3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

【速報】高知ユナイテッドSC、日本フットボールリーグ(JFL)昇格決定!!

f:id:minato920:20190409075357j:plain

 

 やりました!高知ユナイテッドSC全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019で第2位に入り、来年の日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めました!

 

 

 四国サッカーリーグを14戦全勝の3連覇で勝ち上がり、3年連続の地域チャンピオンズリーグ挑戦権を得た高知ユナイテッドSC。1次リーグは地元春野球技場開催という地の利を得て決勝リーグ進出決定も、最終戦で関西の覇者おこしやす京都ACに0-2で敗れてグループ首位は勝ち取れず。不安を残した中で決勝リーグを迎えることになりました。

 

www.3710920.com

 

 そして20日に始まった決勝リーグ。第1節は東北サッカーリーグ優勝、地元いわきにほど近いJヴィレッジスタジアムでの開催に燃えるいわきFCとの対戦で、高知ユナイテッドSCは0-3の完敗。JFL昇格に限りなく赤信号に近い黄色信号が灯りました。

 しかし、高知ユナイテッドSCの面々は諦めていませんでした。負ければ終わりの第2節は、悲願のJFL入りに挑み続ける地域の強豪、北信越サッカーリーグ優勝チームの福井ユナイテッドFCを相手に3-1で勝利、決勝リーグでは初めての勝ち点3を得ます。

 この前の試合でいわきがお京都に1-0で勝利したため、いわきFCが勝ち点6でJFL昇格を決定。残る1枠を高知とお京都が第3節の直接対決で争うことになりました。しかし得失点差から、お京都は引き分けでも昇格、高知は勝つしかない厳しい戦いになったのです。

 そして第3節。Jヴィレッジのバックスタンドは高知サポーターにいわきFCのサポーターも加わり(本当にありがとうございます!)、数と声でお京都を圧するばかりの勢いを示します。そんな中、高知は1次リーグでの対戦から見違えるほどの攻めを見せ、そして前半19分に西村が先制。その後はお京都の猛攻にさらされますが、なんとか前半を耐えきって1-0で折り返します。

 そして後半、お京都は61分にイブラヒム、サバン、エリックを一気に投入して攻勢を強めようとします。ところが、63分に高知では西村に代わり前原が入ると、その前原が直後の64分にすぐさまゴール。苦しい場面で逆にリードを拡げます。

 この後、お京都はエリックとイブラヒムの攻めから山本がゴールを割りますが、直前にイブラヒムがGK奥田に突っ込み、チャージを取られ得点は認められません。逆に高知は終了間際の87分に田口が速攻からゴールに押し込んで最後の決め手となる3点目を獲りきります。

 お京都はアディッショナルタイムコーナーキックから1点を返すもその後は高知がきっちり守り切ってフルタイム。高知ユナイテッドSCが勝ち点6で準優勝、念願のJFL入りをついに実現しました!

 

www.jfa.jp

 

www.kochinews.co.jp

 

 これまでJリーグ進出は夢であり、JFL昇格がそのための目標でした。来年からはJリーグ進出が夢から目標になります。

 ただ、そのためにやるべきことは山ほどあります。JFLからJ3リーグに進出するには、上位4位以内に入らないといけません。もちろん、J3ライセンスの条件を満たすクラブにもならないといけません。これまではホームゲームは無料、観客数も概算で良かったのですが、来年からは1試合当たりの有料観客数2,000人以上がノルマとなります。

 それに、今までは四国の中だけで戦っていたのが、来年は北は青森、南は宮崎までを転戦することになります。もちろん対戦相手は自分たちより格上ばかり、残留するだけでも大変なことです。

 ですが、今日のような試合が続けられれば、決して不可能ではないと思います。そして、困難だが輝かしい目標に挑み続け、少しずつでも結果を示していくことは、高知県の人々に自信を与えることにつながることでしょう。

 そして、その挑戦を応援する人々がいます。Jヴィレッジに集まったサポーターに加え、この日は急遽高知市内でパブリックビューイングも開催されました。それ以外にも、ウェブでの試合中継を各地で見届けたサポーターがいるのです。私もその一人です。

 そんな人々が繋がり、さらにその繋がりが大きくなっていけば、目標はさらに実現に近づきます。これは感傷でも何でもありません。観客動員の数値目標、クラブの経営基盤強化を達成するには、サポーターの輪が拡がることが大事でないわけなどないからです。

 など、書きたいことはいろいろ出てくるのですが、今日は感慨に浸りたいので、このぐらいにしておきましょう。私も来年からやることがいろいろできました。ただでさえ忙しいのに、どうしたもんですかね(笑)