3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

福寿草まつり2021に行ってきました+おまけ

f:id:minato920:20210220155530j:plain

 

 数日前に各地で雪が積もったばかりの高知県ですが、2月ももう下旬です。近づいているはずの春を見つけに、大豊町南大王集落で開催中の福寿草まつりに行ってきました。

 

 

 福寿草まつりは毎年2月に行われてきたのですが、いずこも同じ少子高齢化と人口減で、2017年にいったん休止に追い込まれました。しかし、周辺集落や町の勧め、さらに僭越ながら本学、高知大学地域協働学部学生の企画提案もあり、2019年に復活したのです。

 

(参考)2017年のまつり休止に関するエントリ 

www.3710920.com

 

(参考)2019年、まつり再開時のエントリ

www.3710920.com

 

 そういう経緯があったのですが、 去年は諸事情で行けず。それだけに、今年は是非とも訪れたかったのでした。

 

f:id:minato920:20210220155116j:plain

 

 高知市内から車で1時間とちょっと。最後は山間を縫うように小径を走り(後でご紹介します)、大豊町南大王集落にやってきました。実に2年ぶり、ただ前回は病み上がりで妻に運転してもらったので、自力で来たのはもっと前のことです。

 

f:id:minato920:20210220155123j:plain

 

 福寿草は集落の遊歩道沿いに多く咲いています。駐車場に詰所があるので、協賛金1人500円を支払ってから、遊歩道を歩きます。

 

f:id:minato920:20210220155131j:plain

 

 福寿草まつりの出発点。ここからはずっと上り坂、日によっては道が凍るので、必ず歩きやすく滑りにくい靴で来られるようお勧めします。

 

f:id:minato920:20210220155138j:plain

 

 日陰は先日の雪がだいぶ残っていますが、それを割って福寿草が咲いています。

 

f:id:minato920:20210220155146j:plain

 

 この写真だけだと信じられないかも知れませんが、南国土佐の風景です。

 

f:id:minato920:20210220155153j:plain

 

 こんな感じで、日陰は溶け残る雪の中を福寿草が浮かんでいます。

 

f:id:minato920:20210220155201j:plain

 

 かたや日向では雪が消えていて、春の風景になっています。

 

f:id:minato920:20210220155208j:plain

 

 山肌のあちらこちらに咲く福寿草。寒いけれども花はバッチリ、とふもとで聞いていた通りです。

 

f:id:minato920:20210220155630j:plain

f:id:minato920:20210220155638j:plain

 

 咲いているのは福寿草だけではありません。市内からの梅前線が、山里にも訪れていました。

 

f:id:minato920:20210220155609j:plain

 

 晴れ渡った澄んだ空。振り返ると向こうは八畝集落、足元には先程の駐車場が見えます。100メートルも歩いていないはずで、それだけの上り坂です。


f:id:minato920:20210220155223j:plain

 

 遊歩道を3分の1ぐらい歩いたところ。ここからさらに福寿草の咲く中を歩いていきます。

 

f:id:minato920:20210220155246j:plain

 

 福寿草の時期は、ちょうど南天の実がなる時期です。写真にすると見づらくなってしまうのですが、今年もよくなっています。

 

f:id:minato920:20210220155238j:plain

 

 南天の足元でも、福寿草が今を盛りと咲いています。

 

f:id:minato920:20210220155231j:plain

 

 大きく花開いた福寿草。まだ冬景色の中で、春が訪れることを大声で告げています。

 

f:id:minato920:20210220155316j:plain

 

 さらに遊歩道を歩いていきます。足元にはあちらこちらに福寿草

 ここから遊歩道の終点となる蛇体神社までは、コメントなしで画像のみをお楽しみください。

 

(BGM)吉松隆「ピアノ協奏曲『メモ・フローラ』第3楽章"Bloom"」

www.youtube.com

 

f:id:minato920:20210220155254j:plain

f:id:minato920:20210220155301j:plain

f:id:minato920:20210220155308j:plain

f:id:minato920:20210220155323j:plain

f:id:minato920:20210220155330j:plain

f:id:minato920:20210220155602j:plain

f:id:minato920:20210220155404j:plain

f:id:minato920:20210220155412j:plain

f:id:minato920:20210220155419j:plain

f:id:minato920:20210220155427j:plain

f:id:minato920:20210220155444j:plain

 

 

 

f:id:minato920:20210220155554j:plain

 

 蛇体神社前までやって来ました。ここが遊歩道のゴールになります。

 

f:id:minato920:20210220155500j:plain

 

 福寿草の里の道標、どうも見慣れない感があって調べたら、新しくなっているようです。大げさになりますが、集落が今後に向けた投資を行えるようになったわけで、心強さを覚えます。

 

f:id:minato920:20210220155452j:plain

 

 神社に来るのも2年ぶり。以前神祭に加わらせていただいた時のことを思い出しました。

 

f:id:minato920:20210220155516j:plain

 

 神祭の時には、こちらに上がらせてもらったのでした。もう3年も前の話になるんですね。

 

f:id:minato920:20210220155523j:plain

 

 今年はコロナ禍のため、軽食の提供はなし。それでも、大きな囲炉裏では田楽……かと思ったら、ジャガイモの串でした。

 ともあれ、囲炉裏を囲む風景は、今年も守られました。

 

f:id:minato920:20210220155623j:plain

 

 帰り道、舗装道の道端でも、福寿草が咲いていました。

 

f:id:minato920:20210220155616j:plain

 

 小さな小さな福寿草。でも、どこか折れない強さを感じる花です。

 

 ところで、突然ですが明日2月21日(日)、福寿草まつりで大抽選会があるそうです!

 先着150名様にハズレなしの大盤振る舞いです。詳しくは下記Facebookページをご覧ください。

 

www.facebook.com

 

 また、初めての方にとって、南大王集落への行き方はちょっと分かりにくいかも知れません。そこで、東豊永集落活動センターさんが国道439号線粟生トンネルからのルートを早回しで紹介されているので、ぜひご活用ください。

 

youtu.be

 

 ちなみに、粟生トンネルまでは、高知道大豊インターチェンジを出て右折して、トンネルを越えたところ、国道32号線との交差点を左折。これが国道439号線との共用区間なので、ある意味国道439号線を道なりに進むことになります。

 しばらく進んで、JR土讃線豊永駅手前に、国道32号線・439号線の分岐点があります。こちらです。

 

www.facebook.com

 

 ここで右折して進めば、粟生トンネルまで行けますので、あとは動画の通りにお進みください。

 

【おまけ】

 

f:id:minato920:20210220155645j:plain

 

 先程も書いた通り休憩所での軽食がなかったこともあり、お昼ご飯はずっと行きたかった「ひばり食堂」で食べることにしました。

 

www.otoyo-kankou.com

 

 

 「デカ盛りの聖地」の二つ名はダテではありません。美味しいものをドカンと盛ってくれるから聖地なのです。

 

f:id:minato920:20210220155654j:plain

 

 今回は気になっていたしゅわんぼう丼(900円)を頼んでみました。要は猪肉ミンチ丼です。

 で、でーん!と来たのがこちらです。

 

f:id:minato920:20210220155701j:plain

 

 見よ、このカツの卵とじの厚さ!その下はだくだくのダシとご飯です。湧いて出てくるカツを食べている間にご飯がダシを吸うので、早食いの方でなければスプーンなしでも食べられてしまいます。

 もちろん残さず食べましたが、おかげで晩ご飯はほぼ省略です……