3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

高知ファイティングドッグス対香川オリーブガイナーズ観戦記(2020.10.10.2.)

f:id:minato920:20201011080353j:plain

 

 雨天中止が続いたために、10月10日はダブルヘッダーになりました。ただ仕事と用事ががあって観戦は第2試合からになります。

 

 

f:id:minato920:20201011080407j:plain

 

 この日は試合前に高知市の「おまち」(中心街)に出て、大橋通商店街で晩酌セットを仕入れて行きました。本当はつくねがもう1個あったのですが、空腹に負けて食べてしまいました……

 

f:id:minato920:20201011080245j:plain

 

 久々の球場での生ビール。カップには吉田豊彦監督のイラストが描かれています。

 が、引退試合での名言が……あの日は「トヨの涙雨」と言われた感動の展開だったんですけどねぇ。

 ともあれ、見続けた優勝の夢は、高知へ。首位徳島とは相変わらず2ゲーム差、いくらでもひっくり返る程度のものです。

 

f:id:minato920:20201011080400j:plain

 

 第2試合先発は岡部。2アウトまでは良かったのですが、3番妹尾に2塁打を撃たれてしまいます。

 

f:id:minato920:20201011080252j:plain

 

 続く4番ソン・ホギュン。追い込んでからファーストゴロに打ち取ったかに見えましたが、突然ボールが跳ね上がり、ボールはライト前へ。不運なイレギュラーバウンドで先制されます。

 

f:id:minato920:20201011080259j:plain

 

 対する香川の先発は大高。高知は先頭の勝岡が2塁打で早々に反撃のチャンスを作りますが、後が続きません。

 この後試合は投手戦に。4回表には香川が1死満塁とするも、岡部が後続を三振と遊ゴロに打ち取って切り抜けます。

 

f:id:minato920:20201011080306j:plain

 

 いろいろなファンサービスが中止を余儀なくされる中、4回表のハイボールチャレンジは継続。チャレンジャーが高く投げられたボールをキャッチできれば4回裏の間ハイボールが半額になるというものです。

 この日もチャレンジは無事成功。前回は休肝日でしたが、この日は恩恵にあずかりました(笑)

 一方、高知はこの4回裏にチャンスを作るも、あと一本が出ず無得点。試合はすっかり膠着して、7イニング制の折り返しになります。

 

f:id:minato920:20201011080314j:plain

 

 その後も両投手は一歩も譲らず試合は進みますが、6回裏に高知がヒットと送りバントで1死2塁とすると、香川は投手交代に打って出ます。

 ここで呼ばれたのはルーキー廣瀬。四球とヒットで満塁としますが、後続を連続三振として事無きを得ます。

 

f:id:minato920:20201011080321j:plain

 

 そして最終回、高知は岡部に代えて左腕高橋を送ります。高橋はきっちり3人で抑え、味方の反撃を待ちます。

 

f:id:minato920:20201011080330j:plain

 

 その裏、香川は1点差を守るべく龍頭を投入。短期戦にもかかわらず14セーブを挙げているクローザーです。

 

f:id:minato920:20201011080337j:plain

 

 その龍頭を高知はまったく崩せず、こちらも三者凡退で終了。香川が最少得点で逃げ切りました。

 

f:id:minato920:20201011080345j:plain

 

 最終スコア。第1試合に買っていただけに悔やまれる敗戦です。

 とはいえ、首位徳島との直接対決が7試合も残っています。次の11日には早速越知球場での対戦、優勝争いはいよいよ佳境に入ります。