3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

バイナリー・ゲーム:埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ@春野(2021.2.26.)(後)

f:id:minato920:20220227064130j:plain

 

 2月26日、埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズのチャレンジマッチ、いよいよ試合開始です。なおトップ画像は、おそらく中四国最大級のいらすとやです。

 

 

 本エントリは試合開始からいきなり始まります。試合前の模様は前篇でお楽しみください。

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20220227063924j:plain

 

 ライオンズの先発隅田。初回は中村にこそ打たれたものの、2三振とルーキー離れした内容です。

 

f:id:minato920:20220227063930j:plain

 

 一方マリーンズの佐々木朗希は聞きしに勝る剛速球!初回は三者連続三振を奪います。

 

f:id:minato920:20220227063936j:plain

 

 続く2回は隅田対松川、いきなりドラ1ルーキー対決です。注目の結果はセンター前ヒットで、松川に軍配が上がりました。

 この後、隅田は暴投と四球でピンチを作りましたが、後続を抑えてこの回は無失点。一方その裏、佐々木朗希は山川にこそセンターフライを打たれたものの、あとは連続三振。勢いが止まりません。

 

f:id:minato920:20220227063942j:plain

 

 続く3回表、マリーンズは1死から藤原がヒットで出塁すると、四球に続いて4番山口がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち先制。しかし1塁走者はホームで憤死、隅田を攻めたてながら1点止まりとなりました。

 そしてその裏、佐々木朗希はまたも連続三振。9番山村はようやくバットに当てたものの、勢いのないセカンドゴロ。場内が驚きに包まれます。

 

f:id:minato920:20220227063948j:plain

 

 隅田の登板は3回で終了。4回表、ライオンズの2番手は佐野です。佐野はエラーでの走者を背負ったものの、後続をフライアウトと併殺で抑え、わずか8球でイニングを終えます。

 

f:id:minato920:20220227063954j:plain

 

 一方の佐々木朗希も3回でおそらく予定終了。4回裏には土肥が登板しました。

 

f:id:minato920:20220227064000j:plain

 

 ただ、投手交代を待っていたかのようにライオンズ打線がお目覚め。1死から森がレフトへ、呉が1塁戦を破る連続2塁打で同点とします。さらに山川にも2塁打が出ますが、レフト高部からの好送球で呉はタッチアウトとなります。

 

f:id:minato920:20220227064006j:plain

 

 直後の5回表、マリーンズは先頭の平沢が歩くと、池田の2塁打で三進、そして藤原の犠牲フライでホームに還り、再び勝ち越します。ただこの後が続かず、ここでもリードは1点のみとなります。

 

f:id:minato920:20220227064012j:plain

 

 するとその裏、ライオンズは先頭の鈴木が2塁打を放ち、続く愛斗の打球が1,2塁間を破るとホームを狙います。ライト岡からダイレクトに返球が届きましたが、松川のタッチをかいくぐって生還。ライオンズがまたも同点としました。

 f:id:minato920:20220227064018j:plain

 

 5回終了、グラウンド整備の間にレオとライナが登場します。

 

f:id:minato920:20220227064024j:plain

 

 スタンドの拍手をあおるレオとライナ。地方にいるとNPBの球場の演出を見る機会が非常に限られるので、貴重な機会です。

 この試合のスタッフに高知ファイティングドッグスの関係者も来ていたようなので、是非こういう演出を勉強してもらえると嬉しいですね。

 

f:id:minato920:20220227064030j:plain

 

 6回表、ライオンズは3番手に佐藤を起用します。こちらはドラフト2位の新人です。

 

f:id:minato920:20220227064035j:plain

 

 その佐藤はなんと2球で2アウトを取り、7番高部もゴロに切って取ったものの、処理が間に合わずに内野安打。するとマリーンズはそこから連続ヒットで、みたび1点を勝ち越します。

 

f:id:minato920:20220227064041j:plain

 

 その裏はマリーンズも投手交代。3番手には東妻が上がります。ライオンズはこの回3番呉からの攻撃でしたが、東妻は中軸を内野ゴロと連続三振で片づけます。

 

f:id:minato920:20220227064047j:plain

 

 直後はラッキー7.マリーンズは先頭の藤原、1死から山口が歩き、さらに暴投で進塁。ここで途中出場の佐藤がセンター手前にフライを放ち、これが犠飛になります。マリーンズ、ノーヒットで1点を加えました。

 

f:id:minato920:20220227064053j:plain

 

 そして7回裏。「吠えろライオンズ」は以前のバージョンです。

 

f:id:minato920:20220227064059j:plain

 

 アクションの準備に入るレオ。試合前にはバク宙を見せて場内をどよめかしていました。

 

f:id:minato920:20220227064105j:plain

 

 この日も見事なアクションです。

 

f:id:minato920:20220227064111j:plain

 

 久しぶりな割に良い瞬間が撮れました。満足です(笑)

 

f:id:minato920:20220227064118j:plain

 

 最後のポーズもしっかり決まります。流石にここまでマネを知ろとはドッキーにはとても言えません。

 

f:id:minato920:20220227064124j:plain

 

 ここでマリーンズのマウンドに上がったのは、昨年横浜から移籍した国吉。

 その国吉は先頭の鈴木に2塁打を打たれ、暴投で無死3塁のピンチを招きますが、ここでスイッチオン。愛斗と渡部から三振を奪うと、山村はファーストファウルフライで仕留め、無失点で抑えきります。

 

f:id:minato920:20220227064136j:plain

 

 8回は3イニング目の佐藤が三者凡退で表を終えると、裏には5番手となる山本が登場。こちらも四球1つのみで、ようやくゲームが落ち着きを見せます。

 

f:id:minato920:20220227063843j:plain

 

 9回表、ライオンズは佐藤に代えて田村を起用します。田村は先頭の池田こそ歩かせたものの、後続には仕事をさせず四者凡退で抑えます。

 

f:id:minato920:20220227063848j:plain

 

 そして9回裏、マリーンズはまたも投手交代。セーブシチュエーションを任されたのは、育成2年目の小沼です。

 

f:id:minato920:20220227063854j:plain

 

 一方のライオンズは先頭打者で代打岸を起用。スタンドが大いに沸きます。

 

f:id:minato920:20220227063900j:plain

 

 その岸ですが、小沼を相手に放ったのはボテボテのグラウンダー。良い勝負になるかと期待しましたが結果はそうでもなく、ショートゴロに終わりました。

 

f:id:minato920:20220227063906j:plain

 

 ライオンズはその後もヒットが出ず、最後は愛斗が空振り三振に倒れ、試合終了です。

 

f:id:minato920:20220227063912j:plain

 

 最終スコア。ヒットや四球があった割には両チームとも点は入らず、零点か1点かの2進法ゲームになってしまいました。

 

f:id:minato920:20220227063918j:plain

 

 試合が終わったばかりですが、グランドには投球マシンが出てきました。練習試合は終わりましたが、練習はまだ続きそうです。