3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

冬山登山・弁天山登頂の記録

f:id:minato920:20200111173620j:plain

 

 暖冬とは言え寒さ厳しき折、鍛錬のため冬山登山に赴きました。向かった先は徳島県、日本一と言われる弁天山です。

 

 

f:id:minato920:20200111173612j:plain

 

 冬の登山にはベースキャンプの確保は必須。幸いにして、食料確保が期待できるところでキャンプを張ることができました。弁天山に挑む登山家たちの間では知られた名所(?)、道路を挟んで向かいにある中華そば「チーアン」さんです。

 

f:id:minato920:20200111173649j:plain

 

 ちょうどお昼、おなかも空いていたところです。これから冬山に向かうので、身体を温めておかないといけません。あったかい中華そばの肉入りで準備は万端です。

 

f:id:minato920:20200111173656j:plain

 

 いよいよ弁天山に挑みます。実は以前にも登頂したことがあって、今回は17年ぶりのアタックです。

 ……はい、だいたい分かられたかと思います。今目の前にあるのが弁天山です。

 

f:id:minato920:20200111173708j:plain

 

 日本一の名を誇る弁天山。もっとも、「日本一低い山」と称されるところはほかにもいくつかあるのですが、こちらは自然にできた山として日本一低いのだそうです。

 

f:id:minato920:20200112071025j:plain

 

 弁天山はその名の通り、弁財天をお祀りするお社として親しまれてきました。地元の方々のご尽力で、現在は登山道も整備されており、遭難者が出たという報告は寡聞にして聞きません。

 

f:id:minato920:20200111173732j:plain

 

 登山道の入り口には鳥居が構えられています。この一帯はかつて海だったそうで、世が世ならこの鳥居も、安芸広島は宮島の厳島神社よろしく、海中に建っていたのかも知れません。

 さて、ここからいよいよ登頂です。せっかくなので、頂上までの行程を全て動画にまとめてみました。純粋に行程をまとめたノーカット完全版です。ご覧ください。

 


弁天山登山記録

 

f:id:minato920:20200111173739j:plain

 

 というわけで頂上に来ました。登頂記念に、まずは弁財天に参詣します。

 

f:id:minato920:20200111173817j:plain

 

 隣には小さな倉があり、お守りやおみくじ等が収められています。

 

f:id:minato920:20200111173748j:plain

 

 あけると芳名帳もあるので、登頂の事実を刻むべく記帳しておきました。

 

f:id:minato920:20200111173755j:plain

 

 ちょっと見づらいかも知れませんが、蔵の扉の内側に、弁天山の由来の説明書きが掲げられています。自然の山であるだけではなく、神社があることを強調したい意識が伺えます。

 

f:id:minato920:20200111173802j:plain

 

 傍らに小さな祠もありました。ただ、こちらの由来は分かりません。

f:id:minato920:20200111173824j:plain

 

 弁天山の一帯は平野が広がっていて、山頂からは広々とした麓が見渡せません。

 

f:id:minato920:20200111173809j:plain

 

 登山道の一角は視界が開けています。その先にはるか高く聳える山々を、日本一の山からしばし低みの見物というのも一興です。

 

f:id:minato920:20200111173831j:plain

 

 そろそろ下山することにします。かつて幾多の登山家が世界の山々で、登頂後に遭難しています。登山は下りこそ気をつけないといけません。

 

f:id:minato920:20200111173725j:plain

 

 幸いにして滑落等々一切なく、無事に麓に帰還しました。こちらはもう一つのベースキャンプ、週3回開く直販場です。

 

f:id:minato920:20200111173838j:plain

 

 農産品や加工品が並ぶ直販市。おやつもあるので、こちらも弁天山に挑む登山家には重宝しそうです。

 

f:id:minato920:20200111173845j:plain

 

 2度目の登頂を果たした弁天山。今年も多くの登山家を惹きつけることでしょう。

 

f:id:minato920:20200111173635j:plain

 

 先程の中華そば屋さんで事前に登頂証明書を確保しておきました。以前登頂した時は、朝早過ぎて証明書がもらえなかったので、これで17年越しに照明が受けられたことになります。なお、日付と名前は自分で入れることになります(登頂証明書は別のところでも発行しています)。

 

 ちなみに、弁天山については徳島市役所のサイトでも紹介されています。 

 

www.city.tokushima.tokushima.jp

 

 そして、冬山より夏山の方が好きだという方、ぜひこちらをご一読ください。

 

www.3710920.com

www.3710920.com