3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

しのいで、しのいで、しのいで:高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2022.6.3.)

 

 四国アイランドリーグplus2022年前期もいよいよ大詰め、高知ファイティングドッグスのホームゲーム最終戦となりました。優勝に向けて厳しい戦いが続く中、この日は愛媛マンダリンパイレーツを迎えての対戦です。

 

 

 

 高知の先発は釜谷。この日はコントロールがなかなか定まりません。

 

 

 釜谷は2塁打と四球で2死1, 2塁のピンチを招き、5番伊藤(元阪神)にライトの頭上を越えるタイムリー2塁打を放たれ、1点先制を許します。ただ、ライトからの返球で1塁走者を3塁に止めると、その後は生還を許しません。

 

 

 愛媛先発は馬渕。初回先頭の有田にヒットを許したものの、その後は難なく抑えると、そのままの勢いで高知打線を封じ込めます。

 

 

 そして3回表、釜谷は先頭の大城を歩かせると、2死からヒットで1, 3塁とされ、またも伊藤にタイムリー。しかしここでも1塁走者の得点は免れ、2点のビハインドに止めます。

 

 

 その後試合は動きが止まり、0-2で5回終了。この日はJAL協賛試合ということで、抽選会には高知支店長さんとCAさんが登場しました。

 

 

 さらに6回も両チーム無得点で試合は終盤へ。6回2失点で試合を作った釜谷に代えて、7回表には谷村が登板しました。

 その谷村、先頭打者を抑えたものの、ヒット2本で2死1, 3塁のピンチを作ってしまいます。

 

 

 ここで吉田監督は谷村を下げ、加藤翔を投入します。その谷村は打順先頭に戻った大城をセンターフライで打ち取り、勝ち越しは許しません。

 

 

 するとその裏、高知は先頭鳥井が歩くと続く出原がヒット、早坂がバントを決めて1死2, 3塁とします。

 ここで桑原が放った打球はショートのグラブの先を抜けるヒットとなり、走者2人が生還。高知がようやく同点に追いつきました。

 ただ、その後は続かず2-2で7回を終えると、8回表は加藤翔が続投。エラーと四球の走者をさらに進められ、2死2, 3塁の窮地に立たされますが、続く上甲を1塁正面のゴロに仕留め、無失点で切り抜けます。

 

 

 その裏、勢い込んで勝ち越したい高知でしたが、ここで愛媛が馬渕を下げて送り込んだ内海の前に手出しができず、三者凡退で終わります。

 

 

 そして9回、高知のマウンドに立つのはもちろん秋田です。

 投球練習の初球はこの日もマウンドとセカンドの間から。さぁ、劇場の幕が開きます

 その秋田は先頭の代打山崎をあっさり歩かせると、続く8番堀川にはレフトへの2塁打で無死2, 3塁。いくらなんでも厳しい展開です。

 ところが、ここからが劇場主の本領。何の前触れもなくストレートがキレだすと、9番古賀を三振、1番大城セカンドポップフライ、そして2番漆原をファースト正面へのゴロで切り捨てます。

 分かりやすいまでのジキルとハイドで、終わってみれば無得点、しかもこの間の球数は意外にも16球。少ない投資で大きな効果、この日も秋田劇場大成功です。

 

 

 とにもかくにも高知の負けはなくなった9回裏。愛媛は河野をマウンドに送ります。

 

 

 その河野の前に高知はチャンスメイクができず、3人で終了。試合は引き分けに終わりました。

 

 

 最終スコア。内容的には「よくこれで負けなかったな」という試合でした。とにもかくにも少ない失点で済ませられた印象です。ただそれだけに、まだ流れはある、という感じも受けました。

 そして優勝争いはいよいよ大詰めに。4日(土)と5日(日)は試合がなく、2位徳島と愛媛の連戦の結果待ち。続く6日(月)、徳島でのダブルヘッダー直接対決が最大のヤマ場となります。