3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

多文化関係学会第19回年次大会で研究報告を行いました

f:id:minato920:20201028143803j:plain

 

 先週土曜日(2020年10月24日)に行われた多文化関係学会第19回年次大会で研究報告を行いました。私にとっては初めてのオンラインでの学会参加と報告です。

 

 

 COVID-19(新型コロナウィルス感染症)拡大によって、さまざまな学会が大会をオンラインで開催するようになりました。当方が所属する学会の大会も、ほとんどがオンラインに移行しています。

 そんな中、多文化関係学会第19回年次大会が先日オンラインで開催。この機会にと、研究報告を行いました。

 報告タイトルは「『多文化関係学』は何に取り組んできたのか ─学会誌掲載研究タイトル・キーワードの計量テキスト分析に見る研究の動向と特徴─」。

 学会が刊行する定期刊行物『多文化関係学』に収録された論文と研究ノートのタイトルとキーワードについて、フリーソフトKH Coder 3を用いた計量テキスト分析の現段階を報告したものです。

 「現段階」と書いたのは、学会当日までの分析では明確な結果が見えず、角度を変えた分析がさらに必要に思ったからです。

 また、メインタイトルでは大きく出たのですが、実際のところは学会誌における「多文化」という概念の方に焦点が移ったわけで、この概念がどう使われているのか、いないのかを探索した、という方が正確な気が、自分でもしています。

 というわけで、今回の報告は成果よりも進捗を述べるものになったのですが、ただ「多文化関係」を正面から研究する研究者に対する問題提起には、僅かなりともなったのでは、とは思っています。

 ともあれ、今後さらに分析を進めて、きちんとした成果発信をしなければならないのは確か。何とか執筆から刊行まで持ち込みたいのですが、どうなるやら……