3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

審判もプロフェッショナル・高知ファイティングドッグス対愛媛マンダリンパイレーツ@高知(2021.4.24.)

f:id:minato920:20210425084645j:plain

 

 9日に中止になった試合の代替試合が24日に組まれました。もともとナイトゲームで香川戦があったところ、昼間に入って変速ダブルヘッダーに。2試合とも7イニング制での試合です。

 

 

f:id:minato920:20210425084724j:plain

 

 高知ファイティングドッグスの先発は岡部。球場に着くのが遅れて1回表は見逃したのですが、スコアによればヒットを出したものの盗塁を刺して結果3人終了とのことでした。

 

f:id:minato920:20210425084731j:plain

 

 すると、対する愛媛マンダリンパイレーツの先発萩原に対し、いきなり高知打線が襲い掛かります。

 

f:id:minato920:20210425084651j:plain

 

 先頭の尾野がヒット、1死となってからサンフォが歩き、4番吉岡のタイムリーでまず1点。

 

f:id:minato920:20210425084659j:plain

 

 続く大下にもタイムリーが出て2点目。

 

f:id:minato920:20210425084706j:plain

 

 2死となってから長谷部もセンター前に転がして3点目。

 

f:id:minato920:20210425084717j:plain

 

 さらに大原には右中間を破ってフェンス到達の3塁打。高知が打者一巡で5点を挙げます。

 

f:id:minato920:20210425084739j:plain

 

 続く2回には1死1,2塁からまたも吉岡にタイムリー。2塁走者有田が生還、その後サンフォも本塁を狙いますがやや欲張ったか、本塁上でタッチアウト。

 ……かと思いきや、どうもおかしい。捕手がホームベースの真上に立っていて、走路を空けていなかったのです。今の野球規則ならコリジョン・ルールが適用されそうなところです。

 

column.sp.baseball.findfriends.jp

 

f:id:minato920:20210425084746j:plain

 

 ここで審判団が協議。中身は分かりませんが、先程の捕手のプレーについてで間違いないでしょう。

 

f:id:minato920:20210425085036j:plain

 

 そして愛媛河原監督を呼んで判定について説明。監督は納得いかないようですが、ルールはルールです。その後審判のアナウンスがあり、サンフォの得点が認められて1死2塁で再開ということでした。

 

f:id:minato920:20210425084754j:plain

 

 高知は3回にも1死2,3塁から尾野のショートゴロの間に1点を挙げますが、直後に岡部が調子を乱します。死球2つにヒットで2死満塁としてしまい、6番小田原にライトへのタイムリーを許し2失点。ここで1塁走者もホームを狙いますが、間一髪でアウト。これに河原監督が抗議しますが、判定は覆りません。一方の審判団にとっては、この日2度目のハイライトとなりました。

 

f:id:minato920:20210425084547j:plain

 

 すると、高知は裏にすぐさま2死2,3塁のチャンスを再び作ります。ここで7番長谷部が放った打球をショートがファンブル。この間に1点を追加します。

 

f:id:minato920:20210425084558j:plain

 

 5回、愛媛は萩原をようやく降ろし、2番手に河本を送り込みます。河本は先頭の大原にこそ死球を与えたものの後続をきっちり抑え、高知打線を落ち着かせます。

 

f:id:minato920:20210425084605j:plain

 

 6回表には高知も投手交代。今田がマウンドに上がると、こちらも先頭を歩かせてからの四者凡退とします。

 

f:id:minato920:20210425084613j:plain

 

 その裏、愛媛の3番手に上がったのは岩永。今度はヒットからの四者凡退です。

 

f:id:minato920:20210425084621j:plain

 

 そして最終回には松下が登板。こちらは先頭打者を抑えますが、2死からヒットを許します。

 

f:id:minato920:20210425084628j:plain


 しかし後は続かせずにゲームセット。高知が変速ダブルヘッダーの初戦で大勝です。

 

f:id:minato920:20210425094253j:plain

 

 インタビューに呼ばれたのは投打の立役者です。まずは5回2失点の岡部。

 

f:id:minato920:20210425094302j:plain

 

 続いては吉岡。猛打賞に加えて2打点2得点の大活躍でした。

 

f:id:minato920:20210425084635j:plain

 

 最終スコア。愛媛が2得点しているとはいえ、両チームの勢いが如実に表れた試合となりました。

 これで高知は2位香川に1ゲーム差、第2試合の直接対決に余裕をもって臨めます。対する愛媛は8試合で6敗2分という惨状。河原監督とともに苦難を乗り越える日まで、辛抱が続きます。