3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

ふるさと納税をしてみました。

f:id:minato920:20191031071247j:plain

 

 3月以来実習レポートが書けていません。他聞に漏れずCOVID-19の影響で、本学も1学期間の授業はオンライン化、当方も現在まで在宅勤務で出張不可となり、実習地との往来が全くできないためです。この状況で何ができるのかも悩ましいところです。

 

 

 教員も学生も実習地に行き来できない。現地での事業や活動自体がほとんど止まっている。連絡をできる相手も限られる。正直言えば、両腕をもがれた気分です。

 加えて言えば、実習の機会に買って帰れたものが買えない、という問題もあります。

 ただ、それでも全てが手に入らないわけではありません。というわけで、

 

f:id:minato920:20200515093930j:plain

 

 ふるさと納税で鯖ねぇを買ってみました。

 

 鯖ねぇは黒潮町佐賀北部地域の実習パートナーである集落活動センター佐賀北部が入初した商品で、1瓶100g入りのごはんみそ。以前のエントリでもご紹介したことがあります。

 

www.3710920.com

www.3710920.com

 

 以前からふるさと納税の返礼品にあるのは知っていたのですが、そもそも今までは先程書いた通り、実習の時に買えば良かったので、申し込んだことはありませんでした。

 ですが、今のこの状況です。初期投資はそこそこの金額になりますが、そうは言ってもふるさと納税、かなりの部分は戻ってくるので、この機会に取り寄せてみることにしました。

 

f:id:minato920:20200515094024j:plain

 

 箱を開けると、商品の紹介が入っています。さが谷味噌やゆず味噌、ゆず果汁は直販市でいつも見かけたものですが、今はただ懐かしい。早くまた顔を出せるようにとは願うものの、ここで焦るわけにもいかず、もどかしい限りです。

 

f:id:minato920:20200515094031j:plain

 

 鯖ねぇは3個入りです。もともとの価格に所得税の控除額や送料、何より品物自体を考えれば、ふるさと納税の名目額からしても決して悪くない選択です。

 

 高知県は5月14日に政府による緊急事態宣言が解除されましたが、それですぐに実習が再開できるわけではありません。再び学外での活動を行うのであれば、ウィルス感染拡大防止との両立という、前例の全くない課題に取り組まないといけないわけです。

 そのためには、当然ながら起こり得る限りの事態を想定し、相当な準備をしておく必要があります。そうして再開できたとしても、ウィルスの害がコントロール可能になるまで、おそらくは年単位で、薄氷を踏む思いを続けることになります。

 いや、それ以前の問題です。そもそもいつになったら学外での実習が再開できるのか、今は誰にも分からないのです。

 そんな中でも、学部の誰もが、今何ができるか、どうやって実習地とのつながりを守れるだろうかと、日々考えているところです。

 

 ちなみに、高知県黒潮町ふるさと納税については、町役場のウェブサイトに解説があります。

 

www.town.kuroshio.lg.jp

 

 ふるさと納税のウェブサイトの中で、私が調べた限り、鯖ねぇを扱っているのは以下の2件です。

 

furusato.wowma.jp

www.furusato-tax.jp