3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

みんな待ってた、勝利の鰹!高知ユナイテッドSC対ホンダロックSC@春野球(2022.7.24.)

 

 直近のアウェー東京2連戦をどちらも制してもんてきた高知ユナイテッドSC、待望の今季春野初勝利への期待が高まります。この日は夏空の下、ホンダロックSCと球技場での対戦が控えています。

 

 

 

 今節第17節は第2節の裏返し、全てホームとアウェーが入れ替わった試合です。そのアウェー戦、高知はロックに1-0で勝っていますが、はたして今回はどうなるか。

 

 

 球技場での試合、いつもの物販エリアはホームスタンド北側です。今回は7月・8月の選手・スタッフ紹介ということで、山田・廣岡・横竹3選手に加えて秦マネージャー、そして西村GMが登場しています。

 こうなると、世代的に西村GMだけ写真の趣が変わってしまうのは仕方ないのですが、

 

 

 GMええしのボンですやん。

 ええしのボン(ええしの子、ええしのボンボンとも言う)、分からない方は調べてみましょう。

 

 

 選手個人の応援幕が一挙に出揃いました。団幕の数なら他クラブにも引けを取らなくなってきましたね。

 さて、本日のホンダロックSC戦、スタメン発表です。今回も球技場でビジョンがないので、アウェーのスタメンはホンダロックSCの公式サイトにて。

 ただ、試合速報のページなので、スクロールすると経過が見えてしまいます。ネタバレが嫌な方はお気をつけください。

 

www.hondalock-sc.info

 

 そして高知ユナイテッドSCのスタメン。こちらは恒例の公式twitter版です。ちなみに試合実況動画のリンクもありますので、エントリを読んでからご覧ください。

 

 

 ご覧の通り、この日は横竹が完全オフになっています。前節で接触があり、嫌な途中交代の仕方だったので、心配です……

 と思っていたら、メインスタンド裏で子どもたちと一緒にいました。まぁ大丈夫かなと(笑)

 

 

 選手入場。この日はDF饗庭がゲームキャプテンを務めることになりました。

 

 

 そして15時、主審から高知14番栗原にボールが渡され、キックオフです。

 序盤は両チームとも決定機を作れず、試合はなかなか動く気配が見えません。しばらくするとロックが最初のコーナーキックを得ますが決めきれず、18分(手元計時)には相手エリア中央でのパスからゴールが決まったかに見えましたが、オフサイドで得点はならず。

 

 

 ただその後はロックが徐々にボールを支配するようになり、ちょっと不安になってきたところで飲水タイムです。

 

 

 試合再開。ここからはロックがさらに攻勢を強めます。4本のコーナーキックと2本のシュートで高知ゴールを脅かし、高知は防戦モードです。

 

 

 とはいえ得点機はないままで、前半は終了。0-0で折り返します。

 一番暑い時間は過ぎたとはいえ、まだ熱気が支配する球技場。ハーフタイムの間に水撒きをしておかないといけません。急ぎ準備に取り掛かりますが、そんな中で起きた悲劇。

 

 

 ……スプリンクラー完全に直撃されています。

 ただ悲劇とは書いたものの、この暑さです。ちょっと羨ましかった気も(笑)

 

 

 さて後半です。ロックは前半の流れそのままに攻めたいところでしたが、開始直後は互いの攻め合いになります。

 

 

 そして55分、先制ゴールを決めたのは高知でした!中央からのパスに28番山田が合わせてシュート、相手にも当たりましたがボールはゴールへ入り込みます。

 待望の先制点に高知イレブンがゆりかごダンス、ただ誰か子どもでも生まれたんでしょうか?(笑)

 

 

 この直後、高知はロックの反撃にさらされます。3本のコーナーキックに右からのシュート2本を浴びますが、タンドゥの冷静なクリアもあって失点には至らず、そのまま後半の飲水タイムまで逃げ切ります。

 

 

 次の1点の行方が気になる試合再開後、その得点を高知がモノにします。エリア中央で9番赤星から出たボールに11番西村光が猛然と走り込んでシュート!相手ゴールに突き刺して2点目を奪います。

 

 

 さらに84分、高知は右から9番赤星が11番西村光へとつなぎ、ラストパスを中央に回った赤星が受けてそのままゴール!試合を決める3点目をつかみました。

 

 

 この後は高知がロックの反撃を落ち着いて退け、そのままフルタイム。

 

 

 試合終了。高知ユナイテッドSCが1年ぶり、今季初の春野での勝利を手に入れました!

 

 

 終了直後、メインスタンド前でゲームキャプテンの饗庭が挨拶に立ちました。

 

 

 そしてバックスタンド前で勝利の報告。選手は高知の応援のシンボル、鳴子を持ってやって来ました。

 

 

 今季春野初勝利の記念写真、表情も晴れやかです(笑)

 

 

 ヒーローインタビューに呼ばれたのは、90分間チームを率いた5番饗庭でした。

 

 

 春野でようやくプレゼントできた、焼肉天下味のお食事券。これに天然温泉の入浴券もついています。

 

 

 そしてこちらもお待ちかね、バイエルン・オートの高級外車1週間ご利用券です。饗庭はベンツをご所望とのことでした。

 

 

 贈呈に立った寮母の志穂美さん。1年間勝ちに恵まれなかった選手を間近で見ていただけに、この後のコメントでは感極まった様子でした。

 その志穂美さんから話があったのが、ユニフォームの胸スポンサーのこと。大口スポンサーからの広告を貼る他チームとは異なり、高知ユナイテッドSCは一般からの募金を基に「高知家」を掲げています。詳細については公式サイトにもご説明があります。

 

kochi-usc.jp

 

 志穂美さんによれば、目標額は3000万円。1人1口1000円として、3万人の募金が必要です。

 また、J3入会の条件、ホームゲーム入場者数平均2000人を達成するのに、必要な動員数はのべ3万人。

 この3万という数が、高知ユナイテッドSCに立ちはだかります。この壁を乗り越えるには、突出した個人や企業だけではどうしようもありません。高知県内外の人々の間で、応援の広がりがどうしても必要なのです。

 

 

 インタビュー終了後、自身の応援幕をもって記念撮影に臨む饗庭。

 次のホームゲームは8月28日(日)15時から春野陸上競技場でFC大阪戦。同じくJ3入りを狙う強豪ですが、だからこそ、何千人もの応援の力でチームを押したいところです。