3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

JRで久慈から五所川原へ(2019早春の東北一周No.16・いわて→あおもり)

f:id:minato920:20190430132911j:plain

 

 もぐらんぴあから再びタクシーで陸中夏井駅へ戻ってきました。ここからはローカル線を乗り継いで、この日投宿する五所川原まで一気に北上します。

 

 

f:id:minato920:20190430132906j:plain

 

 昨日からの強風で列車が停まっていないか、時折粉雪が入ってくる駅舎で心配していたのですが、定刻になると無事八戸行の列車がやって来ました。やはり最新鋭の車両です。

 八戸線と言えば腕木式信号機という旧来の信号機がJRでは最後まで使われていたり、その廃止後も旧国鉄時代からの車両が長く使われていたり、「昔ながらの」というイメージが強い路線でした。ただ、今回訪れてそのイメージが一気に変わった気がします。

 

f:id:minato920:20190430132901j:plain

 

 列車は陸中夏井を出てからしばらく内陸を走りますが、陸中中野で太平洋沿いに出てきます。海の眺めが美しい路線ですが、この日は兎に角風が強い。県境の平内に着くと、ここから階上(はしかみ)駅まで速度を落として運転するとのアナウンスがありました。八戸での接続時間があまりないことを思い出し、また不安になります。

 

f:id:minato920:20190430132855j:plain

 

 そして階上まで着くと、様子見のためしばらく停車するとのこと。この時点で不安の中へ徐々に諦めが入り込んできます。ただ列車は2, 3分程停車したところで運転再開。そこから速度を上げて走っていきます。何とかなるかも知れない、今度は楽観が生まれます。

 しかし、八戸に着いたのは結局12分遅れ。予定した青森行は既にホームを出てしまっています。次の列車が出るのは1時間半以上後。待合室のある大きな駅とは言え、風雪の中をずっと待ち続けるには、体力と健康上の自信がありません。

 そこで急いで調べると、10分後に新青森までの新幹線があるのを発見!追加の出費は痛いですが、そんなことを言っている場合ではありません。急いで券売機できっぷを買い、ホームに向かいました。

 

f:id:minato920:20190430133206j:plain

 

 新幹線はやぶさ号は安定の定時運転。風も雪もものともせずに到着しました。ここから新青森までワープすれば、予定よりも早く五所川原に着いてしまいます。

 

f:id:minato920:20190430132849j:plain

 

 ご承知の方も多いと思いますが、北海道・東日本パスは特例区間を除いて新幹線や特急列車には使えません。ただ、八戸・新青森間は「新幹線Wきっぷ」という2枚組の企画きっぷがあって、少しは安く上がります。

 ただしこの区間の新幹線は全席指定で、このきっぷだと立席利用になります。空いている席には座れても、指定券を持っている人がいれば、どかないといけません。とはいえ、この列車に関しては八戸で降りる人が多く、あっさり座ることができました。

 

f:id:minato920:20190430133200j:plain

 

 落ち着くとお腹が減ります。実はこの時点で15時を回っていたのですが、なんだかんだでお昼ご飯を食べていなかったのです。ですが八戸でお弁当を買う時間もなく、ひとまず前日に久慈のスーパーで買った南部煎餅で当座を凌ぎます。

 そして新幹線は雪景色の中を何事もなく飛ばしていき、20分程で新青森に着きました。ここでもあまり時間はなく、すぐに弘前行の普通列車に乗り込みます。 

 

f:id:minato920:20190430133155j:plain

 

 先程「雪景色の中を」と書きました。だいたいこんな感じです。こちらは普通列車からの景色ですが、七戸十和田付近からの新幹線の車窓も、あまり変わったものではありません。高知では既に桜が咲いているそうですが、遠い世界の話です。

 

f:id:minato920:20190430133144j:plain

 

 電車は弘前駅に着きました。と言っても、こちらの電車に乗って来たわけではありません。かつこちらに乗り換えるわけでもありません。この電車は地元私鉄の弘南鉄道黒石行です。時間があれば、またこちらにも乗りたいんですけどね。数年前に乗った時、終点黒石で焼きそばを食べそびれたもので。

 

f:id:minato920:20190430133150j:plain

 

 乗り換えるのはこちらです。五能線の深浦行、それぞれ塗装の違う3両編成です。

 五能線は川部から能代までを結ぶローカル線で、川部は先程通り過ぎたところです。なんでわざわざこちらまで来たのかと言うと、川部駅は待合室こそあるものの、ホームが吹きさらしで寒そうだったこと、何より食料を調達したかったからです。はたして改札口には小さいながら売店があり、無事遅い昼食を手に入れることができました。

 

f:id:minato920:20190430133344j:plain

 

 売店で入手したのがこのパン。スポンジケーキのサンドなのですが、イギリストーストのシュガーマーガリンをサンドしたというのがポイントです。

  ここで「イギリストースト」というのを見てピント来た方、青森経験を結構お持ちですね? 山食パンにマーガリンとグラニュー糖をサンドしたパン、高知で言えばぼうしパンクラスの定番なのです。

 

www.kudopan.co.jp

www.pomit.jp

 

 リンク先によれば、「イギリストーストを食べたことがある?」は青森県人には愚問と言われるとのこと。なので私も尋ねたことはないのですが、それだけ県内で膾炙しているということでしょう。

 なので、このスペシャルはじめ派生商品もたくさんあるのですが、流石にイギリスフレンチトーストと言われると、どっちかにまとめられなかったのかとは思います。口の中がファショダ事件になりそうです。

 

f:id:minato920:20190430133339j:plain

 

 列車は川部駅から五能線に入ります。雪はますます激しく降り、ご覧の有様です。日本は広いですね(震え声)

 

f:id:minato920:20190430133334j:plain

 

 ただ今回も列車の運転には支障がなく、難なく五所川原に着きました。ここで本日の予定終了です。

 

f:id:minato920:20190430133329j:plain

 

 ローカル線での観光列車に力を入れるJR東日本日本海の絶景が楽しめる五能線では、リゾートしらかみ号が運転されています。乗ってはみたかったのですが今回は予定が合わなかったので、今後のお楽しみということで。

 駅から冷え込む街に出て、ホテルにチェックイン。そこから今晩と明日朝の食事を調達しに出かけます。寒いので遠出は控え、近所のコンビニに入ったのですが、ここが残念なことに地場の食品が一切なし。イギリストーストはおろか工藤パンの製品もなんら置いていない有様です。ならばどこかに食べに行けばいい気もしたのですが、土地勘がない上に、このところの寒気にどうもやられたらしく、長く外に出る元気もありません。仕方なく温かいものを仕入れ、ホテルに戻りました。

 

f:id:minato920:20190430133323j:plain

 

 ……と言いつつ、地場の酒だけは調達したところが、我ながらしぶといと言うか何と言うか。

 

[←前のエントリ] 

www.3710920.com

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com