3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

高知ユナイテッドSCサポーターズ名刺が届きました

f:id:minato920:20200906164135j:plain

 

 高知ユナイテッドSCを発足以来見続けて5年目、サポーターとしての名刺を持ちました。

 

 

f:id:minato920:20201122171913j:plain

 

 こちらが名刺です。数は十分なだけに、どういう機会で配布していくかを考えていかないといけません。

 

f:id:minato920:20201122171907j:plain

 

 拡大しました。スタジアムでゆる~く観戦していたはずが、気がつけば本部メンバーです(笑)

 そして会員ナンバーは41番。良い番号を頂きました。多くの方には野球日本代表、いわゆる侍ジャパン監督として有名でしょうが、私にとってはヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)、そして北海道日本ハムファイターズで一時代を築いた稲葉篤紀さんの代名詞となる番号です。

 ってかサッカーだろ、と思った方。そもそもサッカーでこの大きさの番号はまず見かけないんですよね。プレミアリーグでは少しいた(今もいる)ようですが。

 

news.livedoor.com

 

 ただ気になって調べたら、川崎フロンターレMFの家長選手が背番号41でした。

 

www.frontale.co.jp

 

 というわけで家長選手、J1史上最速優勝おめでとうございます!

 そしてもう一人の選手が、知る人ぞ知る120円Jリーガー、YSCC所属安彦考真選手!

 

soccer.yahoo.co.jp

 

 この番号を頂いたのは、高知ユナイテッドSCが目指すべきJリーグの奥深さを知れ、ということなのかも知れません。

 そして気になるのが中央のキャラクター。

 

f:id:minato920:20201122171900j:plain

 

 高知ユナイテッドSC、マスコットキャラクターがまだいないんですよね。前身の1つのアイゴッソ高知にはいたそうですが。

 それだけに、今後さらなる展開があるのか、気になってしまいます。そんなことないですか皆さん、ねぇ!?←読者とフロントに圧力

 

f:id:minato920:20201122171921j:plain

 

 裏には本部会員登録のQRコード、そして理念と方針が示されています。

 高知ユナイテッドSCの歴史だけなら、発足年から知っているので問題ないと言えばありません。

 ですが、その背後には、先に述べたアイゴッソ高知、そしてもう1つの前身の高知Uトラスター、さらには高知県のサッカーの歴史がある。これから知るべきことは少なくありません。

 そして3つ目の理念。これこそ「口だけで終わらすな」という言葉が極めて大事になります。ではそのために何ができるか、そこに私の果たすべき役割が、少しでもあるかも知れないと思っています。

 なお、こちらの名刺は当方個人研究室に昨日掲示しました。もちろん配りまくりますので、欲しい方はぜひお気軽に私のところまで来てください。いや、ぜひともスタジアムでお会いしましょう!