3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

四万十町の沈下橋から道の駅四万十大正へ(2019年5月黒潮・四万十の旅(8・終))

f:id:minato920:20190626074037j:plain

 

 こいのぼり公園から、さらに四万十川沿いの国道を東へと走ります。この辺りはいくつも沈下橋が架かっているところで、そのうちの三島沈下橋に立ち寄ってみます。

 

 

f:id:minato920:20190626074023j:plain

 

 三島沈下橋は、四万十川の両岸と中洲をそれぞれ結ぶ2つの橋に分かれています。このうち、第一三島沈下橋は国道から川べりを下ったところにあり、鉄道橋と並ぶように、三島の中洲へと架かっています。

 ちなみに私、マイクロバスでこの橋を通ったことがあります。

 

f:id:minato920:20190626074029j:plain

 

 上流側を眺めてみます。左手の岸のすぐそばを国道が走っているのですが、まるでそのようには見えません。

 

f:id:minato920:20190626074043j:plain

 

 下流側では鉄道橋をほぼ真上に望みます。見るからにローカル線の鉄橋ですが、開通したのは40年ちょっと前、意外と最近のことです。

 

f:id:minato920:20190626074126j:plain

 

 三島沈下橋が架かる四万十川の中洲はそこそこ規模があって、水田にも畑にもなっています。本格的な工作が行われる中洲は、少なくともこの一帯では珍しいようで、文化的景観にも指定されています。

 

f:id:minato920:20190626074112j:plain

 

 中洲をさらに進むと、こんどは対岸まで、先程の道の延長上とは思えないほどの、本格的な道路橋になります。

 

f:id:minato920:20190626074104j:plain

 

 一方、予土線の鉄道橋は中洲をかすめるだけ。これで予土線ホビートレインやトロッコ列車でも走ってくれば面白かったのですが、残念ながらわれわれがいる間、汽車自体が一本も通りませんでした。

 

f:id:minato920:20190626074119j:plain

 

 道路橋から分かれる細い道を通ると、その先に第二三島橋があります。こちらは以前からの沈下橋です。

 

f:id:minato920:20190626074051j:plain

 

 道路橋の上から、第二三島橋を眺めてみます。

 本格的な橋ができたので、こちらはなくても良さそうな気もちょっとします。ただ、わざわざ坂を上るよりは、こちらの方が楽だと言う人が結構いるのかも知れません。

 

f:id:minato920:20190626074252j:plain

 

 そして、四万十川沿いで最後に立ち寄ったのが、道の駅四万十大正。道の駅としては最古参の1つです。昨年の国道439号線走破行に続いて、今年もやって来ました。

 

 

www.3710920.com

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20190626074244j:plain

 

 今となっては小ぶりになってしまった施設は、情報スペースと食堂・売店を併設した建物から成ります。売店は土産物のほか、しいたけや木酢など、渋めのラインナップです。

 

f:id:minato920:20190626074133j:plain

 

 情報館にあったジオラマ。一瞬どの辺りか分からなかったのですが、どうやら旧大正町の中心部、予土線土佐大正駅がある周辺のようです。

 

f:id:minato920:20190626074146j:plain

 

 道の駅の奥にはデッキがあって、そこから四万十川岸へ続く階段もあります。ただ、またも雨が結構降り出したので、川まで降りるのは止めておきました。

 旅もそろそろ終わり、最後に四万十川の風情を味わっておきたい気もありましたが、四万十川まで来ることは、この先いくらもあるでしょう。たぶん仕事絡みで。

 

f:id:minato920:20190626074140j:plain

 

 デッキから見ると、木々の間を四万十川が流れています。あとは帰途に就くだけですが、窪川の手前まで、もう少し四万十川につきあってもらいます。

 

(2019年5月黒潮・四万十の旅・了)

 

[←前回エントリ]

www.3710920.com