3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

名誉挽回はその日のうちに:高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2022.4.17.2/2)

 

 昼間の試合で嫌な負けを喫した高知ファイティングドッグス。ただ17時からは第2試合が始まります。気分を切り替えて臨まないといけません。

 

 

 

 そんな試合で先発を任されたのが釜谷。愛知県からの新入団選手です。

 

 

 しかし、その釜谷は初回早速愛媛打線につかまります。先頭の大城にヒット、続く漆原には四球を与え、続く仁木の当たりはサード桑原の横をすり抜け、先制を許します。その後1死2, 3塁としたところで、5番松本のセカンドゴロの間に3塁走者が生還し、さらに2点目も与えてしまいました。先程の試合があったばかりなだけに、悪い空気感が漂います。

 

 

 ところがその裏、高知は愛媛先発玉置の乱調でチャンスを手にします。

 

 

 先頭打者から3連続6球目四球で無死満塁の場面ができると、4番DH鳥井がレフト前にタイムリー。高知のビハインドがあっさり消え去りました。ただ勝ち越しまではできず、1回を終わって振り出しに戻った形です。

 

 

 この調子でもつれる試合になるかと思いきや、2回3回と両チーム好機を作りきれず、試合は2-2のまま4回に入ります。写真は「ダイナミック琉球」を演奏するエンターテイナーのあやなちゃん。

 

 

 そんな試合が再び動いたのは4回裏でした。高知は先頭の有田がライトオーバーのソロアーチを描き、勝ち越しに成功します。守備で再三強肩ぶりを見せつけている有田、打撃でも魅せました。

 

 

 その後試合の流れは再び止まり、3-2で5回裏終了。この試合でも大抽選会が行われましたが、今回も残念ながら当選ならず。

 

 

 さて試合に戻ります。勝ち投手の権利を得た釜谷でしたが、6回表、先頭の仁木のヒットから四球と犠打で1死2, 3塁のピンチを招きます。

 ここで元阪神代打伊藤隼太が満を持して登場、当たりはセカンドゴロでしたがホーム突入する3塁走者に送球が間に合わず、同点とされてしまいました(記録は野選)。

 その裏、何とか釜谷の勝ち星を復活させたい高知。しかし2死2塁の場面を活かせず、試合は3-3同点で最終回に入ります。

 

 

 7回表、高知は釜谷に代えてクローザー秋田を送ります。直前の試合で痛恨のリリーフ失敗を喫した秋田でしたが、今回は10球三者凡退と、見事にやり返します。

 

 

 そしてその裏、愛媛も粘投した玉置が下がり、小田切が後を任されます。

 ここで高知は先頭の有田がこの試合猛打賞となるヒットで出塁。その後2アウトまで取られますが、4番鳥井がヒットでつないでチャンスを作ります。

 ここで続く5番山田、3-2のギリギリとなった6球目を捉えた当たりはレフトの前へ!2塁走者有田はもちろんホームを狙います。

 

 

 そして有田はそのまま生還!高知が最後の最後でサヨナラ勝ちを手にしました!

 

 

 最終スコア。互いに譲らぬ好ゲームでしたが、だからこそ貴重な1勝です。

 

 

 ヒーローインタビュー。勝ちこそつかなかったものの、クオリティスタートで愛媛に主導権を渡さなかった釜谷が呼ばれました。

 

 

 そしてもちろん続くは、サヨナラ打の山田です。

 試合数の関係もありますが、この時点で高知はゲーム差なしの首位。終わってみればこのカードも2勝1敗、良い形で終えることができました。