3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

室戸でスタンプラリー三昧(0)めざすは巨大ぬいぐるみ、ところが……

f:id:minato920:20201019064124j:plain

 

 高知県内各地で観光キャンペーンとしてスタンプラリーが開催中。中でも室戸市は複数のスタンプラリーが企画が同時並行で展開していて、まぁえらいことになっています。

 

 

 COVID-19の経済各方面への影響は、多分に漏れず高知県でも大きな課題です。とりわけ、冷え込んだ観光業を復活させようと、各自治体がさまざまなキャンペーンを行っています。

 そんな中、先日知ったのが、室戸市で行われている「MUROTOくじらリー」。市内の廃校水族館でシュモクザメとブリとサバから1種類のくじ、キラメッセ室戸でクジラくじ、室戸ドルフィンセンターでイルカくじ、さらに料亭花月でキンメくじ、計4箇所で4種類のくじを引いて応募すれば、抽選で1メートルクラスの巨大なぬいぐるみが当たるというものです。

 また、それぞれのくじはハズレなし。特等の大きいものから末等の小さいものまで、必ずぬいぐるみが何かもらえます。

 

higashi-kochi.jp

 

 実物には遠く及ばないにしても(及んでも困るのですが)、1メートル以上のくじらのぬいぐるみと言われたら、ネタとしては十分です。そういうわけもあって、先日に続いて室戸旅行に行くことにしました。

 もっとも、スタンプラリーはこれだけではありません。高知県東部の食プロジェクト第3弾「あなたのシイラない魚介」では室戸市をはじめ東部各地の飲食店・観光施設が参加するスタン「プール」ラリーを開催。

 

 

higashi-kochi.jp

 

 コンプリートすると、プルプルふるえるブリぬいぐるみが廃校水族館でもらえるそうです。

 

f:id:minato920:20201019064131j:plain

 

 これ。もっとも、達成までの道のりがかなり長いのですが……

 ところが、室戸に着いてみると、他にもいろいろとスタンプラリーが進行中でした。

 まず、市内の観光施設とレストランを4箇所回るスタンプラリー。こちらは10月24日(土)までと〆切が迫っていたので、ギリギリ間に合いました。

 

 

www.sunsuntv.co.jp

 

 他にも、市内各地でスタンプを集めると、ランクが上がって特産品・抽選券がもらえる「ぐるっとむろとスタンプラリー」というのもあります。

 

www.city.muroto.kochi.jp

 

 高知県の観光キャンペーンに詳しい方なら、龍馬パスポートの室戸版と言えばピンとくることでしょう。

 

www.attaka.or.jp

 

 しかも、高知全県レベルでは道の駅スタンプラリーが今年も開催、ただし期間は今月末まで。

 さらに、県内各地の観光地でシールを集めて3行3列のビンゴシートを揃えていくという「リョーマの休日『ビンゴでゲット!周遊ラリー』」も開催中、こちらは来年2月末までです。

 

kochi-experience.jp

 

 これに先程触れた龍馬パスポートも加え、県域、東部、市内のスタンプラリーが輻輳する室戸市。観光客の方も業者の方も、だんだんこんがらがって来るのではとは思うのですが、せっかくの機会で参加できるものはしておきたいところです。

 というわけで、スタンプラリー三昧の室戸旅、次回以降でレポートしていきます。