3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

雨中のホーム初勝利!高知ユナイテッドSC対FC神楽しまね@宿毛(2022.6.5.)

 

 今年もやります宿毛開催。年間2試合のうち今日はFC神楽しまねとの対戦です。密な日程と離脱者続出で苦しい中ですが、何とかJFL今季ホーム初勝利をつかみたいところです。

 

 

 

 宿毛開催の大きな楽しみが幡多ならではの出店です。珊瑚細工や竹とんぼづくりといったワークショップに加えて、グルメももちろん充実しています。

 

 

 こちらは宿毛ご当地グルメとして売り出し中の豚フランク。

 

 

 宗田節ガツオのだしを効かせたたこ焼きと、直七のかき氷。かき氷は一昨年食べましたが、すごいボリュームでした。

 

www.3710920.com

 

 

 一方、高知市内からもおなじみのお店が来ています。こちらのわらびもち屋さん、普通に本物のわらびもちと飲むわらびもちに加えて、カップいっぱいの大きなポン菓子も加わりパワーアップ。

 そしてなぜかファイティングドッグも売ってます。これはホントになぜか分かりません。

 

 

 クラブのブースでは、最近twitterで企画のあった #私が推しちゅう高知U選手 の結果が一部紹介されていました。今季は誕生日紹介含め、選手を結構売り出そうとしている感じがあります。

 

 

 グッズコーナーには新発売の酔鯨あま酒のユナイテッドラベル版。アルコールフリーなのでお酒が苦手な方でも大丈夫です。

 

kochi-usc.jp

 

 酒呑みのイメージが強い土佐ですが、というかそれでだいたいあってるんですが、ノンアルのドリンクだったりスイーツだったり、甘党向けのものもかなり充実しているんです。下戸のうちのカミさんが言ってるんだから間違いありません。

 

 

 というわけで、本日の #聖剣二刀流 はすくも豚フランクです。

 

 

 そして宗田節のだしが香るたこ焼き。春野に出ている米粉たこ焼きといい、一味違うりぐったたこ焼きです。

 

 

 本日のマッチデープログラム、かと思ったら、宿毛開催へのスポンサーさん一覧でした。ご協賛ありがとうございます。ぜひスタジアムにもおいでてくださいね。

 

 

 その一方で、ベンチを見るとケガで離脱した金井のユニが掲げられています。

 

 

 そして、おやつを買いに出ると、再入場券も金井(号泣

 試合の多いこの時期にあまりに痛いのですが、それでも何とかしていくしかありません。

 

 

 気を持ち直して再入場。両チームがアップ中です。

 正直言うと試合中の緊張感がハンパないので、アップを見る方が平和で良いとすら思うのですが、試合がないとアップをすることもないんですよね。

 

 

 そしておやつは先程の飲むわらびもち。前も書いた通り、わらびもちに紅茶を合わせた発想力にリスペクトです。もろこしポンはお土産に持って帰ります。

 

 

 そしてこちらは宿毛産苺完全使用のアイスクリーム(300円)。

 

 

 開けるとこんな感じ。底に苺も入っています。凍り苺のシャキシャキ感と香り、クリーミーな食感がたまりません。

 

 

 試合前にはスタジアムDJ筒井啓文さんのライブ。

 

 

 オフィシャルソング「勝利の鰹」でタオルを回して盛り上がります。声出しが解禁されたらみんなで合唱、と言いたいのですが、流石にあのハイトーンは無理(苦笑)

 

 

 そしていよいよ選手入場、まもなく試合開始です。

 

 

 本日の高知ユナイテッドSC先発選手たち。スクリーンがないので、サブも含めメンバーは公式ツイートでどうぞ。

 

 

 

 一方の対戦相手、今年から新たなチーム名となったFC神楽しまね。スタメンおよびサブは、こちらもクラブ公式ツイートからご覧ください。

 

 

 

 さてさて試合です。高知20番廣岡のキックオフで始まります。

 

 

 雨が少しずつ降り出す中の試合。開始早々激しいコンタクトが相次ぎます。7分にはしまね16番高畑が高知1番GKベラフィとの接触でたくあんを喰らいました。

 

 

 そんな中、前半11分に高知9番赤星がゴール!横竹からのロングパスをゴール前で受け取ってそのままシュートを決めました!これぞエースストライカーの仕事で、高知が先制します。

 

 

 高知はその後も攻め続けますが、追加点には至りません。一方のしまねも徐々に反撃を始めたところで飲水タイム。

 

 

 試合が再開されると、なかなかボールを前に送れない高知に対し、しまねが攻勢を強めていきます。ただ高知も決定的な場面は作らせず、シュートに対してもベラフィが落ち着いて対応します。

 

 

 結局両チームとも次の1点は奪えず、前半は1-0で終了します。

 

 

 後半開始前、両チームとも交代カードを切ってきます。高知は8番西村勇に代えて11番西村光を送り込みました。

 

 

 そして後半はしまねキックオフ。ここからお互い攻め合いとなりますが、やはり得点には至りません。

 

 

 一方の高知も攻め込む場面を作りますが、シュートが大きく上方に外れてしまうなど、しまねを突き放せません。

 

 

 雨の中での消耗度が高い試合、両チームとも積極的に選手を代えていきます。53分には高知20番廣岡に代えて、14番栗原が入ります。栗原は早速相手ゴール前でボールを受けますが、シュートには持ち込めません。

 

 

 それでも試合は動く気配もなく、1-0のまま後半の飲水タイムに入ります。

 

 

 再開後の75分、高知は前線で走り回った樋口を下げて岡田大介を投入。

 

 

 83分には山田と中田、稲積と細山を交代。守備の要と走れる選手2枚で局面打開を図ります。

 

 

 それでも最後の一押しが難しい高知。後半アディショナルタイムにはゴールエリア右手前からのフリーキックを得ますが、得点までは奪えません。

 

 

 さらにコーナーキックの機会を得た高知でしたが、ここで時間切れ。

 

 

 とはいえ1点のリードは維持し、今季ホームで初の勝ち点3を得ることができました。

 

 

 試合後、今日のゲームキャプテンを務めたベラフィから、メインスタンド前のサポーターへの挨拶です。

 

 

 ヒーローインタビューに呼ばれたのは、もちろん決勝ゴールを決めた赤星です。

 

 

 今季初のMVP賞、焼き肉のお食事券に加えて、高知市内にオープンしたばかりの「姫若子の湯」の入浴券もプレゼントされました。どうも赤星は温泉が好きそうなので良かったです。

 

www.himewako.jp

 

 

 そしてこちらも恒例、バイエルン・オートの高級外車1週間利用券がようやく登場しました。

 ここまでのホームゲーム、悪い試合は決してなかったと思うのですが、だからこそ勝ちにつながらなかったのがもどかしかったです。

 しかしそれもようやく終わりました。金井の離脱は長引きますし、本調子ではない選手も多々いるところですが、この1勝を弾みに、自信をもって次節以降に臨んでほしいところですね。

 

 

 「やっとボクも勝利の鰹になったよ!」

 

 うちの子も大喜びです。