3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

2022よさこい鳴子踊り特別演舞・1日目@旭演舞場

 

 3年ぶりに高知の夏に戻ってきたよさこい鳴子踊り。本祭ではないものの、10日・11日の2日間、12箇所の競演場・演舞場で踊りが繰り広げられます。今日は1日目、まだ行ったことのなかった旭演舞場に行ってみました。

 

 

 新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年、2021年と中止が続いたよさこい祭り。今年2022年は特別演舞という形ですが、3年ぶりに高知の街に鳴子踊りがもんて来ました。

 ところが、祭り当日直前になっての第7波の開始。過去に例を見ない勢いで感染が拡大する中での開催とあって、私もどうするか相当迷いました。

 ただ、当分大学に行く用事もなければ、実習地に行くこともないわけです(ってか、なくなりました……)。万が一があっても、職場に迷惑をかけることはありません。

 それでも自分が感染源になるのはまっぴらごめんですし、医療従事者のご迷惑になるのも避けたいところですが、仮に最悪の事態になったとしても、本当ならとう死んでいるはずが、3年半以上も余計に生きたわけです。文句を言われる筋はありますまい。

 となると、やはり3年ぶりによさこいを体感したい、素直な感情には従うべきところ。そして、どうせなら今まで行ったことのない会場に行こう、というわけで、旭演舞場へと出かけました。

 

 

 会場では検温と消毒が必要になります。当然私も検温は行いました。

 

 

 検温と消毒を済ませると、証明となるリストバンドを渡されます。感染予防のために、自分で腕に巻きつけます。これがあれば、他の会場にも自由に行き来することができます。

 

 

 さらに検温・消毒済の希望者には、こんな団扇ももらえます。声援を送れない代わり、これで応援することになるのです。

 

 

 われわれが訪れたときには、ちょうど高知銀行のチームが踊り始めたところでした。

 

 

 旭演舞場は、イオン高知旭町店(今もサティと言った方が通りが良さそうですが)の駐車スペースを使っています。ここで2周ほど回ってから、退場する形になります。

 

 

 続いては四国銀行のチームです。ってか、同業他社を続けるんだ、という驚きというかなんというか。

 

 

 こちらは正調をベースに、しばてん踊りを加えた、いかにも四銀というトラッドな踊りです。

 

 

 続いて、「5号車共同」という地方車がやって来ました。

 よさこいへの参加チームは踊りの音楽を流す「地方車」を自前で用意する必要があります。ただ、コロナ禍での経済難がのしかかる中、その費用を工面するのは決して簡単ではありません。

 そこで、祭りに参加したいチームに共同の地方車を融通する企画が立ち上がり、今日こうして利用チームが出てきたのです。

 

www.kochinews.co.jp

 

 

 というわけで、ここからは香川から来たチーム「さぬき舞人」(まいびと)の演舞です。

 

 

 2年間の空白を乗り越えて、ようやく高知で踊れた。迎える側の地元民たる身贔屓はあるでしょうが、そういう喜びを感じる踊りでした。

 

 

 続いては「Obirigado 花山海」(はなさんかい)が登場。生演奏というだけでなく、これだけのリズムセクションが集結しています。

 

obrigado-hanasankai.com

 

 

 よさこいでないことはないのですが、流れるのは強烈なサンバのリズム。でも、それがよさこいになるところが、この踊りが持つ懐の深さです。

 

 

 続いては東京の大学生・専門学校生によるよさこいサークル「おどりんちゅ」が登場しました。

 

 

 昨日高知城下で行われた第2回土佐学生よさこい大会には私も一応出掛けたのですが、最後の最後しか見られなかったので写真は撮っていません。ごめんなさい。

 

 

 その次にやってきたのは「国士夢双」。例年はスタンダードな踊りなのですが、ことしは趣向を変えてほたえる(=騒ぐ)のだそうです。

 

 

 ただ、踊り手のノリ以上に衝撃を受けたのがこちら。2代目はりまや橋なのか現在のレプリカなのか、ともあれ欄干のキャラクターです。

 

 そしてその次、3年ぶりに、奴らも帰って来ました。

 

 

 よさこい鳴子踊りの斜め上を走り続けて幾星霜。弊学の九龍城砦高知大学南溟寮です。

 

 

 今年もお馴染みの人にはお馴染みのトラックと生演奏、カオスな仮装で登場です。

 

 

 なぜかいるフレディ・マーキュリー

 ……あの、本人たちも申してましたが、温かい目で見てやってください。教員からもお願いします。

 

 

 気を取り直して続いてやって来たのは、Summer PenguinS。24年連続での出場です。

 

 

 こちらは少人数のアットホームなチーム。正調に続いてブギースタイルの音楽で踊ります。

 

 

 こちらは中四国を中心とするチーム「ほろろ一座」。一転して大所帯の連合体チームです。

 

 

 今回は「おとぎ話」がテーマとのこと。衣装も中世からさらに昔をイメージさせるものになっています。

 

 

 今度は高知の地元チーム。中土佐町から来た「なかとさもん」です。リーダーは既に感慨深くなっているようですが、祭りはこれからで。

 

 

 踊りと並ぶ祭りの花形が、各チームのフラフ(旗)。当然ながら相当な重さになって、旗竿も大きくしなり、旗を自在に操れるようになるには熟練を要します。


 踊りはまだまだ続くのですが、昼下がりでずっと立ち通しとなると流石に疲れてきたので、ここで一旦引っ込んで、本日の続きはテレビ中継に頼ることにしました。
 ただ、2日目も2日目で見に行きます。今から楽しみです。