3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

縁日・浴衣DAY2日目:高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2022.8.21.)

 

 高知球場での縁日・浴衣DAY2日目。高知ファイティングドッグスは後期初の連勝をかけて、愛媛マンダリンパイレーツと対戦します。

 

 

 

 球場につくと、ちょうどよさこい踊りの演舞中。よさこいチームいちぜんに祭屋フラフ隊が加わっています。

 

ichizen-yosakoi.com

 

 

 この日はタケナカグループのプレゼンツゲーム。試合前には海洋深層水の「室戸301」1ケースと疲労回復マットレス5枚が贈呈されました。

 

shop.e-takenaka.com

 

 

 そして試合はご覧のスタメンで開始です。高知は桑原がDHで戻ってきました。なお、去年と違って基本は9イニング制です。

 

 

 高知は野里が先発。初回は2死からヒット1本のみとまずまずの出来です。

 

 

 愛媛の先発は特徴的な構えの玉置。ところが、こちらは制球が定まりません。

 

 

 玉置はいきなり四球を連発。ここで山田のライトフライで1死1, 3塁とすると、サンフォがショートの頭上を越えるライナーを放ってこれがタイムリー。この日も高知が先制します。

 ところが、ここから試合は膠着。高知は野里が好投を続ける一方、打線は玉置の荒れ球をとらえきれません。

 

 

 この日もイニング間のダンスは浴衣で。月並みな感想ですが、それでも華があって良いものです。

 あ、ちなみに甚平姿でも入場無料になったことをご報告します。

 

 

 3回終了後にはいちぜん・祭屋両チームのフラフ隊が登場。お祭り気分がさらに高まります。

 ただ、試合は相変わらず膠着状態。野里と玉置が一歩も譲りません。

 

 

 そして1-0のまま迎えた7回表、野里は先頭打者にヒットを打たれると、犠打と内野ゴロで2死3塁のピンチを迎えます。

 

 

 何とか抑えたい野里でしたが、7番大村にレフト線を破られ、ついに同点とされてしまいます。

 

 

 野里は後続を絶って逆転は許さなかったものの、裏の攻撃はチャンスを活かせず無得点。8回には加藤翔にマウンドを譲りました。その加藤翔は先頭打者にこそ打たれたものの、後は抑えて愛媛に反撃の機運を作らせません。

 

 

 その裏、愛媛も投手交代に出ます。2番手には谷井が上がりました。

 

 

 ただ、これが高知のチャンスにつながります。ヒットとエラーに四球で無死満塁とすると、高橋がレフト前に運んで勝ち越し点を奪います。

 

 

 さらに1死満塁となったところで、乗田が谷井の球を見極めて四球。押し出しで追加点をもぎ取りました。

 

 

 愛媛はたまらず谷井を下げ、河野を救援に送ります。高知の攻撃はこれで収まり、2点のリードで最終回を迎えます。

 

 

 最終回はもちろん秋田劇場。この日も四死球1つずつの安定ぶりです。

 

 

 ただ、最後は代打伊藤隼太という見せ場で空振り三振を奪ってゲームセット。

 

 

 ヒーローインタビュー、まずはサンフォ。1回と8回の両方の得点機に絡んだだけあってか、口も滑らかです。いや、ホントにね。

 

 

 続いては決勝点を放った高橋。攻守とも頼れる存在に成長しています。

 

 

 さらにはタケナカグループによる表彰もありました。まずは7回1失点の野里が受賞。本当は勝ちをつけてほしかったのですが、まぁそれはそれ。

 

 

 続いて賞を受けたのは、4打数3安打1打点1得点と大活躍のサンフォです。

 

 

 そしてMVPは文字通りの殊勲打を放った高橋。これで高知が久々の連勝、イベントシリーズを飾りました。