3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

2010年夏・東北縦断横断(前)

f:id:minato920:20210310201311j:plain

 

 11年前の夏、青春18きっぷの旅で東北を回りました。朝から晩までただ列車に乗る旅、前後篇に分けて振り返ってみます。

 

 

f:id:minato920:20210310200307j:plain

 

 当時はまだ現役だった夜行列車で、新潟県は新津駅へ。ここから磐越西線福島県へと渡ります。

 今でこそJR只見線の不通区間以外の旅客鉄道は全て乗りつぶした私ですが、当時は全国各地に未乗路線がありました。とりわけ東北は前年に初めて仙台に行ったぐらいで、ほぼ全てが未踏の地。この段階ではとにかく乗車距離を稼ぐべく、幹線中心に乗っていこうという考えで旅程を組んだのでした。

 

f:id:minato920:20210310200313j:plain

 

 まだ夜が明けたばかりの夏の朝。SLばんえつ夢物語号の客車が、まだ眠りについています。

 

f:id:minato920:20210310200318j:plain

 

 乗り込んだ列車はあろうことか、全席ロングシート……

 そりゃラッシュは混むのかも知れませんが、夜行列車からの乗り換えには堪えます。とはいえ、他に選択肢はありません。

 

f:id:minato920:20210310200324j:plain

 

 列車は新津を発車。次第に夏の日差しが強くなる水田地帯を走り抜けていきます。ただ、阿賀野川沿いを走る頃には、左右の風景は狭まっていきます。

 

f:id:minato920:20210310200329j:plain

 

 列車は津川駅に着きました。何やら不思議な駅名標だと思ったら、この辺りは狐の嫁入り伝説で有名なところ。こちらは毎年5月のお祭りの写真だそうです。

 

f:id:minato920:20210311083825j:plain

 

 列車は阿賀野川沿いに、さらに山を分け入っていきます。そして気がつけば、福島県に入っていました。

 

f:id:minato920:20210310200225j:plain

 

 会津盆地に降りてきた列車の周囲は次第に市街地となり、喜多方駅に到着しました。あちらこちらで描かれているイラストが赤べこで、会津のトレードマークであることを、ここに来て初めて知りました。

 

f:id:minato920:20210310200232j:plain

 

 ラーメンと日本酒で有名な蔵の町喜多方。特に日本酒はパックの安酒から高級なものまで揃っています。

 

f:id:minato920:20210310200244j:plain

 

 列車は終着の会津若松に着きました。かつての城下町よろしく、低層ながら堂々たる駅舎が建っています。

 

f:id:minato920:20210310200357j:plain

 

 白虎隊士の像。個人的には、子どもの頃に見た大晦日の時代劇のイメージが強いです。そういう世代なのです。

 

f:id:minato920:20210310200250j:plain

 

 赤べこの像。首が動くようになっているんですね。

 

f:id:minato920:20210310200255j:plain

 

 ここからは郡山まで特急……ではなくて、特急電車を利用した快速列車です。塗装も赤べこを彷彿とさせるものなら、表示幕にも赤べこのイラストが入っています。

 

 

f:id:minato920:20210310200301j:plain

 

 側面にも赤べこのイラスト。それでなくても普通列車のみのきっぷで特急電車に乗れるのに、これは心が躍ります。

 電車に乗り込むとほどなく発車、郡山まではあっという間で、これで磐越西線には端から端まで乗り通したことになります。

 

f:id:minato920:20210310200417j:plain

 

 本来なら東北本線の普通電車に乗るところ、時間が足りません。なので、郡山から福島までは東北新幹線でワープです。

 

f:id:minato920:20210310200338j:plain

 

 山形新幹線東北新幹線の併結列車。電車好きとしては、やはり全席二階建ての後者に惹かれてしまいます。東海道新幹線100系以来、本当に久々の二階建て新幹線で、懐かしい目線から初めての風景を、わずかな距離ですが堪能します。

 

f:id:minato920:20210310200344j:plain

 

 まだまだ乗っていたかったのですが福島着。ここで新幹線を降りることになります。

 

f:id:minato920:20210310200351j:plain

 

 駅で見つけたキャラクター。「ももりん」というのだそうです。桃に加えて、カゴに入っているのが福島の名産なのでしょうが、関西にいると東北地方のことを知る機会がまぁないので、全然知りませんでした。

 

f:id:minato920:20210310200452j:plain

 

 というので、「花のまち」というイメージもなかったりします。この花時計もよく見ると、ももりん?

 

f:id:minato920:20210310200447j:plain

 

 そんな中ですが、この古関裕而氏に限って言えば、関西人にその名を非常によく知られた存在と言えるでしょう。なんたってあの「阪神タイガースの歌」(いわゆる「六甲おろし」)の作曲者ですからね。福島出身って知らなかっただろとか言わない

 

f:id:minato920:20210310200458j:plain

 

 通常ならここから在来線の東北本線に乗るところですが、今回は別ルートとなる第三セクター阿武隈急行線で北上します。東北本線には「カシオペア」や「北斗星」といった寝台特急が走っていますし、どうせならそちらで通ってみたいですからね。

 

f:id:minato920:20210310200503j:plain

 

 阿武隈急行は福島から槻木までを、東北本線よりも東側を通って結ぶ鉄道です。ただ全通したのは第三セクターになってから。世が世なら長距離列車が足しげく通った路線かも知れませんが、鉄道貨物の衰退や新幹線の開通、何より国鉄再建の流れによって、今は物静かなローカル線になっています。

 

f:id:minato920:20210310200622j:plain

 

 途中で写真を撮っていれば良かったのですが、流石に早朝からの疲れが来ています。気がつけば槻木で、ここからは東北本線の仙台行に乗り換えます。その仙台でも時間の余裕はなく、次の小牛田行電車に乗り込みました。

 

f:id:minato920:20210310200634j:plain

 

 電車は小牛田に着きました。仙台の北の結節点で、普通電車は全て乗り換え。西は陸羽東線、東は石巻線にもつながる、在来線の重要なハブです。

 

f:id:minato920:20210310210401j:plain

 

 こちらは石巻線方面へのディーゼルカー。これまで1度だけ東北に来た時に乗ったのが、仙石線を経由して、石巻線で女川へ向かう列車でした。

  小牛田からは気仙沼線の列車も出ていて、南三陸から気仙沼方面に出ることもできます。ただ、今は東北の乗りつぶしに集中できる時期ではありません。山陰にも九州にも未踏の地がわんさかあって、あちこち飛び回らないといけないのです。

 なので、三陸方面は余裕が出来たら集中的に乗りに来ることにしましょう。

 

 ―10年前を知らない11年前の夏。そう考えるのが、私にとっては合理的だったのでした。