にきっちり打ち、まずは1点を返します。

 

 

 続く2回裏には連続ヒットと犠牲バントで1死2, 3塁として、9番乗田がセンターへの犠牲フライで同点とします。さらに勝ち越したいところでしたが、直後に2塁走者の桑原が牽制でタッチアウト。2イニング連続牽制死というのは珍しい話です。

 

 

 それでも高知の攻撃は止みません。3回裏には2死満塁として6番早坂が投手田島の足元を抜く2点タイムリー、今度こそ勝ち越しに成功します。

 

 

 ここで流れを完全にモノにしたい高知でしたが、直後の4回表にヒットとサードの悪送球で無死1, 3塁とされると、7番松本のセンターへの犠牲フライで1点を返されます。

 


 その4回表が終わり、今回もハイボールチャレンジ。今回のチャレンジャーはドッグスの新入社員だそうです。容赦ない高さのフライを上げられましたが何とか捕球。入社早々観客の期待に応えます。

 

 

 この後、試合はいったん膠着します。そして終盤6回に入り、高知は野里に代えて2番手に加藤を送ります。その加藤は愛媛打線を与四球1つの四者凡退で抑えます。

 

 

 一方の愛媛も投手交代、マウンドには土居が上がりました。こちらは四球→併殺→四球→凡打の四凡です。

 

 

 そして最終回、この日も任されるのは秋田です。

 

 

 しかしその秋田が今回はピリッとしません。いきなり連続四球を与えると、その後1死はとったものの、1番大城に右中間を深々と破る3塁打を打たれて逆転。秋田は初めての救援失敗です。

 

 

 そして7回裏、愛媛は今季初勝利をかけて澤田陸がマウンドに上がります。

 

 

 その澤田陸に対し、打順トップから臨む高知でしたが、反撃の糸口を見いだせずに三者凡退。ここで試合終了です。

 

 

 最終スコア。エラー数にもある通り、何とも残念な結果です。

 高知が攻めきれなかった原因の1つとしては、愛媛先発田島から喰らった1試合4個もの牽制死を挙げねばなりません。ただ素人の観察になりますが、田島の牽制フォームは普通の投球とほとんど見分けがつかず、走者が気づいた時にはもう手遅れ、というヤツです。こと牽制に関しては、田島が一枚上手だったと言うべきでしょう。

 とはいえ、何ともモヤモヤが残る内容です。こういう気分、第2試合で何とか振り払えればいいのですが。