3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

プロジェクト第2回は佐賀北部のマップづくり(2019.7.3.地域実習振り返りレポート・第4期佐賀北部班)

f:id:minato920:20190713105955j:plain

 

 7月3日は今年度2回目の「水曜放課後プロジェクト」です。ただ当日は雨が予想されていて、実際当日はご覧の空模様。本当なら外に出たかったのですが、早々に予定変更、屋内でのプログラムを行うことになりました。

 

 

 ちなみに「水曜放課後プロジェクト」ってナニ?と言う方、まずはこちらのエントリをご覧ください。

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20190713110003j:plain

 

 今回のテーマは「ええとこマップづくり」。

 この日の水曜放課後プロジェクトは、学部の1年生も加わって行います。その中には佐賀北部初訪問になる学生もいます。

 そういう学生に対して、地元の小学生の目線で、地域を紹介してもらおうというのが今回の企画です。自分たちが住む地域について、どんなものを取り上げて、どうマップに描き込んでいくのか、興味深いところです。

 もっとも、できたマップはあくまで児童たちのもので、私が勝手に紹介するわけにはいかないので、ここでは割愛させていただきます。悪しからず。

 ただ、こちらの印象をひとつだけ述べておきますと、(学生も言っていたのですが)文字説明が多かったかな、というのがあります。道路や川や鉄道は図示するとして、それ以外のポイントは文字説明が目立ちました。

 マップ=絵となりそうなものなので、意外と言えば意外です。ただ、絵だとどうしても上手下手が気になってしまう、というのはあったのかも知れません。かくいう私も美術系はまるでダメですし(苦)。あるいは、語句や文の方が直截的な説明ができる、と考えたのかも知れません。この点は、もう少し理由を訊いてみたかった気もします。

 ともあれ、今回も無事企画は終了。ただ休んでいる暇はなく、今月中に次回企画も控えています。いろいろ要改善点も分かったので、今後に活かしていければと思っているところです。

 ちなみに、学部公式サイトでのレポートは以下からどうぞ。

 

www.kochi-u.ac.jp