3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

意地の逆転劇・高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス@高知(2021.6.11.)

f:id:minato920:20210611234341j:plain

 

 四国アイランドリーグplus前期最終盤、試合消化が早い高知ファイティングドッグスはこの時点で3試合を残すのみ。いずれもホームで3連戦、初戦は徳島インディゴソックスとの試合です。

 

 

f:id:minato920:20210611234334j:plain

 

 本日のスタメン。松尾やサンフォがいないのですが、情報がありません。登録抹消にはなっていないようですが……

 

f:id:minato920:20210611234326j:plain

 

 この日は山崎が先発。初回2回は無失点と順調な立ち上がりです。 

 

f:id:minato920:20210611234347j:plain

 

 一方の徳島の先発は白川。初回三凡、2回は2死から走者を出して後続アウトと山崎と同じ流れで続きます。

 

f:id:minato920:20210611234355j:plain

 

 先制したのは徳島でした。3回表、死球で出た走者が盗塁とヒットで進み、2番宇佐美の犠牲フライで1点を得ます。

 

f:id:minato920:20210611234404j:plain

  

 しかし高知はすぐさま反撃。先頭の福井がプロ初安打で出塁すると、1死1,2塁から松尾のタイムリーでまずは同点にします。

 

f:id:minato920:20210611234414j:plain

 

 そして濱のヒットで走者が進むと、吉岡がセンターへの犠牲フライを放ち、逆転に成功します。

 

f:id:minato920:20210611234422j:plain

 

 その後は再び膠着状態となり、2-1のまま5回終了。恒例の抽選会にはサンフォが久々の(?)登場です。

 

f:id:minato920:20210611234217j:plain

 

 再び試合が動いたのは7回裏。高知は1死から下位打線がヒット2本と四球で満塁のチャンスを作ります。そして打順がトップに戻ったところで、徳島吉田監督は白川に代えて河野を送ります。

 

f:id:minato920:20210611234210j:plain

 

 その河野に対し、今度は上位打線が襲い掛かります。1番有田はセンターにタイムリー2塁打を放ち、走者2人が還ります。

 

f:id:minato920:20210611234226j:plain

 

 そして2番松尾が犠牲フライ。これで徳島をさらに突き放しました。

 

f:id:minato920:20210611234233j:plain

 

 続く8回、徳島は平安山が登板。こちらは三者凡退で抑えます。

 

f:id:minato920:20210611234241j:plain

 

 そして9回表、4点差ですが平間がマウンドに上がりました。

 

f:id:minato920:20210611234248j:plain

 

 その平間は三者連続三振の完璧な投球で、そのままゲームセット。高知が勝ち切りました。

 

f:id:minato920:20210611234255j:plain

 

 最終スコア。1失点はしたとは言え、きれいな勝ち方です。

 

f:id:minato920:20210611234303j:plain

 

 ヒーローインタビューには、先述の通り初安打を放った福井が登場しました。

 

f:id:minato920:20210611234310j:plain

 

 続いては濱が登場。負けられない試合で何とか結果を残せました。