3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

2019・よさこい祭り本番二日目諸景(後)「お街」の競演場と演舞場

f:id:minato920:20190813144224j:plain

 

 上町四丁目から満員電車に乗って、高知市の中心街「お街(まち)」にやって来ました。昨日に続いて、ここでも各チームの演舞を見ていきます。

  

 

f:id:minato920:20190812175413j:plain

 

 帯屋町演舞場に着くと、auが踊りを始めるところでした。踊り手の長い行列が続いた後に、あのロゴのフラフが登場します。

 

f:id:minato920:20190812175420j:plain

 

 踊りの開始に備えて、フラフが揚がりました。お馴染みの色、お馴染みのロゴが、今日もアーケードにひるがえります。

 

f:id:minato920:20190812181355j:plain

 

 実は万々には昼食前に出かけたのですが、その後も上町・帯屋町と回っていると、いくらなんでも限界を感じてきます。ひとまず栄養補給のために一次離脱して、商店街に戻ってみると、高知市内からのチーム「十人十彩」がやって来ました。

 

f:id:minato920:20190812181404j:plain

 

 賞レースの常連だけあって、衣装も凝っていれば動きもピシリと揃っています。

 

f:id:minato920:20190812185204j:plain

 

 次はセントラルグループよさこい踊り子隊。昨年の休止を経て、2年ぶりに帰って来ました。

 

f:id:minato920:20190812185215j:plain

 

 二人の纏持ちを先導に、真っ赤な衣装に身を包んだ一団が現れます。赤基調の衣装はほかにもあるのですが、こちらはほぼ一色の羽織で異彩を放ちます。

 

f:id:minato920:20190812185223j:plain

 

 そして始まった踊りは、アグレッシブそのものという印象。こうして見ると、燃えるような赤でなければ、勢いが削がれるでしょうし、この衣装は非常に納得です。

 

f:id:minato920:20190812185234j:plain

 

 という踊り手の後をわんピーが追うのも、いかにもセントラルグループです。

 

f:id:minato920:20190812185311j:plain

 

 続いてはご存知「ほにや」。高知(特に市内で知らない人はいないんじゃないか、というぐらいの有力チームです。

 

f:id:minato920:20190814142824j:plain

 

 先導は旗持ち。帯屋町商店街にある本店前に踊り手の顔出しパネルがあって、市内ではお馴染みのイメージの衣装です。

 

f:id:minato920:20190814140833j:plain

 

 踊り手たちが来ました。このクラスになると、素人目で見ても動作の機敏さや細かさが違います、って前もどっかで言った気がするな。

 

f:id:minato920:20190814142946j:plain

 

 行列を締める男性の踊り子。どうやら今年も受賞は堅そうです。

 

f:id:minato920:20190814140915j:plain

 

 さらに有名どころが続きます。大きな扇子を旗印に、今度は「とらっくよさこいちふれ)」の登場です。

 

f:id:minato920:20190813071953j:plain

 

 鮮やかに竜を染め上げた衣装を大きく広げ、踊り手たちが踊っています。

 

f:id:minato920:20190813072003j:plain

 

 そしてその裏、見えにくいアングルで申し訳ないのですが、橙色の字に虎が描かれています。見事なコントラストが、躍動的な踊りをさらに強くアピールします。

 それぞれのチームが趣を凝らした踊りを見ている間に、日はだいぶ傾いてきました。疲れも出れば汗だくにもなったので、あとはテレビやネットの中継を見ることにして引き上げます。するとその道中、

 

f:id:minato920:20190813072010j:plain

 

 帯屋町と追手筋の間、柳町の演舞場で演舞が始まっていました。先程見たほにやの一団が、歓楽街を通っていきます。

 ここは開催時間が限られていて、本番二日目の夕方から夜にかけてしか開きません。もうそういう時間になったのかと驚きつつも、実はこれまで見に来られていなかったので、望外の得をした気分です。

 

f:id:minato920:20190814154839j:plain

 

 さらに帰り道に追手筋を通ったら、ほにやはほにやでも、ジュニアチームの「ほにやっこ」の面々が踊りを終えるところでした。

 もっとも、ジュニアと言っても衣装は本隊同様の本格的なもの。こうして踊りが引き継がれていくんですねぇ。

 

f:id:minato920:20190813072024j:plain

 

 本番最後、もう1チームぐらいは見ておきたいので、高知城演舞場に来ました。ちょうどステージに踊り手たちが飛び出すところです。

 

f:id:minato920:20190813073055j:plain

 

 踊るのは岡山県から来た「我楽多」。今回が3回目のチームです。

 

f:id:minato920:20190813073045j:plain

 

 今回は酒蔵をイメージしたとのことで、衣装にもいかにもな前掛けが入っています。 テーマを強く打ち出した踊りも、よさこい祭りの楽しみです。

 ということで、本番二日目の観覧は終了。一日目と合わせて、新たな競演場・演舞場へいろいろ出かけられたのは良かったです。

 ちなみに、残る未踏の地は、旭演舞場、秦演舞場、梅ノ辻競演場の3つ(休止中の知寄町競演場は除く)。遠い所ばかり残ってしまいました。来年行けるかしら(苦笑

 

 なお、二日目の前篇は下記リンク先から、

 

www.3710920.com

 

 さらに遡って一日目の様子は以下からどうぞ。

 

www.3710920.com