3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

第23回JFL最多可能勝点グラフ、第32節暫定版(11/21終了時点)更新

f:id:minato920:20210620181134j:plain

 

 第23回日本フットボールリーグ(JFL)は、11月21日時点で第32節のうち1試合を除く7試合を終えました。ひとまず、現時点での最多可能勝ち点グラフを更新しております。

 

 

 第23回日本フットボールリーグ(JFL)は、11月21日時点で第32節8試合のうち7試合を終えました。高知ユナイテッドSCはまたもゼロ負けに終わったものの、16位ホンダロックSCラインメール青森に引き分けたため、結果として残留には近づいた状況です。

 今節の予定としては、23日開催予定のソニー仙台FCFCマルヤス岡崎戦が残っています。ただ、7試合を終えて上位争いと残留争いに大きな動きが出ています。

 そこで本日の日程終了時点での暫定版として、JFL最多勝点グラフを更新しました。下記リンク先からご覧いただけます。

 なお、当方のエントリ作成画面ではなぜか11月14日版と表示されていますが、21日終了時点のもので間違いございません。

 

docs.google.com

 

 なお、「最多勝ち点グラフって何?」と言う方は、下記の説明エントリをご一読ください。

 

www.3710920.com

 

 さて、先程も書きました通り、今節7試合を終えた時点で上位にも下位にも大きな動きが出ています。これらの動きから、今季のJFL地域リーグとの昇降格を決める方法は、以下の方法となることが確定しました。

 

自動降格はなし

・16位チームが全国地域チャンピオンズリーグ2位チームと入替戦を実施

・17位チームが同1位チームと入替戦を実施

 

 説明しますと、21日に3位ヴェルスパ大分が勝ち、4位F.C.大阪が引き分けました。そのため、F.C.大阪が勝ち点でヴェルスパ大分を上回る可能性がなくなりました。

 これにより、ヴェルスパ大分Jリーグ百年構想クラブ中2位が確定。そして、今年JFLからJ3への参入はいわきFCのみとなりました。

 一方、先日当ブログでもお伝えしました通り、全国地域チャンピオンズリーグ1次リーグでJFL昇格の意思がない三菱水島FCが敗退しています。これに伴い、地域リーグからは2チームが入替戦に進出することが決まりました。

 以上から、今季の昇降格の決定方法が、上記の通り確定したことになります。

 これらに加え、20日FC刈谷の17位が確定(入替戦実施も確定)したことから、第32節のグラフからはJ3参入圏、4位以内、最下位のラインについて、不要になったものとして削除しております。

 なお、21日終了時点の結果から、残留が確定していないのは、高知ユナイテッドSCFCマルヤス岡崎、東京武蔵野ユナイテッドSC、ホンダロックSCの4チーム。このうち、高知、岡崎、武蔵野の3チームに次節残留決定の可能性があります。条件は次の通りです。

 

 

 また、ホンダロックは残り2試合で2分か1勝が残留確定への絶対条件。ただし次節は好調ヴェルスパを迎えての試合となります。他方、15位の武蔵野も優勝の可能性を残すHONDAとの対戦という恐ろしい状況です。

 とはいえ、高知も自力で残留を決められそうな勢いはまるでありません。岡崎も苦しんでいますし、残留争い、もう不安で不安で。誰か何とかしてください(血涙)