3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

さらば弱者のマインドセット:高知ユナイテッドSC対Honda FC@春野陸(2022.4.10.)

f:id:minato920:20220411062443j:plain

 

 今季ホーム2試合ともに引き分け、そろそろ勝ちが欲しい高知ユナイテッドSC。ところが3試合目はご存知「門番」、優勝候補筆頭の企業チーム最強Honda FC。勝てるどころか、昨季アウェー戦のような大敗の恐れすら漂います……

 

 

f:id:minato920:20220411062419j:plain

 

 今回のボードは4月生まれの選手紹介だそうです。

 今日の今日まで知らなかったのですが、ベラフィはご母堂が日本人だったんですね。そりゃチームメイトとのコミュニケーションも難なく取れている(ようにしか見えない)わけです。

 

f:id:minato920:20220411062425j:plain

 

 その上にはスタグル・グッズ販売の配置図がありました。さらに見れば入場口からトイレの場所も示してあります。

 こういう案内はいいですね!次回以降もぜひ続けていただき、存在を多くの人に知ってもらって、迷ってる人がいたら「ボードを見たらいいですよ」と教えてあげられるようになったらパーフェクトです。

 

f:id:minato920:20220411062407j:plain

 

 そのスタグル、本日は定番で攻めたいと思います。まずは県内イベントに必ずと言っていいほど現れる、しまんと豚さんの豚はらみ串。

 

f:id:minato920:20220411062413j:plain

 

 そしてこちらも毎回おいでてくださるネクスイノベーションさん。前回は肉巻きおにぎりでしたが、今回は串にします。いろいろ考えましたが、ボリューム感とバラエティの観点から、今回は揚げたこ焼き串に決定です。

 

f:id:minato920:20220411062437j:plain

 

 かくて聖剣二刀流完成(笑)

 これから冷たい飲み物と一緒に、串が捗る季節になっていきます。

 

f:id:minato920:20220411062431j:plain

 

 とは言うものの、メインはやはりサッカーです。現実を見ましょう(苦)

 アウェーゴール裏にはHondaサポが集結。団幕から何から規模が違います。更にはサポの太鼓やシンバルの音も協力に通っていて、見た目からも音からも感じる強い圧にこの時点で押され気味です……

 

 さて、そんな中でメンバー発表です。Honda FCは電光掲示板にて。

 

f:id:minato920:20220411071459j:plain

 

 続いてリザーヴのメンバーです。

 

f:id:minato920:20220411071504j:plain

 

 一方の高知ユナイテッドSCについては、例によって公式twitterにて。

 

 

 正直言って3バックは意外でした。相手が相手なので5バックでも不思議はないぐらいですし。分厚いMFから守備的な選手も出てくるのでしょうが……

 

f:id:minato920:20220411062449j:plain

 

 高知市岡崎市長の挨拶。簡潔で良かったです。試合前で気持ちを締めにかからないといけないので、だらっとした話は禁物ですよね。

 

f:id:minato920:20220411062455j:plain

 

 両チームの選手が入場してきました。

 そしてこの試合でHonda FCのGK楠本がJFL100試合出場達成とのこと。おめでとうございます!

 

f:id:minato920:20220411062501j:plain

 

 前半はHondaのキックオフ。しかも風上から攻められるので、とてもじゃないけど凌ぎきれるのか、恐怖が湧いてきます。

 ところが、高知はディフェンシヴに戦うどころか、Hondaを相手に攻めかかります。6分の7番樋口のシュートを皮切りに、11番西村光司も再三ゴールを狙います。

 

f:id:minato920:20220411062508j:plain

 

 当然Hondaも激しい攻めを見せるので、ピッチ内は徐々にヒートアップ。前半35分には高知6番田尻とHonda17番草刈が衝突する場面もありましたが、お互い大事には至りませんでした。

 

f:id:minato920:20220411062514j:plain

 

 前半終了間際にもゴール前にボールが渡るかという場面がありましたが、惜しくもオフサイド

 

f:id:minato920:20220411062520j:plain

 

 結局前半は0-0。ところがご覧の通り、Hondaのエリア内で終了しています。高知、攻めています。

 

f:id:minato920:20220411062527j:plain

 

 去年までなら押されていたり、そうでなくてもボール支配は許していたところですが、どうも何かが違うぞ、そんな驚きが出てきます。否が応にも後半に期待したくなるところです。

 

f:id:minato920:20220411062532j:plain

 

 そして後半は高知のキックオフで始まります。ここからも高知の攻撃は続きます。

 

f:id:minato920:20220411062325j:plain

 

 54分にはロングパスがゴール前で待っていた8番西村勇太に渡る決定機をつかみますが、ここでシュートは惜しくもバーに阻まれます。

 すると、Hondaは59分に一挙3人を交代、攻撃のカードを投入します。

 

f:id:minato920:20220411073905j:plain

 

 一方の高知は67分の2人交代で、20番MF廣岡が13番MF金井に代わって登場。ホーム戦初出場を果たします。ちなみにもう1組の交代は、この日MF登録の8番西村勇からFW9番赤星。高知も攻撃に傾きます。

 

f:id:minato920:20220411062331j:plain

 

 しかし、お互いに攻め続ける中で、先に結果を出したのはHondaでした。78分、高知ゴールエリアでの競り合いからいったんボールを下げると、7番松本のミドルがゴールに刺さります。

 

f:id:minato920:20220411062337j:plain

 

 さらに、88分にはベラフィのクリアボールがゴール正面でHonda10番富田に渡るミスが発生。これには成す術がなく、そのまま富田が得点。痛恨の2点目を献上してしまいました。

 

f:id:minato920:20220411063412j:plain

 

 高知は何とか点を返そうとしますが、Hondaの守備の前にシュートの態勢が作れず、そのまま試合終了。0-2で今季初黒星となりました。

 

f:id:minato920:20220411062349j:plain

 

 最終結果。当初予想よりはマシなものの、この試合展開からすれば、正直言って相応しくないスコアです。

 

f:id:minato920:20220411062401j:plain

 

 今季から始まった、試合後の選手挨拶です。

 

f:id:minato920:20220411062355j:plain

 

 この試合でキャプテンを務めた田尻が挨拶。ちなみに、今季の高知はキャプテンを固定していません。

 

 先に書いた話にも似てきますが、強豪Hondaが相手なだけに、今回はワンサイドゲームもあり得ると思ってました。良くても、終始押される展開ぐらいだろうと。

 しかし、試合を通じて高知の選手たちは一貫して攻め続けました。得点や試合結果に結びつけられなかった反省点はあるものの、果敢に攻撃する姿勢は、チーム力の差を前提とする戦い方とはまるで異なるものでした。

 ただ考えてみれば、4位以内に入るという目標を掲げるチームが、二ケタ順位のチームのような戦略をとってはいけないのです。加えて言えば、この試合、ディフェンシヴに戦っていたら、かえって酷い結果になっていたのではないかとすら思います。

 どうやら今季の高知は、相手がどこであれ、「弱者」として臨んではいけないようです。流石に天皇杯でJ1やJ2のチームとあたるとなったら話は別ですが、少なくともJFLでは強くあろうとしなければならないようです。

 そうだとすれば、サポーターも含めて、「弱者」としての思考や態度は捨てなければなりません。ホンモノの強いチームになるには、まだまだクリアすべき課題はあるでしょうが、Jリーグ入りを実現できる「強者」たらんとするメンタリティ、さらにはマインドセットは、今のうちから備えていかないといけないと思うところです。