3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

逃げ切りモード・高知ファイティングドッグス対香川オリーブガイナーズ@高知(2021.9.5.)

f:id:minato920:20210905213547j:plain

 

 マジックナンバーを3とした高知ファイティングドッグス。この日の優勝決定はなくなったものの、並行する徳島の試合次第では立直がかかります。しばらくホームゲームも空くので、高知球場に行ってきました。

 

 

f:id:minato920:20210905213541j:plain

 

 本日のスタメン。高知はメンバーは完全固定で、外野のフォーメーションが多少変わるぐらいです。

 

f:id:minato920:20210906071415j:plain

 

 試合開始直前、選手だけではなくて、審判団も気合を入れてかかります。

 

f:id:minato920:20210905213553j:plain

 

 この日もベースボールドッグ五郎丸が試合前に登場。ボールを渡して、この後戻るかと思いきや、グランドでおすわり。写真でも撮ってもらいたかったんでしょうか。

 

f:id:minato920:20210905213559j:plain

 

 さてさて試合開始です。高知先発は藤井。この日も安心してみていられる立ち上がりです。

 

f:id:minato920:20210905213626j:plain

 

 対する香川の先発は喜屋武。重い速球がどこに行くか分からず、かえって打線が狙いを絞れずに苦労します。そんな感じで、序盤は藤井と喜屋武がそれぞれ異なる意味で打線を翻弄する投手戦になります。

 

f:id:minato920:20210905213605j:plain

 

 3回には藤井が味方エラーに加えて、三球三振からの振り逃げでピンチを作りますが、後続をしっかり断ちます。しかしこの場合、ターキー賞って出るんですかね。

 

f:id:minato920:20210905213612j:plain

 

 そしてその裏、高知は死球四球四球で1死満塁としますが、ここで4番吉岡が三振。ところがこれが暴投となり、その間に3塁走者が生還、高知が思わぬ形で先制します。

 

f:id:minato920:20210905213619j:plain

 

 ただその後も試合は膠着。安定した投球で香川打線を抑えつける藤井に対し、喜屋武は行先はボールに聞いてくれと言わんばかりの投球で高知打線を困惑させます。

 

f:id:minato920:20210905213631j:plain

 

 そして5回終了。今度はベースボールドッグ五郎丸に代走が送られました。こちらはボールを渡した後、すっと戻ります。

 

f:id:minato920:20210905213637j:plain

 

 ここまで十分の出来だった藤井でしたが、6回にふらつきます。1死から堀北にヒットを打たれると、4番山口に送られた代打望月の打球がセンターオーバー。これが2塁打となり、堀北が生還。同点とされてしまいました。

 

f:id:minato920:20210905213644j:plain

 

 そしてその裏、香川は細かい継投に打って出ます。まずは2番手に大高が上がりますが、長谷部にヒットを打たれ即交代。

 

f:id:minato920:20210905213651j:plain

 

 続いて登板したのは楠本、こちらは大原を抑えて業務終了です。

 

f:id:minato920:20210905213657j:plain

 

 その後に送られたのは福岡。こちらは打者2人を抑えてイニング終了です。

 

f:id:minato920:20210905213703j:plain

 

 直後の最終回、7回表は同点ながらもちろん平間が登板。連続四球もありましたが、失点は許さず裏の攻撃につなげます。

 

f:id:minato920:20210905213711j:plain

 

 対する香川は今季4セーブの廣瀬をマウンドに送ります。その廣瀬は1死から濱にヒットを打たれたものの、さらなる攻撃は許しません。

 

f:id:minato920:20210905213527j:plain

 

 結局試合は1-1で終了。互いに勝機を見出しづらい展開でした。

 

f:id:minato920:20210905213534j:plain

 

 最終スコア。ヒット数が少ないので投手戦となるのでしょうが、投球数も四球も多く、時間はかかりました。

 ともあれ、負けなかったことでマジックナンバーは1つ減り、2となりました。ここで優勝条件を見ておきましょう。

 

高知 徳島
2-7 .645 - -
1-8 .613 11-0 .625
0-9 .581 10-1 .594
- - 9-2 .563

 

 高知の2勝、または徳島の2敗で、高知の優勝が決まります。あるいは残る直接対決4試合のうち、高知が1つでも勝てばOK。とはいえ次の対戦予定が17日(金)なので、むしろそれまでに優勝が決まる可能性の方が高そうです。

 となると今後の予定が気になるところですが、高知は11日(土)の福岡ソフトバンクホークス三軍戦まで試合なし。一方の徳島は明日6日(月)にホークス三軍戦、8日(水)には香川とのダブルヘッダー、11日(土)には愛媛との2連戦初日が組まれています。

 なので、高知の優勝は最短で8日(水)に決定ということになります。あるいは徳島が2勝1敗あるいは3戦全勝の場合でも、11日(土)に優勝が決まる可能性があります。

 いよいよ、本当にいよいよ、ゴールが見えてきました。

 この際、高知球場で優勝決定なんて贅沢は言いません。当分は徳島の結果待ちですが、是非とも早く優勝が手にできればと切に願います。