3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

失点合戦から寸止め合戦へ。2019.9.7.ウエスタンリーグ阪神タイガース対広島東洋カープ@安芸

f:id:minato920:20190907185606j:plain

 

 シーズン中のはずですが、本当に久しぶりの野球観戦です。阪神タイガース二軍キャンプ地、安芸市営球場で行われたウエスタンリーグ阪神広島戦、1試合目を観に行ってきました。

 

 

f:id:minato920:20190907185631j:plain

 

 「タイガースタウン」を掲げる安芸球場一帯。球場前には小さいですが阪神のグッズ売り場もあります。ただ、右端が非常に気になりました。

 

f:id:minato920:20190907185638j:plain

 

 今年の安芸キャンプグッズ、タイガースミレービスケットに加えて、鳥谷グッズ……(涙)

 去就がどうなるのかまるで分かりませんが、来季も選手として活躍できることを願ってやみません。

 

f:id:minato920:20190907185614j:plain

 

 さて、スタンドに入りました。今回は比較的座席の多い三塁側へ。

 ウエスタン・リーグ公式戦なので連盟旗が出ているかと思ったのですが、よく見ると違いました。

 

f:id:minato920:20190907185622j:plain

 

 昨年のファーム日本選手権の優勝旗です。気になって調べたら、昨年はイースタン優勝が読売、ウエスタン優勝が阪神で、阪神ファーム日本選手権を制して日本一になったのでした。すっかりNPBに疎くなったのを痛感した瞬間です。

 

f:id:minato920:20190907185719j:plain

 

 それはさておき、この日は阪神の主催試合なので、マスコットのキー太が来ていました。

 

hanshintigers.jp

 

f:id:minato920:20190907190030j:plain

 

 先発予定のバッテリーと高橋コーチのところで何やら話し中です。好奇心旺盛な子どもなので、いろんなところに出かけてきます。

 

f:id:minato920:20190907190240j:plain

 

 スターティングラインナップの発表はホームベース後方で確認。

 

f:id:minato920:20190907190248j:plain

 

 審判の発表の時も残っていて、判定のマネをしています。流石に公式記録員のマネはなかったです。

 

f:id:minato920:20190907190535j:plain

 

 かと思えば、ビジター(広島)側になる3塁スタンドの一角をいきなり指さしました。何か発見したようです。その先を見ると、

 

f:id:minato920:20190907190649j:plain

 

 スタンドにカープのマスコット、スラィリー……に扮装した人がいます。他球団とは言えスラィリーとはフレッシュオールスターなどで一緒に仕事をすることがあるので、すっかり顔なじみのようです。スラィリーとは。

 

f:id:minato920:20190907190204j:plain

 

 ちなみにこちらがスタメンです。どちらも一軍での経験が浅く、個人応援歌のない選手がほとんどです。

 なので、広島側の応援は小窪を除けばあらかた若鯉か汎用、阪神側は二番(野手汎用)→二番→二番→陽川→伊藤隼太→二番→二番→捕手汎用→二番というザコテーマ汎用の嵐でした。

 

f:id:minato920:20190907190211j:plain

 

 試合前に行われるセレモニーの準備。キー太が何を話しているかは分かりません。

 

f:id:minato920:20190907190231j:plain

 

 花束と記念品の贈呈。特産のじゃこを含む記念品、目録ではなく現品のようです。

 

f:id:minato920:20190907190302j:plain

 

 さて試合です。阪神先発は2年目の馬場。背番号からして期待の高さが伺えます。

 しかし、この日は初回からカープ打線につかまります。

 

f:id:minato920:20190907190313j:plain

 

 先頭の桒原にライトへの2塁打を打たれると、1死3塁として庄司にレフトへのタイムリー2塁打を許してまず1失点。

 

f:id:minato920:20190907190325j:plain

 

 この後4番小窪は抑えたものの、続く正隨にもレフト頭上を抜かれ、2点目を失います。

 

f:id:minato920:20190907190333j:plain

 

 逆に幸先良い攻撃となった広島。その裏はこちらも2年目の山口が先発のマウンドに上がります。

 

f:id:minato920:20190907190344j:plain

 

 その山口に対し、阪神打線は先頭の島田、続く熊谷が、三遊間をしぶとく抜くヒットを重ねます。さらにバッテリーミスもあって無死2, 3塁とすると、3番板山の打球も緩いゴロながら二遊間を割ってタイムリー。一気に同点とします。

 

f:id:minato920:20190907190351j:plain

 

 このあと山口は1死を取ったものの、7番藤谷の内野ゴロの間に板山が生還し、1点を逆に勝ち越しました。

 

f:id:minato920:20190907190408j:plain

 

 しかし、今度は馬場がリードを手放します。先頭の中神からヒットを浴び、さらに1死2塁としてラストバッターの永井にセンターオーバーの3塁打を打たれ、あっさり同点とされます。

 そして直後の桒原はレフト奥にフライを放ち、これを森越が捕球。タッチアップでカープが難なく勝ち越し……かと思いきや、何を思ったか永井はリードを大きく取っており、補給を見てベースに戻る始末。これではホームに還ることなどできることもありません。

 

f:id:minato920:20190907190416j:plain

 

 ただ、それでも羽月がセンター前ヒットを放ち、永井はこれでホームイン、事無きを得ます。

 カープはこの後暴投と連続四球で2死満塁のチャンスをもらいますが、正隨が凡退。流れをつかみきることができませんでした。

 

 

f:id:minato920:20190907190442j:plain

 

 その永井は直後の守備で下げられ、代わりに大盛が入りました。すると、大盛は3回にヒットを放ち、2塁の林が還って1打点。

 

f:id:minato920:20190907190449j:plain

 

 ここに至って、阪神は馬場を諦めます。そう言えば、最近の背番号18は復帰直後の藤川球児以外……だったのを思い出しました。

 それは別として、2番手に上がったのは育成2年目の石井。さらにピンチを満塁まで広げてしまいますが、後続は断って失点を食い止めます。

 

f:id:minato920:20190907190255j:plain

 

 ちなみに、ベンチに下げられた永井は、本来交代要員がやるべきイニング開始前のボール回しの手伝いに駆り出される始末でした。トホホな話ですが、残当としか言いようがありません。

 

f:id:minato920:20190907190459j:plain

 

 阪神はその裏1死3塁のチャンスを作りますが、桒原のファインプレーもあって得点はならず。それでも直後の4回表には3番手谷川が広島打線を三者凡退に抑え、何とか流れを与えません。

 

f:id:minato920:20190907190511j:plain

 

 すると4回裏、阪神は2本の内野安打でチャンスを作ると、2死をとられながらも4番陽川が歩いて満塁、5番伊藤隼もボールを見極めて押し出しを奪い、またも同点とします。ここで山口は無念の降板、平岡に後を任せます。

 

f:id:minato920:20190907190748j:plain

 

 さらに森越が放ったサードへの打球は林のグラブをはじき、この間に二者が生還します。強襲安打でも良かったような気はするのですが、記録は失策。ともあれこれで阪神が再び逆転に成功しました。

 

f:id:minato920:20190907190720j:plain

 

 というグデグデな流れの試合。始まったのは12時半ですが、まだ4回終了なのに2時間が経ってしまいました。スタンドには高知ならではの日しを避けるものもなく、ただただ疲れが増してきます。

 それでも試合展開が早まるではなく、5回表は広島が相手エラーや併殺崩れで走者を維持するも、盗塁死であえなく終了。

 

f:id:minato920:20190907190732j:plain

 

 一方、阪神の攻撃は5回裏も実ります。先頭長坂に内野安打が出ると、9番小幡がきっちり送り、続く島田も進塁打、そして熊谷のタイムリーで1点を追加します。ただこちらも最後は盗塁失敗でチェンジとなりました。

 

f:id:minato920:20190907190741j:plain

 

 5回終了後のグランド整備の合間、再びキー太が出てきました。状況が良く分からないのですが、何かやらかしたんでしょうか。

 

f:id:minato920:20190907190850j:plain

 

 広島ふりの試合展開ですが、マスコットは別のもの。キー太が3塁側に行くと、広島の選手にもかまってもらえました。良かったね。

 

f:id:minato920:20190907190909j:plain

 

 試合再開。6回表、登板したのは福永です。ベースボール・ファースト・リーグ(当時・現関西独立リーグ)06ブルズから、四国ではかつて徳島インディゴソックスでも活躍した投手です。この日は1死から走者を1人出したものの、傷口は拡げず4人で攻撃を終わらせます。

 

f:id:minato920:20190907190920j:plain

 

 一方の広島は中村祐が3番手で登板。こちらは四球2つを出しながらもなんとか無失点。スコアは変わらず時間だけが過ぎていきます。

 

f:id:minato920:20190907191036j:plain

 

 そしてここからは小刻みに投手が変わります。7回表に登板した尾仲は先頭の正隨に2塁打を打たれるも、続く下位打者3人をねじ伏せ失点ゼロ。

 

f:id:minato920:20190907191045j:plain

 

 そして阪神ラッキー7。二軍戦で地方開催なので風船の数は微々たるものですが、それでもキー太は登場して踊ります。

 

f:id:minato920:20190907191053j:plain

 

 ここで上がったのは登録名を改めた矢崎拓也。こちらも表の尾仲同様、打者5人を出して失点は免れる結果です。

 

f:id:minato920:20190907190936j:plain

 

 さらには8回表に登板した飯田も、ヒット1与四球1の五者凡退。

 

f:id:minato920:20190907190949j:plain

 

 8回裏の5番手ヘルウェグも走者を1人出し、盗塁まで許して結局は無失点。スコアは変わらず試合時間だけが延びていきます。

 うん、どっちもいい加減にしような。

 

f:id:minato920:20190907191005j:plain

 

 そして最終回、締めを託されたのは高野でした。その高野は先頭正隨をゴロ、続く林をフライアウトに切り捨ててあと一人。

 

f:id:minato920:20190907191015j:plain

 

 最後は中神を空振三振に仕留め、ようやく試合終了。

 

f:id:minato920:20190907191022j:plain

 

 最終スコア。ヒットやエラーの表示がないのですが、見たら疲れが増したと思うので、かえって良かったです。

 

f:id:minato920:20190907191250j:plain

 

 試合後のあいさつに出てきた阪神のメンバーを、最後まで残ったファンが迎えます。旗を見る限り、応援団は札幌からも来ているようで、本当にお疲れ様でした、としか言いようがありません。

 ちなみに、安芸市営球場での試合は明日もあります。私は仕事で行けないのですが、ご関心のある方は是非……と言うべきところ、こういう試合だと、ちょっとねぇ……