3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

足摺海底館を再訪

f:id:minato920:20200928070941j:plain

 

 竜串の浜辺に出てきました。ここからは歩いて足摺海底館まで行きます。以前にも訪れたのですが、この日は当時よりも視界が良いとのことで、見てみることにしたのです。

 

 

 前回足摺海底館に行ったのが2年前の大型連休。ただ当時は海洋館は旧館で、レストハウスもまだ営業中で、竜串の雰囲気も今とは結構違っています。

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20201001084632j:plain


 9月も末になっていますが、ヒガンバナはまだ多く咲き誇っています。探せばシロヒガンバナも、どこかにあるかも知れませんが、見つかりませんでした。

 

 

f:id:minato920:20200928070956j:plain

 

 グラスボートのきっぷ売り場では、猫が昼休み中です。ほかにもうろちょろと。

 

f:id:minato920:20200928071004j:plain

 

 だいぶ歩いてきて、海洋館ほかが向こうに見えるようになりました。新旧の建物が見られるのもおそらくあと少し、次に来た時には、風景は様変わりしていることでしょう。

 

f:id:minato920:20200928071012j:plain

 

 海底館までやって来ました。あらためて見ても、デザインと赤白の配色、インパクトのある施設です。

 

f:id:minato920:20200928071020j:plain

 

 橋を渡って海底館へ。それにしてもタイムボカンのヒーロー側の基地にありそうな建物、と思うのは私だけでしょうか。

 

f:id:minato920:20200928071029j:plain

 

 海底館に着きました。本日の視界9m、良い感じです。ここから階段を海面下へと降りていきます。

 

f:id:minato920:20200928071036j:plain

 

 海面下に降り立つと、円形の建物のところどころに円形の窓が並んでいます。窓からは竜串の海と生き物が眺められます。

f:id:minato920:20200928071044j:plain

 

 サンゴが生えています。って、植物じゃないから「生える」とは言わないんでしょうか。だとしたらどう言えば良いのか、うーむ。

 そして今は見当たりませんが、時折波に揺られて大小さまざまな魚が流されてきます。

 

f:id:minato920:20200928071051j:plain

 

 こんな感じ。大きめの魚ですら波で流されます。海の力は凄いですね。これが外洋なら、もっと大変なんだろうなと。

 

f:id:minato920:20200928071058j:plain

 

 ただそういう海でも、小型の魚が立派に生きています。

 

f:id:minato920:20200928070827j:plain

 

 これはまた大きなサンゴです。気候変動の影響が懸念されるところですが、まだこういうサンゴがあるにはあります。

 

f:id:minato920:20200928070835j:plain

 

 上からえさの入ったカゴが下ろされています。既にエサはなくなっているようですが、まだ魚が集まっています。

 

f:id:minato920:20200928070842j:plain

 

 たまに窓のへりまで魚がやってくることがあります。これはハコフグ

 

f:id:minato920:20200928070849j:plain

 

 熱帯系の魚が波に揺られて、あっちに行ったりこっちに行ったり。タイやヒラメが舞い踊る、ではないですが、そういう描写を昔の人が思いついたのも納得です。

 

f:id:minato920:20200928070856j:plain

 

 ただ、海の生き物は魚やサンゴだけではありません。立派なヒトデも岩に張り付いています。今回は見つかりませんでしたが、ウニもいるかも知れませんね。

 

f:id:minato920:20200928070903j:plain

 

 こちらでも魚が群を成しています。とりあえず1周したのですが、せっかくなのでもう1週回ってから上がることにしました。

 

f:id:minato920:20200928070912j:plain

 

 海底館から出てくると、眼前一帯に再び竜串の奇岩が現れます。この辺りをゆっくり歩くのも楽しいのですが(前回はだいぶ歩きましたし)、時間の関係と昼ご飯をろくに食べていないので、今回はすぐに宿毛まで向かうことにします。

 

f:id:minato920:20200928070919j:plain

 

 グラスボートのきっぷ売り場まで戻ると、相変わらず猫がけだるそうにしていました。こんな猫を見ると、愛想を振りまかなくても良いのは楽でいいなぁと思うわけです。

 さておき、これで竜串を後にして、宿毛に向かいます。そうするうちに、むしろおやつの時間になったので、デザートが欲しいところ。

 となると、道中で狙うは、もちろんアレです。

 

f:id:minato920:20201001100345j:plain

 

 道の駅大月にやって来ました。お目当てはもちろん名物苺氷り。以前にもご紹介しましたが、イチゴ味のかき氷ではなく、凍らせた苺も一緒に砕いたかき氷です。

 

f:id:minato920:20200928070927j:plain

 

 苺氷りはスタンダードに練乳がけとソフトクリーム乗せができるのですが、今回は思い切ってダブルトッピングにしてみました。

 ぜいたくは素敵だ。といってもこれで500円なんですけどね。

 ちなみに、妻はスタンダードに苺マカロンをプラス100円でトッピング。マカロンを一口分けてもらいましたが、これが思いっ切りイチゴ味。あまりのイチゴの勢いに笑ってしまったぐらいですが、旨いのは断然旨いです。苺氷りは言うに及ばずです。

 

f:id:minato920:20201001101252j:plain

 

 あと、苺氷のほかにも晩柑(ばんかん)やひがしやまのソフトなどもあります。正直かなり心惹かれたのですが、

 

f:id:minato920:20200928070934j:plain

 

(審議中)