3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

第23回JFL最多可能勝点グラフ更新(第30節終了時点)

f:id:minato920:20211004115104j:plain

 

 第23回日本フットボールリーグは無事8試合終了、残留争いもいよいよ対象チームが絞られてきました。少し遅くなりましたが、最多可能勝ち点グラフ更新です。

 

 

 当ブログでは第23回フットボールリーグ終盤戦に際し、各チームが理論上どこまで勝ち点を伸ばせるかを図示した「最多可能勝ち点グラフ」を作成しています。詳しくは下記のエントリをご覧ください。

 

www.3710920.com

 

 そして、グラフの最新版が下記リンク先です。どういうわけか「1103終了時点」というのが編集できないのですが、リンク先は第30節、11月7日終了時点のものに間違いなくなっていますのでご安心ください。

 

docs.google.com

 

 前節にいわきがJ3入り圏内を確定させたので、問題が無ければ降格圏は3チームから2チームに減少。17位の自動降格と15位の入替戦がなくなり、16位、17位が入替戦対象となります。なので、この変化をグラフにも反映させました。

 一方で、もう1チームのJ3入りの可能性は、ヴェルスパ大分の勝ちによってかなり小さくなりました。ヴィアティン三重奈良クラブの今期のJ3入りは完全消滅、理論上の可能性は鈴鹿ポイントゲッターズとラインメール青森にも残っているものの、現実的にはF.C.大阪がなんとか望みをつないでいる状況です。

 なお、別のシートでは、本来の降格圏である15位以下の可能性があるチームについて、残りの対戦相手とホーム・アウェー別を示しました。

 特に次節、注目はやはり武蔵野対高知の直接対決でしょう。高知ユナイテッドSCは今節の結果で最下位が無くなっており、この武蔵野戦に勝てば15位以上、入替戦も回避が内定します。

 その武蔵野は、高知との対戦の次が刈谷戦となります。今のところは最下位争いなだけですが、上位の対戦や地域チャンピオンズリーグの結果次第では、16位と17位が入替戦対象の境目になる可能性もあるため、決して目が離せません。

 ともあれ、高知にとっては次節が大一番。こういう試合で確実に勝ち点3を獲れるチームにならないといけません。注目です!