3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

高知移転5周年を迎えて

f:id:minato920:20200321081215j:plain

 

 本日で高知に移転してから5周年になりました。先の見えない中ですが、とにもかくにも6年目がスタートします。

 

 

 当方が高知に移ってきたのは、ご存じの通り、5年前の4月に新たに開設された高知大学地域協働学部に着任したためです。

 それから5年が経ち、第2期の卒業生を昨日送り出し、そろそろ学部も軌道に乗って落ち着く頃……かと思ったのですが、まさかの新型コロナウィルス感染拡大。弊学部のカリキュラムからして、学外の実習地での学びが軸になるのに、かつ新学期も目前に迫っているのに、ほとんど何もできない状況です。

 ただ、そんな中でも身近なところに目を転じれば、先週には臨時休業していたひろめ市場や高知城天守閣が再開、一昨日には日曜市も戻ってきました。季節のイベントで、今年も何とか行われているものもあります。

 もちろん、今後また状況が悪化するかも知れません。まだまだ五里霧中です。ですが、少し前までは、言うなら一里先すら見えなかったようなもので、少しずつ光明は見えてきた気がしています。表現が適切かどうか不安ですが、それでも、今この時期に高知に拠点があって良かったのかも知れない、とは率直に思います。

 そんな高知で、6年目に何ができるのか。この1年は相当の知恵と工夫が求められます。簡単ではありませんし、今ここで披露できるアイディアもないのですが、ひとまず様々な方々の助力や支援を得つつ、取り組んでいこうと思っています。