3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

横手から奥羽本線で南下、南陽から山形鉄道フラワー長井線へ(2019年早春の東北一周No.21・あきた→やまがた)

f:id:minato920:20190430145010j:plain

 

 東北一周の旅も6日目、ここまで福島、宮城、岩手、青森、秋田と回ってきました。この日は最後の目的地、山形県に向かいます。出発前の腹ごしらえは、ナウなヤング感が漂います。

 

 

f:id:minato920:20190430145003j:plain

 

 奥羽本線の普通電車で横手を発って、まずは山形の新庄へ。

 秋田県内だけならまだしも、山形との県境を越える電車はぐんと少なくなります。山形に入ってからの普通電車の乗り継ぎも、必ずしもスムーズではありません。この日は移動距離はあまりないので、朝はゆっくりしたかったのですが、気づけば早くからの出発になってしまいました。

 

f:id:minato920:20190430144958j:plain

 

 電車が県境に近づくと、再び雪がうず高く積もる風景の中に入ります。駅名標とこの雪の量、多くは申しますまい。

 

f:id:minato920:20190430144953j:plain

 

 さらに電車は奥地に入っていきます。かつては特急電車が頻繁に行き来した幹線も、山形・秋田新幹線の開通で、今はほとんど地域輸送だけの区間になってしまいました。それでも何とか雪を除け去り、鉄路は守られています。

 

f:id:minato920:20190430144947j:plain

 

 勢いよく県境を越えた電車が山形県に入り、最初の及位駅に着きました。どういう土地でも難読駅はありますが、昨日見た笑内と並ぶ難しさです。

 

f:id:minato920:20190430145248j:plain

 

 電車はさらに平野部に降りていくと、再び雪解けの風景に戻ることができました。東北に来てから、何度も冬と春を行き来しています。

 

f:id:minato920:20190430145243j:plain

 

 電車は終点の新庄に着きました。奥の細道にあやかった川舟が駅に飾られています。その隣には天狗のような顔出しパネルがありますが、顔のイラストを描いてからくりぬいたのでしょうか、目の跡が残ってます。

 

f:id:minato920:20190430145238j:plain

 

 改札を出たところ、駅ビルの中に大きな山車がありました。8月末の新庄まつりで市内を練り歩く屋台だそうです。昨日の五所川原のねぶたの豪壮さに対して、こちらは凝りに凝った造りですね。

 

f:id:minato920:20190430145232j:plain

 

 ふと見ると、こちらは先程の顔出しパネルの正体でしょうか。あの冨樫義博先生が新庄市のご出身ということで、描かれたということです。

 

f:id:minato920:20190430145225j:plain

 

 ここからは同じ系列ですが、紫の電車からレール幅の違う緑とオレンジの電車へ。山形新幹線と同じ線路を走る普通電車に乗り継いで、さらに南を目指します。

 

f:id:minato920:20190430145524j:plain

 

 電車は快調に山形まで着きました。ここから新幹線……というわけではなく、別のホームに停まっている普通電車に乗り換えて、発車を待っているところです。そして東京からの「つばさ」号が到着するのを待ってから、電車は米沢に向けて出発しました。

 

f:id:minato920:20190430145516j:plain

 

 山形から30分後、電車は南陽駅に着きました。出迎えてくれた「鶴の恩返し」のキャラクターに、昨日見たあきたこまちのキャラクターからの造形の変化を感じずにはいられませんでした。

 

f:id:minato920:20190430145511j:plain

 

 赤湯駅の中には地元の銘品・特産品をいろいろと扱う「駅の駅なんよう」があります。この2羽のうさぎはそのキャラクター、「ビバ」と「ベジ」です。

 

www.city.nanyo.yamagata.jp

 

f:id:minato920:20190430145506j:plain

 

 気になるものはいろいろあったのですが、何よりお昼時。新庄で軽めのお弁当図ったのですが、もう少し何か欲しかったところ、山形名物玉こんにゃくを発見。安くて旨くて旅情を感じる、貧乏旅にはこれ以上ない格好のご当地グルメです。しかもその場で温めてくれるそうなので、お願いすることにしました。

 

f:id:minato920:20190430145501j:plain

 

 というわけでお昼ご飯。見た目以上にバラエティーがあるのにワンコインランチです。所謂名物以外でも、地元で手作りのお弁当を食べるのも旅の楽しみというものです。

 

f:id:minato920:20190430145804j:plain

 

 ご飯を食べたらホームに出るのですが、今度はJRではなく、跨線橋を渡り、赤湯から出発する第三セクター鉄道山形鉄道フラワー長井線のホームに向かいます。

 

f:id:minato920:20190430145759j:plain

 

 桜色のディーゼルカーが発車を待っています。寒い時期なので引き戸のドアは締め切られていて、手動で開けて中に入ります。車内には我々以外にも旅行中と思しき乗客がいて、少しだけ賑わっています。そしてほどなく、列車は南陽駅を発車します。

 

f:id:minato920:20190430150627j:plain

 

 フラワー長井線は赤湯から荒砥まで、約30キロの間を走る路線です。ただ、今回は赤湯から2駅しかない宮内駅ですぐに下車しました。

 この駅に、どうしても会いたかった方がいるのです。

 

[←前のエントリ]

www.3710920.com

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com