3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

ひょっと、強うなった?高知ユナイテッドSC対ヴィアティン三重@春野球(2021.6.5.)

f:id:minato920:20210611233123j:plain

 

 リーグ戦連勝で星を五分に戻し、天皇杯予選・本戦まで含めた公式戦だと4連勝と波に乗る高知ユナイテッドSC。今回は春野球技場でヴィアティン三重と対戦します。

 

 

f:id:minato920:20210611233114j:plain

 

 今回はメインスタンド側にスタグルが集結。南国市産の米粉入りたこ焼きというのに注目してみました。

 

f:id:minato920:20210611233150j:plain

 

 こちらがたこ焼き。食べるためにマスクを外すと、途端にかつおぶしのいい香りが鼻をつきます。関西にいた頃だと、8個入りなら300円、12個入りなら500円でも二の足を踏んでいたので、良い贅沢です(笑)

 

f:id:minato920:20210611233140j:plain

 

 あとはフライドポテト(300円)。試合前にササっとつまめるものがほしかったんですよね。

 あ、念のために言っとくとノンアルですからね。春野への行き帰りは車ですし。

 

f:id:minato920:20210611233131j:plain

 

 キックオフに向けて準備を進める高知のサポーター。チーム状態が良いとサポーターの意気も揚がりますし、そりゃワイルドにもなろうというものです。

 

f:id:minato920:20210611233209j:plain

 

 今日も香南市のアクトランドからボンネットバスが来ていました。ちなみにコラボチケット絶賛発売中です。

 

actland.jp

 

f:id:minato920:20210611233200j:plain

 

 この日はヴィアティン三重のサポーターも来訪。前の枚方戦でアウェー席が設けられなかったので、本当に久々にアウェーからの勢いを感じました。

 

f:id:minato920:20210611233218j:plain

 

 試合前、両チーム入場です。お互いほぼほぼベストメンバーと言えそうです(違っていたら済みません)。

 

f:id:minato920:20210611233228j:plain

 

 試合前に円陣を組むヴィアティン三重イレヴン。

 さて、ヴィアティン三重は2012年に三重県、とりわけ北部をホームとして設立されたクラブです。「ヴィアティン」はオランダ語で "14"。そう、オランダの伝説、ヨハン・クライフをリスペクトするクラブなのです。

 なのでチームカラーも当然オレンジです。もっとも、知識のない私には、ヴィアティンのサッカーのカラーまでもがオランダスタイルなのかどうかは分かりませんが……

 設立からまだ10年も経っていないながら、三重県3部リーグからJFLへと駆け上がり、昨季もJ3加入まであと一歩のところまで進むなど、勢いは十分です。

 ちなみに「あと一歩」だった最終節で勝っちゃってJ3入りを阻んだのがどこぞの高知のクラブだったりします(汗)。

 

www.jfl.or.jp

 

 なので、試合のだいぶ前からリベンジ怖いリベンジ怖いと戦々兢々です……

 

f:id:minato920:20210611233238j:plain

 

 とはいえ、今季の勢いなら高知も負けてはいません。恒例となった円陣からのダッシュで、選手たちがポジションに散っていきます。

 

f:id:minato920:20210611233245j:plain

 

 前半はヴィアティンのキックオフ。このところ立ち上がりの失点が続いているだけに不安がありましたが、何とか序盤の三重の攻勢をしのぎます。

 

f:id:minato920:20210611233104j:plain

 

 そして先制したのは高知でした。前半3分、フリーキックからのセカンドボールを21番藤井が中央から蹴り込んでゴールを奪います。

 

f:id:minato920:20210611233337j:plain

 

 ところがヴィアティンもすぐさま反撃。6分に右からのクロスボールに高知GK池上が下がって備えたところ、三重10番山藤が割って入ってボールを受け取り、そのままシュート。これに池上の対応が間に合わず、ボールはゴールへ。あっさり同点に戻ります。

 

f:id:minato920:20210611233328j:plain

 

 ですが、ここで崩れないのが今の高知です。前半12分には密集したところから放たれたシュートが三重ゴールを割り、再び1点リード。反対側のゴールでごちゃごちゃしていて、気がついたらゴールが入っていた感じでした。

 もっとも、これはメインスタンドからも見えづらかったようで、当初は8番西村のゴールとのアナウンスがあったところ、後で9番長尾に訂正されていました。

 まぁでも、これは仕方ないです。見ても分かんないもん。

 

f:id:minato920:20210611233347j:plain

 

 その後はほぼ高知優勢の展開。一方の三重もカウンターを見せますが、どちらも得点には至らず、2-1で前半を折り返します。

 

f:id:minato920:20210612101844j:plain

 

 後半は高知キックオフ。サイドが変わるので見やすくなるのに期待です。

 

f:id:minato920:20210611233357j:plain

 

 すると早速とっても見やすいプレー実現!47分、ゴールエリア右端辺りで西村がパスを受けると、飛び出してきた相手GKをかわします。そして無人になったゴールに落ち着いてボールを流し込み、難なくゴール。高知がリードを広げます。

 

f:id:minato920:20210611233403j:plain

 

 それにしてもこの近さ。選手たちの熱の入ったやり取り、線審のフラッグが風になびく音、全てがリアルです。

 ああ、専スタが欲しい……できれば市内中心部の近く、または公共交通機関で行けるところで。

 春野は路線バスがなくなってしまったんですよね。そちらを復活させてもらえるか、シャトルバスでもまだ何とかなるかも知れませんが、とにかく専スタ……

 あるいは暫定的な方法として、野球のフィールドシートよろしく、陸上競技場のトラック辺りに座らせてもらえるのでもありがたいのですが。この際パイプ椅子でも良いです。

 

 話を戻して、この後はヴィアティンが必死の攻めを見せますが、高知は決定的な場面をほとんど作らせません。終盤に相次いだ相手コーナーキックからの攻めもはねつけていきます。

 

f:id:minato920:20210611233413j:plain

 

 そしてそのままフルタイム。高知が今季初の3得点で連勝を伸ばしました。2点差以上の試合も初めてです。

 

f:id:minato920:20210611233255j:plain

 

 試合後に挨拶に来た高知の選手・スタッフたち。この日は感染予防のために500人の観客制限がありましたが、観客数は441名。札止め近くまでの動員に成功しました。

 なお、試合の公式記録はこちらからどうぞ。

 

f:id:minato920:20210611233306j:plain

 

 ヒーローインタビューは後半に印象的なゴールを決めた8番西村。

 

f:id:minato920:20210611233315j:plain

 

 いまいち受け答えに慣れた感じがなかったのですが(苦笑)、まぁおいおいということで。

 それにしても3連勝。天皇杯も含む公式戦だと5連勝です。立ち上がりの不安定さはなかなか治りませんが、それでも今回は相手にリードを許さなかったわけですから大したものです。

 ひょっと、強うなった(もしかして、強くなった)?そんな間隔さえ湧き上がるゲームでした。