3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

取り戻した「アグレッシブ」・高知ユナイテッドSC対ティアモ枚方@春野球(2021.5.16.)

f:id:minato920:20210516212117j:plain

 

 開幕連勝もその後惜敗が続く高知ユナイテッドSCのJFL2シーズン目。今回はホームゲームに新加入のティアモ枚方を迎えての対戦です。

 

 

f:id:minato920:20210516212054j:plain

 

 COVID-19対策下でのゲームが続く中、わんピーのグリーティングもフェンス越しになります。ただ細か過ぎるほど細かい雨が降る中、雨合羽は着られないのかなと思ったり。

 

f:id:minato920:20210516212102j:plain

 

 バックスタンド側にスタグルが集まっています。メインだとスペースが足りないのでしょう。こちらとしては有難い限りですが。

 

f:id:minato920:20210516212109j:plain

 

 焦点がぼけてしまいましたが(汗)、今回はスティックキーマカレーが新登場とのことで、行っときました。

 

f:id:minato920:20210516212136j:plain

 

 そうしたら食べてみてびっくり。アメリカンドッグのようなものかと思ったら、カレーライスを揚げていたのです。持ってみて意外とずっしりきていたのですが、それも納得。当然ながら腹持ちも良く、これで500円ならコスパ最強です。

 

f:id:minato920:20210516212125j:plain

 

 高知ユナイテッドSCのベンチにはサポーターからの寄せ書きが掲げられています。私もどこかに書いています。

 

f:id:minato920:20210516212144j:plain

 

 試合前のアップが始まりました。先週の高知大学戦で最悪期は脱したと信じたいところ。

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20210516212153j:plain

 

 選手だけではなく審判もアップに余念がありません。90分+αで走り続けないといけないのは審判も一緒、むしろ交代もなければ気を抜けるところもないので大変です。

 

f:id:minato920:20210516212200j:plain

 

 試合前には四国リーグ以来のチアダンスチーム"respect"も登場。久々に春野球技場らしい雰囲気です。

 

f:id:minato920:20210516212208j:plain

 

 試合前、両チームの選手たちが入場してきます。通常ならスタンドの下からなのですが、この日は簡略化。

 

f:id:minato920:20210516212216j:plain

 

 円陣を組むティアモ枚方の選手たち。随分雰囲気が明るいです。

 ティアモ枚方はその名の通り大阪府枚方市に本拠を置き、同市と共に交野市・寝屋川市を地盤とするチームです。

 っていうか、市名読めますかねこれ。ついでによくやる話を加えれば、枚方から片野へは京阪電車が通っていて、その終点が私市駅。まぁ、せぇだい頑張って読み方を調べてください。

 話を戻して、強豪揃いの関西リーグで頭角を現したクラブは、2020年にリーグ優勝、さらに地域チャンピオンズリーグに3度目の出場で優勝、今季からJFLに加入しました。そして、大阪発第3、第4のJリーグ入りに向けて挑んでいるところです。

 

(参考)

www.fctiamo.net

 

 ただ、大阪府に目下緊急事態宣言が出ていることもあり、この日はアウェー応援席はなし。試合消化はできていて、チーム自体は好調なだけに、もどかしい中でのゲームになっています。

 

f:id:minato920:20210516212224j:plain

 

 試合は枚方のキックオフで開始。早速枚方が攻め上がりますが、その後は逆に高知が押し気味に試合を進めます。

 

f:id:minato920:20210516212231j:plain

 

 その後も時に枚方のカウンターはあるものの、基本的には高知ペース。当初はDFラインからのロングパス、その後は4番細山につないで左からゴール前に放り込むスタイルで攻め続けます。

 

f:id:minato920:20210516212238j:plain

 

 ただ枚方もボールを奪えばすぐさま攻め上がります。そんな中、前半途中には高知GK池上が相手との接触で負傷。その後なんとか復活したものの足は痛そうです。

 こうなるとこれまで以上の攻めを見せて、ガミさんに無理をさせないようにしないといけません。実際高知の攻勢はさらに続きますが、決定的な場面はなかなか作れず、前半は0-0で終了します。

 

f:id:minato920:20210516212246j:plain

 

 ハーフタイムには、こちらも四国リーグ時代から登場してきた"V step"がダンスを披露。メインスタンド前でも、陸上競技場とは違う近さを感じます。

 

f:id:minato920:20210516212254j:plain

 

 さて、後半は高知ボールでのキックオフ。ここから得点を奪いたい高知、何度も枚方のゴールを脅かします。

 しかし、そこに立ちはだかったのが枚方GKキローラン菜入。決定機で放ったシュートを的確な反応でことごとくはじきます。

 攻めながら点が取れない、もどかしい展開。こうなるとカウンターが怖いところです。ただ一度ならずピンチは迎えつつも、相手のシュートのコースを消して、失点は未然に防ぎます。

 そうするうちに後半まもなく45分。アディッショナルタイム3分の表示がちょうど出た頃、高知がこの日何度目かのコーナーキックのチャンスをつかみます。

 

f:id:minato920:20210517061356j:plain

 

 そして90+0分、左からのコーナーを29番下堂がヘッドで合わせて叩き込むと、ボールはついにゴールへ!高知が待望の1点をもぎ取りました!

 

f:id:minato920:20210516212302j:plain

 

 喜びを爆発させる高知の選手たち。

 f:id:minato920:20210516212034j:plain

 

 その後、高知は枚方の攻撃を難なくしのぎ、ゲームはそのままフルタイム。高知が連敗を4で止め、3勝目を挙げました!

 

f:id:minato920:20210516212041j:plain

 

 試合後、サポーターの前まで来た高知の選手たち。先週の天皇杯代表決定戦以上に晴れやかな勝利報告です。

 

f:id:minato920:20210516212047j:plain

 

 ヒーローインタビューはもちろん下堂が登場。値千金のゴールを記録しましたが、実のところはDFラインの選手です。

 というのも含め、この日は全員が動き回れていたのが好ゲームの最大の要因だと言えるでしょう。DFでは3番藤﨑もあるいはロングパス、あるいは最前線まで攻め上がって相手ゴールを脅かしていましたし、先述の細山は左、あるいは6番青木は中央で結節点になっていました。

 ボールを支配して攻撃性を保つことで相手に主導権を与えない、あるいはボールを奪われても攻め手を作らせない。欲を言えばあと2点は獲れたはずですが、決定的な場面で文句なしシュートを放って、それらを阻まれたのですから、むしろ枚方のGKキローランが凄かったことを称えるべきでしょう。

 奈良クラブ戦では混乱するばかりの姿を見て、どうなることかと思ったのですが、どうやらあの時が底だったようです。高知ユナイテッドSC、標榜するアグレッシブさを取り戻しました。

 4連敗があったとはいえ、現時点で勝ち点9の10位。ここにルーカスも戻ってきたら、さらに面白いことになりそうです。