3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

始発駅から湯本へ(2019早春の東北一周No.1・to ふくしま)

f:id:minato920:20190406114644j:plain

 

 東京で妻と合流し、常磐線に乗り込みます。電車は順調に走って終点水戸到着、いわき行の電車に乗り換えです。

 

 

f:id:minato920:20190403075515j:plain

 

 乗り換えの合間にふと見上げると、駅名板がこんなことになっていました。いろいろキャラクターがいるのですが、何なのかが分かりません。

 

f:id:minato920:20190406115328j:plain

 

 一部拡大してみましたが、やはり誰が誰やら。

 ネットで検索をかけてみても、隣町の女子高生ばかりが出てきて、結局分からずじまいでした。どなたかその筋に詳しい方、優しく教えていただければ嬉しいです。

 

f:id:minato920:20190403075458j:plain

 

 さて、電車は水戸からも快調に飛ばして、本日の目的地、湯本に到着しました。

 ここを訪れるのは1年半ぶりのこと。下りホームには以前から足湯があるのですが、その足湯に向かって、動物の足跡が続いています。

 

f:id:minato920:20190403075506j:plain

 

 足元を見ると、常磐線特急のキャラクター「ムコナくん」が足湯に浸かっていました。なるほど、そういうことでしたか。

 

d.hatena.ne.jp

 

 ちなみに、ムコナくんの名前は一発で分かりました。これはこれで良いことなのですが、ますます水戸駅が謎に。ってかそういうタイアップ、コラボで大丈夫なのかという気もしたり。

 

f:id:minato920:20190406113053j:plain

 

 さて、湯本駅に着いた時点でお昼をかなり回っています。湯本に来るたびに立ち寄っている駅前のコンビニでお昼ご飯を調達しようと思ったところ、地元キャラ「フラおじさん」のハンバーガーがあったので、迷わず購入。封を開けると、フラおじさんのキャラクターが描かれたハンバーガーが出てきましたが、相当お腹が空いていて、写真も撮らずにパクついてしまいました(汗)

 ちなみに、値段の割にボリューミーなハンバーガーで、ありがたかったです。

 

f:id:minato920:20190406113332j:plain

 

 腹ごしらえも済んだところで、今回もスパリゾートハワイアンズに向かいます。毎度毎度よく飽きないものだと我ながら思いますが、いわきが東北旅行の拠点としてちょうど良いのと、温浴施設やプールがいろいろあるので、それぞれ回っていたら昼からでも十分時間が過ごせる(むしろ時間が足りないくらい)等々で、いつも滞在を楽しめています。

 

 

f:id:minato920:20190406113325j:plain

 

 駅からの送迎バスで15分程、スパリゾートハワイアンズにつきました。今回は和洋室を予約したところ、その名の通りの和洋室でした。

 はたして今回も荷物を置くのも早々に、温水プールや温泉にいろいろ入ってみることにしました。本格的な水泳は、心臓への負担になるので避けなければいけませんが、温水プールに肩まで浸かる分には問題はないでしょう。なお、当然ながら写真はないので悪しからず、気になる人は現地に行ってみてください。

 で、プールに行ってみると、水着姿の人々に混じって、Tシャツを着てプールに入っている人を少なからず目にします。翻ってこちらは海水パンツ一丁なのですが、そこであらためて、昨年倒れて手術を受けたときの痕を、自分が何ら隠していないことに気がつきました。

 手術痕を曝していることには何の考えもなくて、単にTシャツを着る、という発想が無かったというのが実際です。ただ、あらためて考えてみると、周囲からはどう見えているのだろうかという関心がもたげてきます。特に、子どもからすれば、年齢や成長段階によっては、当方の手術痕がちょうど目の高さ辺りになるわけで、子どもたちがこれを見てどう感じるか、むしろこちら側が気になってきます。

 もっとも、こちらは単に関心があったり気になったりというだけです。そもそも、おっさんの上半身なんざ誰も見るか、とも思います。何より、人からどう思われようが、切開の痕もチューブを通した痕も、私からすれば命懸けで戦った(ま、こっちは全身麻酔で昏睡していただけで、本当に戦ったのは手術を行ったスタッフなんですけどね。本当にありがとうございました)名誉の負傷ですし、何ら恥じることはありません。

 ただ、これもし中年男性でなくて、まだ若い人やそれこそ子ども、とりわけ女性だったとしたら、手術痕が人目に触れることへの感情はだいぶ、しかもネガティヴに変わっていたことでしょう。

 

f:id:minato920:20190406113319j:plain

 

 それはさておき、プールも温泉も堪能して部屋に戻ると、辺りは次第に暗くなっていきます。こと朝と夕方は、西日本と東日本の違いを実感します。

 

f:id:minato920:20190406113312j:plain

 

 夕食と朝食はビュッフェ形式。身体も動かしているので、いくらでも食べられそうな気分です。

 

f:id:minato920:20190406113657j:plain

 

 となったら、いろいろ取ってきますわな。今回は、割と中華系が充実しています。

 

f:id:minato920:20190406113651j:plain

 

 で、1回だけじゃ足りなくて、他もいろいろ食べたくて取ってきますわな。食べ物の禁忌が少ない有り難さが、つくづく身に沁みます。

 

f:id:minato920:20190406113848j:plain

 

 もちろんデザートやフルーツも行きますわな。

 久々にライチを食べました。子どもの頃は、結構食べさせてもらったものです。

 そして食事の後は、お待ちかねのショータイムですが、こちらは次回にて。

 

[←前のエントリ]

3710920269.hatenablog.jp

 

[次のエントリ→]

3710920269.hatenablog.jp