3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

【県内観光再開宣言】室戸に行ってきました(前)道の駅キラメッセ室戸

f:id:minato920:20200531082015j:plain

 

 新型コロナウィルスの新たな感染が収まった高知県。県内外の往来は18日(木)まで控えるところですが、県内観光も徐々に再開されつつあります。もうそろそろ市外の空気を味わっても問題あるまいと、先日室戸まで行ってきました。

 

 

f:id:minato920:20200531082143j:plain

 

 高知市内を午前中に出発して、国道55号をひたすら東南へ。

 室戸市に入った辺りで、そろそろ休憩する時間です。おなかも減りましたし。

 ということで、道の駅キラメッセに立ち寄りました。

 しかし、停留所の名前がポップ体……阿佐海岸鉄道もそうですが、室戸半島はこうなんでしょうか。

 

f:id:minato920:20200531082036j:plain

 

 直販場にはやたらキャラクターがいます。そう言えば、そろそろビワの季節ですね。

 

f:id:minato920:20200531082043j:plain

 

 こちらはポンカンでしょうね。なぜ相撲取りなのかは分かりませんが。 

 

f:id:minato920:20200531082052j:plain

 

 ニンジンがヒーローっぽくなっています。空も飛べるはずかどうかは分かりません。

 

f:id:minato920:20200531082100j:plain

 

 きゅうりです。これを見せて、一瞬でもゴーヤかと思った方がいたら、その人はパ・リーグに詳しいです。

 

f:id:minato920:20200531082107j:plain

 

 キラメッセ室戸では、国道と海岸の間に直販市とミュージアムとレストランが並んでいます。続いてはそのミュージアム、鯨館に行ってみます。

 

f:id:minato920:20200531082114j:plain

 

 かつて捕鯨で栄えた室戸。往時の記録を残すのが、こちらの鯨館です。

 

f:id:minato920:20200531082151j:plain

 

 館内に入ると、上空を泳ぐ鯨のモニュメントと、かつての捕鯨船が展示されています。

 

f:id:minato920:20200531082158j:plain

 

 鯨の表情、歯が怖いわりに、目が……

 

f:id:minato920:20200531082205j:plain

 

 江戸時代からの伝統漁法で使われていた勢子舟。往時は多くの船が出ていたのでしょうが、それにしてもこのサイズは意外です。

 

f:id:minato920:20200531081943j:plain

 

 勢子舟の解説は高札に示されています。

 

f:id:minato920:20200531081951j:plain

 

 毎度のごとく少しぶれて済みませんが、勢子舟に乗ってみました。これで大海原に漕ぎ出すというのは、相当勇気がいる気がします。ものっそ揺れるでしょうし。

 そしてここでお楽しみです。入館した時にVRのヘッドセットを貸し出してもらっていたのです。ここで装着することで、海の中の景色を疑似体験することができます。

 どんな感じか、写真でお見せできれば良かったのですが、撮影方法が分かりません。気になる方は、ここまで来られるようになった時、ご自身でぜひ。

 

f:id:minato920:20200531081959j:plain

 

 クジラの骨格です。何クジラかは、忘れました(ヲイ

 

f:id:minato920:20200531082006j:plain

 

 2階に上がって、展示館全体を眺めてみます。

 国道と浜に挟まれた、決して広いとは言えない敷地に、クジラと生きてきた歴史が散りばめられています。

 

f:id:minato920:20200531082121j:plain

 

 昼食はレストラン「鯨の郷」で。考えてみれば、2ヶ月ぐらい外食をしていませんでした。

 

f:id:minato920:20200531082128j:plain

 

 幸いにも、制約はありながらも昼間の営業は行っています。お弁当も考えないではなかったのですが、せっかく店が開いているので、入ることにしました。

 入ってみると、本来4人掛けのテーブルの椅子がところどころ減らされています。直接対面しないよう考えられているようです。

 

 ※キラメッセ室戸ウェブサイトによれば、6月2日(火)より夜間の営業も再開されました。

 

f:id:minato920:20200531082136j:plain

 

 鯨チョップ定食にしました。そこそこガーリックも効いておいしかったです。昼間っからガーリックかよと思いますが、ソーシャル・ディスタンスを取るには役立つかも知れません。と思ったら、もともとカツオのたたきにニンニク片を乗せる風土でした。

 

f:id:minato920:20200531082029j:plain

 

 ご飯を食べて、再び外へ。一面の海に、波に洗われた海岸線。岩石の縞模様、地学が分かるとなお面白く見えることでしょう。

 それにしても、太平洋なる言葉を知らなかった昔、捕鯨に出ていた人々は、この海の先がどうなっていると思っていたのでしょうか。

 

f:id:minato920:20200531082022j:plain

 

 来し方を振り返ります。高知市内は、遠くの方の岬のさらに先。こうして見ると、あらためて遠くに来たものだと思います。しかもほとんど地道

  ただ、室戸とは逆の方角には、授業で週によっては3回も4回も通っていたはずなんですよね。たった3, 4ヶ月前のことなのに、遥かに霞む水平線よりも、遠く朧げになってしまいました。

 

www.kiramesse-muroto.jp

 

[後篇に続く]