3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

桂浜水族館に初めて行ってきました(上)

f:id:minato920:20200204192101j:plain

 

 高知に来てもうすぐ5年になりますが、意外と近場で訪れてないところがあったりします。桂浜水族館もそんな中の1つだったので、行ってみることにしました。

 

 

f:id:minato920:20200204192055j:plain

 

 桂浜水族館は正真正銘、桂浜にあります。駐車場から5分ばあ(ぐらい、ほど)という看板の通りです。

 

f:id:minato920:20200204192118j:plain

 

 高知に来たことはなくとも、写真や絵葉書等でご覧になったことはあるであろう、まがう事無き桂浜です。ここまで来て水族館には行ったことがなかったわけで、聞く人が聞いたら怒られそうです(汗)

 

f:id:minato920:20200204192108j:plain

 

 水族館の広告。2月のこの時期なので、リア充、もといリア獣イラストもあったりします。

 

f:id:minato920:20200204192127j:plain

 

 桂浜水族館にやって来ました。いろいろと手作り感のあるゲートです。

 が、目に留まったのはその手前で、

 

f:id:minato920:20200204192133j:plain

 

 子ども向けの顔出しパネルが立ってます。が、これだけではなんのこっちゃ分かりません。ただ回せるというので回してみると、

 

f:id:minato920:20200204192140j:plain

 

 まぁ、そう(桂浜にある)なったらそう(龍馬のパネル)なるわなぁと。要は、桂浜の海岸を背景にしても、水族館を背景にしても写真が撮れるということのようです。

 

f:id:minato920:20200204191948j:plain

 

 ともあれ、アシカ(で合ってますよね)の出迎えを受けて入館します。ちなみに、当方龍馬パスポート持ちなので、入館料をちょっと割り引いてもらえます。

 

f:id:minato920:20200204191959j:plain

 

 入ってすぐにはりまや橋のレプリカのレプリカがありました。なんだかよく分かりませんが飛ばしている感じを受けます。よく分かりませんが。

 

f:id:minato920:20200204192006j:plain

 

 池の魚にはえさやりができるようです。にしても説明の写真ですが、こちらはキャラクターのおとどちゃん。

 

matome.naver.jp

 

 以前高知ユナイテッドSCの試合でも会ったことがあります。

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20200204192014j:plain

 

 他を見ても、水族館なのがおかまいなしに怖いのが出てきたりします。

 

f:id:minato920:20200204192021j:plain

 

 えんこう(カッパ)の像。本来は「猿猴」なのでサルの類を表す言葉なのですが、中四国では河童を表す言葉になっています。

 

f:id:minato920:20200204192044j:plain

 

 本館の手前では、漁船がカメの棲息場所になっています。

 

f:id:minato920:20200204192028j:plain

 

 なんか目が合いました。しかし、ようやく高知も冬らしい南国詐欺寒さになったのですが、冬眠はしないようです。

 

f:id:minato920:20200204192036j:plain

 

 本館に入ります。すぐのところに大口を開けた魚の像がありますが、何なのかは分かりません。

 

f:id:minato920:20200205073031j:plain

 

 館内は年季の入った広いプールの中と、周囲にさまざまな水族が展示されています。

 ちなみにここには写っていませんが、我々の他にもお客さんは来ているのでご安心ください。

 

f:id:minato920:20200204192203j:plain

 

 展示されているのは、土佐の海の生き物がメイン。なのでウツボもたくさんいます。節分は終わりましたが、恵方巻の大量販売かと思うばぁに集まっています。

 

f:id:minato920:20200205075208j:plain

 

 ところどころに現れるゆるい解説。しかしこの解説に限らず、酒に目がないのを卑下するでもなく開き直るでもなく、良い意味で(と私は思っている)あっけらかんなのが土佐というものです。

 

f:id:minato920:20200205075220j:plain

 

 というのも含めて、いろいろ飛ばしている桂浜水族館。ただ、一方ではどこか悲壮感を覚える部分もあります。

 

f:id:minato920:20200205075224j:plain

 

 こちらはチンアナゴのポスターなのですが、なかなか出てこないのを逆手に取った感じ。最近では「働いたチンアナゴは解雇」というわけのわからない話もあるとか。


f:id:minato920:20200204192210j:plain

 

 一方で、絶賛展示中と大きく触れ込みがあったのがこちら。品種としてはニホンウナぎなのですが、突然変異で色が思いっきり変わったとのこと。

 

www.kochinews.co.jp

 

 ただ、昼間のことなので奥に隠れて見えないかも知れません。むしろ隠れているのはよくあることです。

 

f:id:minato920:20200204192217j:plain

 

 そんなわけで過度の期待はせずに水槽を見たところ、

f:id:minato920:20200204192148j:plain

 

 まったく隠れていませんでした。

 

  以下、下篇に続きます。

 

www.3710920.com