3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

『アジア動向年報2022』刊行。今回もモンゴル編を担当しました

 

 2021年のアジア各国・地域の政治・経済・対外関係をまとめた『アジア動向年報2022』がアジア経済研究所から刊行されました。今年度版もモンゴル編を担当させていただきました。

 

 

 アジア経済研究所が毎年のアジア各国・地域の政治・経済・対外関係をまとめて刊行している『アジア動向年報』。今年2022年版がこのほど書籍及びweb版で公開されました。

 このうち、モンゴル編は今回も当方が担当させていただきました。2021年のモンゴルは2020年末に国内拡大が始まったCOVID-19への対策に追われる1年でしたが、その一方で首相交代や大統領選挙、経済立て直しに向けた大型計画の開始、対ロシア国交樹立100周年(今となっては遠い出来事のようですが……)等々、重要な出来事が相次いでいます。

 今回のモンゴル編では、それらの動向の解説と日誌に加え、2021年の統計及び国家機構・要人一覧等をまとめています。この辺の構成は例年通りですが、COVID-19で経済指標は乱高下していますし、要人の多くは2020年から入れ替わっているので、モンゴルの現在について知識のアップデートには役立つと思います。もちろん、他国・地域についても、現状を整理する際には大いに助けになるでしょう。

 書籍版は各地の書店に加え、webでもご購入いただけます。

 

 

 ただし、東アジア・東南アジア・南アジアの各国・地域について逐一まとめたものとなれば、値段は張ります。自分で買うのはちょっと、という方は、お近くの図書館に購入依頼をかけてください。こういっちゃなんですが、目先のベストセラーをねだるよりも、こういう地道な資料を揃えるようお願いする方が、職員さんの士気は上がるのではないかとは思うんですよね。

 なお、web版はアジア経済研究所のリポジトリ"ARRIDE"で公開されます。今のところ準備中ですが、近日中に各国・地域とも出揃うはずですので、前もってリンク先を示します。

 

ir.ide.go.jp

 

 今後は2023年版以降、あるいは2000年代から遡っての10年ごとのバンドル版、それぞれ刊行計画があるとのこと。期待して待ちましょう!