3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

一時休業が迫る「道の駅大山」

f:id:minato920:20220222144441j:plain

 

 安芸市東部の旧国道55号沿いにある「道の駅大山」が2022年2月末でいったん休業するというニュースがあり、先日立ち寄って付近を歩いてきました。

 

 

 道の駅大山は高知市から室戸岬方面に向かってほぼ中間ぐらい、安芸市の中心街を抜けた東部の大山岬付近にある道の駅です。

 もともとは国道55号沿いだったのですが、岬を貫く大山道路(大山トンネル)が完成して新たに国道となり、道の駅付近は旧道として市道に格下げ。それでもドライブ・ツーリング愛好家に親しまれてきましたが、さらにCOVID-19の打撃も加わり、指定管理者のJA高知県が撤退。今月末での一時休業に追い込まれました。

 

www.kochinews.co.jp

 

 休業後もトイレや自販機は使えるようですが、寂しくはなります。何とかその前にと、先日立ち寄って、これまであまり見てこなかった付近も回ってみました。

 

f:id:minato920:20220222091837j:plain

 

 道の駅大山から東、脇道に入ったところにあるのが、浜千鳥公園。安芸市出身の弘田龍太郎氏が作曲した旧文部省唱歌「浜千鳥」を記念した公園です。

 ちなみに、付近にある土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線下山駅のキャラクターは、公園にちなんだ「しもやま ちどりちゃん」です。

 

gomen-nahari.com

 

f:id:minato920:20220222091844j:plain

 

 晴れ間こそあるものの、寒風吹きすさぶ公園。浜千鳥というよりは岬の鴎という感じですが、漂う寂寥感は共通しているのかな、と思ったり。

 

f:id:minato920:20220222091850j:plain

 

 公園にははらたいら先生による石碑がありました。この当時、地元の力の入りようが伺えます。

 

f:id:minato920:20220222144453j:plain

 

 向かいに残っていた案内板。多くの自動車が行き交った時代の名残を遺しています。

 

 ここから道の駅に行って買物。流石に悪いので店内は撮っていませんが、休業間際なだけに棚は寂しいことになっていました。それでも地元の農産品は残っていたので、しばしのお別れの記念に買っていくことにします。

 

f:id:minato920:20220222091954j:plain

 

 道の駅は伊尾木漁港に面していて、その先は安芸市の西部までが見通せます。いつもはここから眺めるだけですが、この機会に漁港の向こう側まで行ってみることにしました。

 

f:id:minato920:20220222092006j:plain

 

 道の駅から伊尾木漁港に降りてきました。手前には例によって恋人の名所、じゃなかった恋人の聖地の看板が立っています。例によって……ま、例によって、ですね。

 

f:id:minato920:20220222092011j:plain

 

 既に漁は終わったようで、漁港は閑散としています。

 

f:id:minato920:20220222092017j:plain

 

 掘割になった漁港の行き止まりから、向かいの石組みの堤へと渡っていきます。

 

f:id:minato920:20220222092023j:plain

 

 公園への道は橋ではなく、コンクリートの仕切りになっています。奥にあるのは、やはり恋人の聖地の看板でしょう。

 

f:id:minato920:20220222091920j:plain

 

 低い堤を渡ってきました。ここが河野公園というのを初めて知りました。

 

f:id:minato920:20220222092029j:plain

 

 振り返った道の駅大山。右手がトイレで、左手が本館です。真ん中を通路が通っていて、その右側が店舗、左側が飲食スペースになっています。

 

f:id:minato920:20220222091926j:plain

 

 公園までの階段を登ってきました。東屋の傍らに、石造りのベンチのようなものがあります。

 

f:id:minato920:20220222091931j:plain

 

 こちらが恋人の聖地のモニュメントのようです。というか、二人掛けのベンチでしょうか。

 

f:id:minato920:20220222091937j:plain

 

 さらに奥にあった案内板。ほとんど読めなくなっていますが、おそらく撮影スポットである旨を示しているのでしょう。

 

f:id:minato920:20220222091948j:plain

 

 公園から海を眺めると、その先に安芸市営球場のドームがありました。

 最大限ズームをかけて、ようやく撮れるのがこんな感じ。安芸市は広いのです。

 

f:id:minato920:20220222091942j:plain

 

 さらに周囲を歩いてみます。手前は安芸市西部の矢流や赤野辺り、さらに向こうは手結の岬でしょうか。

 

f:id:minato920:20220222092059j:plain

 

 公園には小さな石灯籠がありました。かつてはもっと大きな燈火が、海を行く漁船を照らしていたのでしょうか。

 

f:id:minato920:20220222092042j:plain

 

 階段を降りて、海沿いへと降りていきます。

 

f:id:minato920:20220222092036j:plain

 

 さらに海中への階段がありました。ただ季節が季節、いやそうでなくても、ここから波打ち際に入るのは、どう考えても危ない話です。

 

f:id:minato920:20220223085342j:plain

 

 堤をぐるりと回ってきました。

 階段を上がって、恋人の聖地のベンチのところに戻ってきます。するとこの間ずっと静かだった辺りに、遠くからエンジン音が響きます。

 

f:id:minato920:20220222092053j:plain

 

 ごめん・なはり線ディーゼルカーがやって来ました。

 高知・安芸方面から、しばらく旧道に沿って走る列車。

 道の駅の駐車場より手前辺りで旧道から分かれ、岬を貫くトンネルへと消えていきました。