3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

四国アイランドリーグplus2022年前期公式戦の優勝条件表を作ってみました

 

 四国アイランドリーグplus2022年前期公式戦、5月14日(土)の試合結果を受けて、高知ファイティングドッグスに優勝までのマジックナンバー11が点灯しました。現状を整理するため、優勝のための条件を表にまとめてみました。

 

 

 四国アイランドリーグplus2022年前期公式戦、高知ファイティングドッグスは昨年後期に続いて好調を維持しています。

 そして、5月14日(土)の愛媛マンダリンパイレーツ徳島インディゴソックスの試合結果を受けて、前期優勝までのマジックナンバー11が点灯しました!

 

 

 2位徳島との直接対決はあと3試合。この3試合を含め、徳島が残り13試合を全て勝ったとしても、高知が残り14試合で11勝すれば、優勝が決まるということです。もっとも、この場合は既に徳島相手に3敗しているので、残る14-3=11試合全勝すれば優勝確定、となるのですが。

 ただ、徳島全勝とか高知11勝3敗というのは、お互い考えづらい状況です。もう少し現実的には、どうなってくるの?というのが気になりますよね。

 というわけで、四国アイランドリーグplus2022年前期公式戦の各チーム残り試合から、今後の勝ち数に応じた勝率の試算をまとめた表を作ってみました。NPBなら新聞やテレビ、インターネットに出てくる表ですね。

 表はチームごとに、残り試合での勝ち数を想定して、その場合の負け数と、結果としての勝率を算出しています。

 例えば、高知が残り14試合を五分、つまり7勝7敗で終えたとします。この場合、高知の勝率は.581。これを上回るには、徳島は10勝3敗以上、3位愛媛は12勝2敗以上、4位香川は11戦全勝が必要、という計算になります。

 下に優勝条件表へのリンクを貼っておきます。できる限り試合がある日には更新していこうと思っておりますので、ご活用ください。

 

docs.google.com

 

 前期公式戦残り試合、何があるかは分かりません。分かりませんが、追われる方が感じている以上に追う方は大変なのだろう、とは、この手の表を作っていていつも思うことです。

 

 ……って表を作ったその日にマジック消滅とかダサいから今日は勝ってよドッグス。