3710920269

地域系学部というのに加わった大学教員による高知発モンゴル発のいろんなモノゴトや研究(?)もろもろ。

黒潮町で5月5日のカツオのぼりを見る(2019年5月黒潮・四万十の旅(1))

f:id:minato920:20190625233812j:plain

 

 10連休の最終盤に、高知県西南部を旅してきました。すっかり遅くなってしまいましたが、旅の記録から。まずは、最初に立ち寄った黒潮町のカツオのぼりからです。

 

 

f:id:minato920:20190625233819j:plain

 

 道の駅なぶら土佐佐賀で車を降りると、川べりに小さなこいのぼりの大群が並んでいます。この近くに、鯉ならぬカツオのぼりも泳いでいるはずです。

 

f:id:minato920:20190626074354j:plain

 

 そんな土手を歩いて、川に架かる橋までやって来ました。ここにも吹き流しや鯉のぼりが集まっています。

 

f:id:minato920:20190625233826j:plain

 

 ようやく5月らしくなった空に、勢いよく湧き出る山の緑。鯉のぼりがそんな風景の中を泳いでいます。

 

f:id:minato920:20190625233719j:plain

 

 川を見ると、二手に分かれる一方に、青色の幟が一列に架かっています。カツオのぼりです。

 

f:id:minato920:20190625233853j:plain

 

 さらにズームを効かせてみます。奥にはおそらく鯉のぼり、手前がカツオのぼり。この時期でこそのなぶら(魚群)です。

 

f:id:minato920:20190625233750j:plain

 

 近くまで来てみました。

 多種多様な鯉のぼりとは違って、統一感のあるカツオのぼり。ただ子供の成長を願う気持ちで掲げられるのは一緒です。

 

f:id:minato920:20190625233757j:plain

 

 カツオのぼりは4月下旬から、5月の連休終了後も数日間は掲げられるとのこと。例年はイベントも行われるのですが、今年はありませんでした。

 

f:id:minato920:20190625233727j:plain

 

 橋に戻って来ました。欄干に架かる鯉のぼりは紙製のもののようで、子どもの名前と思しきものも書かれています。

 

f:id:minato920:20190625233742j:plain

 

 土手に並ぶ鯉のぼり。カツオのぼりがどうしても有名で、私含めそちら目当てで来てしまうのですが、これはこれで壮観です。

 

f:id:minato920:20190625233845j:plain

 

 一方で、橋には一列にTシャツも並んでいます。毎年この時期、黒潮町では砂浜でTシャツアート展が行われます。私も高知に来てから出展を始め、実際に見に行ってきました。

 

www.3710920.com

 

www.3710920.com

 

www.3710920.com

 

f:id:minato920:20190625233834j:plain

 

 東西に広い黒潮町。今いるのはかつての佐賀町、Tシャツアート点があるのは旧大方町、少なからぬ距離で、高速などありません。連休のこの時期、田舎の国道も結構混み合います。早々に移動することにしましょう。

 

【参考】

www.town.kuroshio.lg.jp

 

[次のエントリ→]

www.3710920.com