3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

スマイルレール内陸線、秋田内陸縦貫鉄道を北から南に乗り通す(2019早春の東北一周No.19@あきた)

 

f:id:minato920:20190430142647j:plain

 

 秋田犬の意匠を凝らした車両は鷹巣駅を発車しました。ここから阿仁合駅での乗り継ぎで、秋田内陸縦貫鉄道の路線をその通り縦貫します。

 

 

f:id:minato920:20190430142641j:plain

 

 先程の産直店で買ったお弁当。500円でこのバラエティとヴォリュームですよ。しかもいぶりがっこがあるのは嬉しい限りです。

 

f:id:minato920:20190430143010j:plain

 

 鷹巣からしばらく林の中を走った列車が、最初の急行停車駅の合川に着きました。由来が分からないのですが、使われなくなった側線のホーム跡と思しき盛り土には、味噌でも漬けられそうな木の桶がそこかしこに置かれています。

 

f:id:minato920:20190430143005j:plain

 

 阿仁前田の辺りで、木版を大量に積み上げた出荷場(?)の傍を通ります。杉で知られる秋田県、今も林業は盛んなようです。

 

f:id:minato920:20190430143000j:plain

 

 内陸をずっと走り続けると、やはり雪景色が近づいてきたような気がします。それでも、まだ晩冬と言うより早春の風景、と言えるのは、雪解けの田畑を見ているからです。いや、早春と言わせて。まだ冬ってやだ。

 

f:id:minato920:20190430142954j:plain

 

 列車は乗り継ぎ駅の阿仁合に着きました。田園地帯や林の中ばかり走り抜けてきた気がするのですが、それでも「市」というのに意外感を覚えずにはいられません。

 

f:id:minato920:20190430142947j:plain

 

 乗り継ぐ列車はすぐにやって来ました。この時間帯のローカル線にしては珍しく2両連結です。

 

f:id:minato920:20190430143119j:plain

 

 乗り込んでみると、こちらで秋田犬がお出迎え。

 

f:id:minato920:20190430143125j:plain

 

 この平和そうな顔(笑)座席の柄も、言うまでもありません。

 

f:id:minato920:20190430143129j:plain

 

 そしてこの天井。先程に輪をかけてワンワンカーでした(衝撃

 ちなみに、こちらは先頭車両。後ろ1両は締め切っていて入れません。帰りの角館から、団体旅行者でも入ってくるのでしょうか。秋田県は以前に韓国ドラマのロケ地にもなっていたそうですし、かなりの山奥ではありますが、それでかえって外国人観光客は多いのかも知れません。

 

f:id:minato920:20190430143135j:plain

 

 車両ごとに塗装が異なる内陸線。車庫ではマタギをイメージした車両が昼寝中でした。

 

f:id:minato920:20190430143141j:plain

 

 こちらはかつての急行「もりよし」用車両3両。今も急行は毎日運転のはずですが、どういうわけか揃って車庫に留まっています。

 そんな阿仁合駅を出て、列車はいよいよ山間部に入っていきます。

 

f:id:minato920:20190430143347j:plain

 

 列車は阿仁川沿いに山を分け入っていきます。もはや早春の風景は去り、車窓は再び雪に覆われています。

 

f:id:minato920:20190430143342j:plain

 

 列車が速度を落としました。内陸線の名物、大又川橋梁に差し掛かったところです。景色を味わい、写真を撮りたい乗客のために、ここから橋をゆっくりと渡ります。

 

f:id:minato920:20190430143336j:plain

 

 が、肝心の写真を撮る方が慌ててしまってダメダメでしたorz 出直します……

 

f:id:minato920:20190430143330j:plain

 

 再び速度を上げた列車の周囲はさらに雪。陽光だけが暖かさを感じさせてくれます。

 

f:id:minato920:20190430143325j:plain

 

 雪が溶ければ水田が広がるはずの山里。今は春の訪れを静かに待っています。

 

f:id:minato920:20190430143815j:plain

 

 裸になった木々が、さらに寒々しさを訴えかける雪山。かと言って目を麓に逸らしても、見えるのは積もった雪の高さ。気候の厳しさから逃れることはできません。

 

f:id:minato920:20190430143808j:plain

 

 空も次第に雲が多くなり、ますますもって冬景色になってきました。

 

f:id:minato920:20190430143801j:plain

 

 なのでせめて明るく。撮影に失敗しただけだろってツッコミはなしでお願いします。

 

f:id:minato920:20190430143755j:plain

 

 山あいを縫って走ってきた列車は、比立内から阿仁マタギを出ると、5000メートルを超える長大トンネルで山を貫きます。そしてトンネルを出ても雪国、ほどなく戸沢駅に到着しました。ここが県内で標高が最も高い駅とのことで、これから徐々に春の風景に戻ってくるのだろうと、期待なのか何なのか分からない思いも出てきます。

 そして徐々に下っていく列車は、かつての終着駅松葉に到着しました。ここで台湾からと思しき団体の旅行客が乗り込んできたのですが、後ろの車両に行くと思いきや、引き続き締め切られたままで、先頭車両は一気に賑わいます。駅までは地元の方が案内をしていたようで、言葉が通じないのもなんのその、窓越しに別れのあいさつを交わすと、列車は出発していきます。

 

f:id:minato920:20190430143750j:plain

 

 角館が近づくと、いくら何でも雪は溶けていきます。山ですらもそうです。春が戻ってきました。

 

f:id:minato920:20190430144000j:plain

 

 そして列車は終点角館に到着。まだ「美人ライン」の看板が残っています。そして後ろは英語、繁体字中国語に続いてタイ語の案内が出ています。インバウンド対応も多様化したものです。

 ここからは再びJR線へ。団体客が駅を出てから、改札を抜けました。

  

[←前のエントリ]

www.3710920.com

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com