3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

土佐町予習の旅(3)湖の駅さめうらレイクタウンへ

f:id:minato920:20220330135508j:plain

 

 久しぶり(3年ぶりぐらい?)に助手席に座って、桂月館から坂を一気に駆け上がり、さめうら湖のほとり、湖の駅さめうらレイクタウンにやってきました。

 

 

 四国の水がめ、ご存知さめうら湖。ダムから車で数分、湖から少し上がったところに、「湖の駅さめうらレイクタウン」があります。

 

mizuuminoeki.jp

 

f:id:minato920:20220330135520j:plain

 

 さめうらレイクタウンに建つ「さめうらカヌーテラス」。カヌーやSUP(スタンドアップパドル)、サイクリングが楽しめます。特にカヌーについては国内随一の練習設備やマシンがあり、われわれが訪れた時もトレーニングに励む人たちがいました。

 

f:id:minato920:20220330135514j:plain

 

 そこまでアウトドアに自信がない人でも、こういうブランコが楽しめます。少なくとも、子どもなら。

 

 

f:id:minato920:20220330135502j:plain

 

 湖のそばに植えられた桜が見頃を迎えつつあります。高知市内で満開なら、こちらは八分咲きというところでしょうか。

 

f:id:minato920:20220330135526j:plain

 

 ただ、桜を除けば、まだ初春の光景と肌寒さ。南国と言われ、実際に場所によっては田植えも始まっている高知ですが、土佐の山間の冬は厳しく、春はイメージほど早く来ないのです。

 

f:id:minato920:20220330135534j:plain

 

 湖に突き出た船着き場を見ると、小型のボートが係留されています。乗ってみたいような、ちょっと怖いような。

 

f:id:minato920:20220330135549j:plain

 

 付近には森林公園があります。オートキャンプ場とバンガロー、バーベキューの設備もあって、一通りのアウトドアが楽しめるようです。

 

f:id:minato920:20220330135339j:plain

 

 上がっていくと、マップに乗っていない遊具もいろいろあります。

 といっても、一面は刈られた枯れ草でいっぱいで、シーズンにもほとんど利用されていなかったのではと思われます。

 

f:id:minato920:20220330135345j:plain

 

 さらに登っていくと、展望台がありました。本当なら径路がありそうなものですが、枯れ草を踏みしめて上がっていきます。

 

f:id:minato920:20220404083549j:plain

 

 展望台に着きました。芽吹きを待つ木々の先に、さめうら湖が見えます。

 

f:id:minato920:20220330135352j:plain

 

 眼下にはレイクタウンとさめうら湖。手前の大きな建物が、今日投宿するさめうら荘です。そろそろ行ってみましょうか。

 

 なお、前回までのエントリはこちらです。

 

www.3710920.com

www.3710920.com

 

 そして次回はこちらから。

 

www.3710920.com