3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

シリーズ土佐の駅(172)あき総合病院前駅(土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線)

f:id:minato920:20210314234021j:plain

 

 2021年3月13日、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に新駅「あき総合病院前」が誕生しました。最後のローカル新線開通から19年、新たな土佐の駅を放っておくわけにはいかず、さっそく訪れてみました。

 

 

f:id:minato920:20210314155436j:plain

 

 この日はフリーきっぷで出かけます。新駅開業を控え、デザインは新しくなっていました。

 

f:id:minato920:20210314155443j:plain

 

 開業予定と示された新駅。今あるフリーきっぷが売り切れたら、この表記もまた変わるのでしょう。

 

f:id:minato920:20210314155451j:plain

 

 ディーゼルカーの車内には、新駅のキャラクターが既に登場しています。右は球場前駅、左は安芸駅のキャラクター、当たり前ですが、駅の並びの通りです。

 

f:id:minato920:20210314155505j:plain

 

 奈半利からの快速列車が、安芸を出てすぐに新駅へ。球場前からもそうですが、区間が短いので、前の駅を出るとすぐ、間もなく停車のアナウンスが流れます。

 隣駅のホームは見えていないものの、線路の右手には、阪神タイガースキャンプ地の安芸ドームが見えています。

 

f:id:minato920:20210314155513j:plain

 

 細く簡素な、しかし真新しいホーム。待合室のデザインは、他の駅と変わりません。

 

f:id:minato920:20210314155555j:plain

 

 線路の反対側は自動車販売店の真裏。国道と細長い住宅地を越えれば、あとは太平洋です。

 

f:id:minato920:20210314155527j:plain

 

 新駅のキャラクター、あき ナースちゃん。

 ごめん・なはり線の他の駅全てには、やなせたかしさんの手でキャラクターがそれぞれ作られています。氏が亡くなって久しい中で、新駅のキャラクターはどうなるのかが気になるところでしたが、後を継いだスタジオによって、この駅にもキャラクターがつくことになりました。

 

f:id:minato920:20210314155429j:plain

 

 新駅ができるきっかけとなった、高知県立あき総合病院。2012年に新たに発足した病院です。

 これまでは安芸駅と球場前駅から徒歩で10分以上かかり、足に不安がある人にはどうにも不便でした。とはいえ両駅の距離は2キロもなく、区間としてはかなり短い方ではあったものの、それでも新駅の建設が決定。鉄道での通院が俄然楽になりました。

 

f:id:minato920:20210314155620j:plain

 

 築堤を降りて地上へ。エレベーターは当然の設備です。

 

f:id:minato920:20210314155604j:plain

 

 他の駅の例に漏れずできた、除幕間もない立体キャラクター。

 

f:id:minato920:20210314155612j:plain

 

 病院前というそのままの存在。通院客の鉄道利用を促すには、余計なことは考えず、ストレートなのがいちばんです。

 

f:id:minato920:20210314155634j:plain

 

 駅のすぐそばで線路をくぐる道。国道55号線と交差してから、海沿いまで続きます。

 

f:id:minato920:20210314155627j:plain

 

 道路は病院前を通ってさらに北へ。そのまま進めば、岩崎弥太郎生家の近くも通ります。

 

f:id:minato920:20210314155641j:plain

 

 階段からホームへと戻ります。午後からは快速運転があり、この種の路線にしては列車の本数は多く組まれています。

 

f:id:minato920:20210314155648j:plain

 

 JR車両の奈半利行きがやって来ました。こちらは各駅停車です。

 

f:id:minato920:20210314155655j:plain

 

 数人を下した列車は、すぐさま発車。次の安芸駅は目と鼻の先です。

 この先は右手に線路がカーブしていて、向こうにある安芸駅そのものは見えませんが、駅の構内に差し掛かることを示す場内信号機が、この駅からほどないところに立っています。

 

f:id:minato920:20210314155535j:plain

 

 デザイン自体は他の駅と変わらない待合室。ただ真新しい分、木の香りがしっかりと残っています。

 

f:id:minato920:20210314155704j:plain

 

 この駅にも、地震津波が来た時の避難場所が示されています。避難先よりもこの駅の方が僅かに標高が高いのですが、この辺りは津波の襲来予想も関わっているのかも知れません。

 

f:id:minato920:20210314155548j:plain

 

 後免行の列車がやって来ました。ご存知阪神タイガース列車ですが、よく見ると塗装が塗りなおされていて、正面上にあったVの字が、球団ロゴに変わっています。

 安芸から短い区間を走り、短く停車した列車は、自らの由来となった球場前駅へ、これまた短い間を走っていきます。